【MLB2020FA】注目捕手、ロビンソン・チリノスは再びレンジャーズへ

良いなと思ったらシェアお願いします

チリノスが古巣へ復帰

 現地2020年1月7日、注目のFA捕手、ロビンソン・チリノス(Robinson Chirinos )のディールが決定しました。レンジャーズと1年で合意です。

契約内容

 レンジャーズとチリノスは1年$6.75M保証というディールになりました。2020年のサラリーが$5.75Mで、2021年が$6.5Mのクラブオプション。これにバイアウトが$1Mとなっていますので、オプションが行使されずとも$1Mが入りますから、計$6.75M保証になります。

2019シーズンのチリノス

 ロビンソン・チリノスは2019年、アストロズでキャリアハイとなる366打数で打率.238、OBP .347、SLG .443、17 HR、RBI 58、22 ダブルという成績。WARは3.8でした。

 2019年、レンジャーズはジェフ・マティス(Jeff Mathis)が中心捕手でしたが、228打数で打率.158、OBP .209、SLG .224、HR2、RBI 22と壊滅的でしたので、チリノスが加入することで8番で切れるというケースが少なくなりそうです。

 レンジャーズがこれだけキャッチャーに痛手を被っていたとは気づきませんでした。

ワールドシリーズでもHR

 チリノスは2019年のナショナルズとのワールドシリーズでも活躍。19打数で4安打ながらも効果的な2HRを放ちました。最後はナショナルズ・バッテリーもチリノスを警戒するほどの存在となっていました。

 チリノスは2020年は36才のシーズンを迎えます。今回、2013年から2018年まで6シーズンを過ごしたレンジャーズへの復帰となります。活躍に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!