スポンサーリンク

【MLB2022FA】ホルヘ・ソレアーはマーリンズに決定!3年/36Mドルで合意

2021 ワールドシリーズMVPはマイアミへ

 現地2022年3月19日、ブレーブスからFAとなっていた長距離砲で、2021年ワールドシリーズMVPのホルヘ・ソレアーのディールが決まりました。

Jorge Soler Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

 ブレーブスとの再契約かと思っていましたが、マイアミ・マーリンズとの3年のディールが成立しています。

契約詳細

 マイアミ・マーリンズとホルヘ・ソレアーの契約詳細はほぼこれでファイナライズされているかと思います。

  • 3年/$36M (2022-24)
    • 支払:$12M(2022) / $15M (2023) / &9M (2024)
    • 2022年、2023終了後にオプトアウトあり!
    • 2024年のサラリーは2023年のPA(Plate Appearance)によって下記のボーナスあり
      • $0.5M(350PA、400PA達成ごとに)
      • $1M (450PA、500PA、 550PA達成ごとに)

2回のオプトアウトあり

 注目はやはり2度のオプトアウトが入っている点です。2022、2023終了後に契約解除するかどうか、言ってみればプレーヤー・オプションのようなものが入っています。

 仮に2022年と2023年にオプトアウトしなければ、ファイナル・イヤーのサラリーを穴埋めすべく、打席数によって、インセンティブが入ってきます。500PA以上なら、+$3Mですね。

30才→長期契約の可能性も視野

 ホルヘ・ソレアーは、キューバ出身の30才(1992年2月25日生まれ)。

 今回オプアウトを2回入れた理由としては、長期契約をしてくれるところも視野に入れた設定ではないかと思います。

2019年に48本でALHRチャンプ 

 ホルヘ・ソレアーの2021年のHR数はロイヤルズとブレーブスを合わせて27本。これもなかなかいい数字なのですが、それよりも2019シーズンに放った48HRというのが非常に大きなインパクトを残しています。

 この1月でちょうどMLSが6.143とFA資格を得たソレアーですが、コントラクト・イヤーに2019年に近い数字を出していれば、長期契約もあり得たと思います。

 仮に2022シーズンに2019シーズンレベルのHR数を放った場合、市場での評価も上がる・・・その可能性も含めて、オプトアウトを2度入れているということかと思います。

 年齢とのバランスもありますが、今後、ソレアーに今季以上の争奪戦が発生したなら、「欲しければ、X年以上の長期契約だ」というふうな条件付によって、競り上がるかも・・・というのがソレアとエージェントのシナリオなのでしょう。

この契約は、またロックアウトの前に4年、$ 53MM契約にAvisailガルシアを署名マーリンズのための冬の第二の大きなフリーエージェント散財を表します。 マイアミは外野の助けとラインナップのポップの必要性を明言してオフシーズンに臨み、その結果、2019年シーズン開幕以来、2人合わせて154本塁打を放った選手が誕生した。

マーリンズ、OFが充実

 ホルヘ・ソレアーは長打に注目が集まりますが、守備の実績はRFが中心。DHのあったロイヤルズ時代においても、DHよりOF、特にRFでの起用が多かった選手。

 今季からユニバーサルDHとなったナ・リーグですが、ソレアーはDHも含めて出場機会は非常に多そうです。

マイアミのOF

 このオフにマイアミは、ブルワーズからFAとなったアビサイル・ガルシアと4年/$53M (2022-25)+ 2026 クラブOptでサイン。RFのポジションでホルヘ・ソレアーと重複しますが、ここをどう使うか?というところですね。場合によっては、アビサイル・ガルシアもエブリデーOFとして出場できなくなるかもしれません。

 CFとLFにはブライアン・デラクルーズ、ヘスス・サンチェス、ギャレット ・ クーパー(1Bも)、マイナーではありますが、デリーノ・デシールズ、ロマン・クインなど候補が多数。

 それに内野の状況次第では、レイズからトレードで獲得したジョーイ・ウェンドルもLFを守るかもしれません。ジョン・ベルティはユーティリティーとしてSS、2B、3Bだけでなく、CFにも名前が上がっていますし、ブライアン・アンダーソンもOFを守るかもしれません。 

 マーリンズ、ピッチャーもいいですから(また記事にします)、なかなかおもしろい存在となりそうです。

ホルヘ・ソレアーの実績

 ホルヘ・ソレアーは2012年にアマチュアFAでカブスとサイン。2014年8月にメジャーデビュー。22才の時です。

 カブスには2016シーズンまで在籍。カブスのワールドシリーズ・チャンプの1員でもありました。

 2016年12月、カブスがロイヤルズからウェイド・デービスを獲得したトレードで、ロイヤルズに移籍。この時は、「カブスは勿体ないことを!」と思ったものです。

 2017年から2021年のトレードデッドラインまでロイヤルズに在籍。2021年のトレードデッドラインでブレーブスに移籍。ブレーブス移籍後は打率.269、OBP .358、SLG .524、14HRをマーク。

 ワールドシリーズでは.300/.391/.800をマークし、3HRを放ち、シリーズMVPを受賞しました。

 結構、勝ち運の強い選手でもあるので、マイアミにいいものをもたらすかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました