【MLB移籍2020】レッドソックス、サンディー・レオンをCLEへトレード!マルコは復活

どうなるクリス・セールの相棒!

 現地2019年12月2日の情報になりますが、レッドソックスの動きを記載しておきたいと思います。

 ノンテンダーデッドラインの日にレッドソックスは捕手のサンディー・レオンのトレードを成立させました。サンディー・レオンはインディアンスへのトレードです!

トレード概要

 トレードは1対1で、レッドソックスからインディアンスへは捕手のサンディー・レオン( Sandy Leon)が、インディアンスからレッドソックスにはドミニカ共和国出身の21才のプロスペクト右腕、アデニーズ・バーティスタ(Adenys Bautista)が動きます。

インディアンスはホイトとプラウェッキーをノンテンダー

 サンディー・レオンの加入によりインディアンスはロスターを空けるため、右腕のジェームズ・ホイト(James Hoyt )をDFAとしました。なお、ホイトはノンテンダーFAとなっています。また、捕手のケビン・プラウェッキー(Kevin Plawecki)もノンテンダーFAに。ケビン・プラウェッキーは調停で$1.5Mのサラリーが見込まれていたので、レオンの加入もありノンテンダーとなったのでした。

レオンのサラリー

 2020シーズンに31才となるサンディー・レオンは2020年1月時点でのMLSが5.144。今オフは3度目の調停イヤーでした。2019年は開幕前にアウトライト・ウェーバーとなり、そのままトリプルAで開幕を迎えるも、4月16日にメジャーへ昇格。2019年のサラリーは結局、ボーナスも込で$2.475Mに。

レッドソックスが捕手のサンディー・レオンとマイナー契約を結んだ経緯や背景について書いています。

 サンディー・レオンは形としてはテンダーとなり、トレード前にレッドソックスと1年$2Mでサイン。

 市場では調停で$2.8Mという数字が出ていたのですが、レオンは早めにサインしました。そしてスタメン・マスクでの出場が75試合、あるいは100試合となった場合、それぞれ$25Kずつのボーナスが付与される条件も付いています。

 今回、インディアンスへのトレードもこれがそのまま引き継がれることとなっています。

インディアンスではバックアップ

 インディアンスには2019年ゴールドグラブ賞のロベルト・ペレスがおりますので、レオンはバックアップ扱いとなります。

現地2019年11月4日、2019年ローリングス・ゴールド・グラブ賞受賞者が発表されました。

レッドソックスは捕手補強をどうするか?

 サンディー・レオンがトレードされたことで現時点でのレッドソックスの捕手はクリスチャン・バスケスのみ。これはFA市場から補強すると見られていますが、今のところ候補の名前は上がっていません。

クリス・セールのバディだが

 もっとも懸案なのがクリス・セール登板時の捕手。レオンはクリス・セールの相棒のようなキャッチャーでした。

【クリス・セール登板時の捕手-2019】

  • レオン: 19試合、116.1イニング、ERA 3.79
  • バスケス:6試合、31.0イニング、ERA 6.68。

 レオンがいなくなったことでクリス・セール登板時の捕手が誰になるのか注目ですね。

レッドソックス、ノンテンダーの2人と再契約

 レッドソックスは2日のノンテンダーデッドラインでは二人の選手をノンテンダーとしました。

 ところが一夜明けた12月3日に、二人とサイン。ともにFAではなくなりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらからもご訪問いただくことがあるので

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク