スポンサーリンク

【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得

トレード・デッドラインの狼煙が上がる

 現地2022年6月27日のお話になりますが、マリナーズがロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得しました。

 トレード・デッドラインまで1ヶ月強ということで、いよいよ狼煙が上がったというディールでもあります。

トレード詳細

 マリナーズ、ロイヤルズ間で成立したトレードの詳細はこのようなものです。

マリナーズGet

  • カルロス・サンタナ(36)/1B、DH/右投げ両打

ロイヤルズGet

  • ワイアット・ミルズ(Wyatt Mills/ 27)RHP
  • ウィリアム・フレミング(William Fleming/23)RHP

カルロス・サンタナ、今季は苦戦

 選手紹介も兼ねてですが、カルロス・サンタナは今季、苦戦しております。もともと打率の高い選手ではありませんが、今季はロイヤルズで打率が.216。キャリアを通じてなのですが、OBPはこの打率からは想像できないほど高い率を残す傾向があり、今季もロイヤルズでは.349をマークしています。

 カルロス・サンタナのOBPが高いのはひとえにその選球眼の良さが挙げられます。今季はここまでBBが36。60試合シーズンとなった2020年には47でNO.1。さらに、インディアンズ時代の2014年には113をマークしています。

 打率は低いものの、HRが期待できるのが彼の魅力ですが、今季はここまで4HR。キャリアハイは2016年と2019年の34HRですから、HR数が伸びていないのが今季の苦しいところでもあります。

 2019年にはオールスターに出場。さらにシルバースラッガー賞も受賞しています。

現契約は今季で終了

 カルロス・サンタナの現在の契約ですが、2020年12月にロイヤルズとサインした下記の内容となっています。

  • 2年/$17.5M(2021-22)
    • パフォーマンス・ボーナスあり
    • オプションなし

 2022年のサラリーは$10.5Mで、トレードが決まった時点での残額は約$5.769M。このうちマリナーズは全額を払うのではなく、$1.5Mのみ負担。残りの約$4.2Mはロイヤルズが負います。マリナーズの負担が軽くなっているのは、若手投手2人を出したからという話し合いになったのでしょう。

ワイアット・ミルズとは

 ワイアット・ミルズは、1995年1月25日生まれの27才。ドラフトは2017年のマリナーズの3巡目指名。2021年にデビュー済みで、リリーフオンリーで11試合でERAは9.95。

 2022年は、8試合でERA4.15。通算BB9が4.2ともう少しコントロールを磨きたいところ。

ウィリアム・フレミングとは

 またもうひとりの右腕のウィリアム・フレミングは1999年3月6日生まれの23才。2021年のアマチュア・ドラフトのマリナーズの11巡目指名の投手。

 今季はクラスAで投げており、先発投手として6勝6敗。SO9は7.8。まだまだ落ち着かない投球をすることが多く、今後、どこまでチューンナップできるか?というところです。

 二人ともまだロイヤルズの戦力にはなりませんが、チャンスでもあるので、早く上がってもらいたいですね。

今季のTDLは大物が動きそう

 すでにこのトレード・デッドラインで動くのではないか?と噂になっているのが、レッズのルイス・カスティーヨとアスレチックスのフランキー・モンタス。二人とも直近ではいい投球を見せています。

 あとはエンゼルスがどう動くか?ですね。あのヒーローのような選手がひょっとしたら動くのか??

 オリオールズも際立つブルペンが狙われていると思います。

 勢いが出てきたパイレーツの動きも気になるところです。

 水面下では様々な引き合いがあって、すでに動きが出ていそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました