スポンサーリンク

【MLB2020FA】パドレス、クレイグ・スタメンと再契約!  

スタメン→イェーツのリレーを再び

 パドレスがブルペン編成に動きました。現地2020年1月5日、サンディエゴ・パドレスはFAとなっていた2019セットアッパーのクレイグ・スタメン(Craig Stammen)との再契約に合意しました。

合意内容

 まだ公式発表は出ていませんが、ディールの内容は以下の通りです。

  • 2年/$8M(2020-21)
  • 2020 $4Mクラブオプション & バイアウト $1M
  • $0.5M/年 インセンティブ

 $8M(2020-21)+$1M(バイアウト)で$9M保証の内容です。3年目のオプションが行使され(この場合バイアウトはなし)、なおかつ年間のインセンティブ$0.5Mが3度支払われれば、最大で$13.5Mとなります。

前年の活躍が評価される

 2019シーズンに活躍したクレイグ・スタメンに対して「安いな」という印象を持ちましたが、2020年3月の誕生日で36才になるリリーバーに対して、複数年の提示がされたこと自体が昨今のFA市場では珍しいくらいのことです。過去2年は30才以上の選手にとって寒風吹きすさぶほど冷たい状況が続いていたので、これはかなり良い条件と見ていいと思います。

2019年のクレイグ・スタメン

 クレイグ・スタメンの2019シーズンは素晴らしい出来でした。76試合、82.0イニングを投げ、8勝7敗、ERA 3.29。なお、2018シーズンの出来もよく、73試合で8勝3敗、ERA 2.73でした。

HR9が低い

 34才と35才のシーズンでこれだけの好成績を上げたスタメンですが、セットアッパーとして評価されるのはやはりHR率の低さにあると思います。HR9は2018シーズンが0.3、2019シーズンは1.4でした。なおメジャー通算10シーズンでのHR9は0.9です。

スターターとしては頼りなかった

 クレイグ・スタメンは2005年ドラフトでナショナルズ12巡目指名でプロ入りした右腕。デビューはナッツ時代の2009年で25才のシーズンでした。デビューから3年は本当にパッとしない成績でした。最初の2年間(2009-10)はスターターとして登板。2年間の合算で38スタート、233.2イニングでで8勝11敗、ERA 5.12。彼が投げても勝つ予感があまりしなかったと記憶しています。

リリーバーで開花

 デビュー3年めの2011シーズンからリリーバーに転向。このシーズンは大半をマイナーで過ごし、調整してきました。

 そして2012シーズンは59試合登板でERA 2.34に。2013シーズンは55試合登板でERA 2.76。2014シーズンも49試合登板でERA 3.84を記録。リリーバーとして安定した成績を残しています。

2015年に前腕部を手術

 過去3年間の疲労が蓄積したのか、2015年はシーズン序盤で右腕の前腕部に痛みを発症し、精密検査の結果、屈筋を損傷していたことが判明。手術となり、2015シーズンと2016シーズンの大半を休むこととなりました。

 パドレスに移籍したのが2017シーズンから。FAとしての契約でした。前腕部の痛みから復活したクレイグ・スタメンは2017シーズに60試合、ERA 3.14と復活。そして上記の通り、直近2年の素晴らしい活躍につながったのでした。

スタメン→イェーツのリレーを再び

 今オフ、クレイグ・スタメンがFAとなったことで彼の流出はパドレスにとってかなりの痛手になると思いました。2019年はクレイグ・スタメン→カービー・イェーツのリレーが盤石で、2020シーズンも守りの地盤を強化するなら、このリレーを崩さない方が良いと思ったからです。

 今回、彼をキープ出来たことはパドレスにとって良いことだと思います。ただ、ここのGMの編成はクエスチョン・マークをつけたくなるディールを展開することもあることがあります。例えばフランミル・レイエスのインディアンスへの移籍や、ルイス・ウリアスのトレードなど。良い選手を獲得したとは言え、プロテクトしたい選手でした。まだまだ余談は許さないです。

【2020ローテーション】

  • クリス・パダック
  • ギャレット・リチャーズ
  • ザック・デイビーズ
  • ディネルソン・ラメット
  • ジョーイ・ルケーシー

【ブルペン】

  • カービー・イェーツ CL
  • クレイグ・スタメン
  • ドリュー・ポメランツ(L)
  • アンドレス・ムニョス 期待の右腕-20才
  • マット・ストラム
  • ホセ・カスティーヨ(L)
  • ルイス・ペルドモ
  • マイケル・バイエス
  • ニック・マーゲビチアス(N. Margevicius) (L)
  • ハビー・ゲラ
  • ジェラルド・レイエス

【ポジション】

  • 1B: エリック・ホズマー
  • 2B: ジュリクソン・プロファー
  • 3B: マニー・マチャード
  • SS: フェルナンド・タティス・Jr.
  • LF:トミー・ファム
  • CF: マヌエル・マーゴット
  • RF: ウィル・メイヤーズ/ トレント・グリシャム

 仮に並べてみましたが、現時点の怪我人の想定無しではかなりいいメンバーですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました