スポンサーリンク

【MLB 2023】エンゼルス、ベテラン左腕のマット・ムーアを獲得!1年で契約合意

ヘルシーな状態なら非常に心強い存在!

 現地2023年2月16日、エンゼルスがベテラン左腕のマット・ムーア(Matt Moore )と1年契約で合意しました。

契約内容

 内容は詳細が明らかになったら改めて記載します。後述しますが、2022年が素晴らしかったので、2023年のサラリーは、それよりも高いのは間違いないところです。

前の契約

 参考までに前の契約内容を記載しておきます。

 2022年はレンジャーズと1年/$2.5Mでした。ただし、サイン時はマイナー契約。いわゆるスプリット・コントラクトという形式をとっていて、メジャーに上がった場合の設定が$2.5Mでした。

 マット・ムーアは2022年4月16日にメジャー・ロスターに入り、その日はレンジャーズにとって開幕8試合目。日割りになったとは言え、ほぼほぼ$2.5Mの満額に近いサラリーとなったはずです。

 ちなみに、2020年にソフトバンクとサインした際は、1年/$3.5M。2022年にフィリーズとサインした額は、$3Mでした。

NPB経験もあるベテラン左腕

 マット・ムーアは1989年6月18日生まれで、現時点で33才。シーズン途中で34才となります。2020年にはNPBのソフトバンクにも在籍したことがあるので日本でも有名な投手ですね。ソフトバンクでは13試合、78.0イニングを投げ、6勝3敗、ERA 2.65。奪三振 89、SO9 10.3、BB9 2.5。

 もともとメジャーでは球速は速いけれどもBB%の高い投手でしたので(特に若い頃の2012-14にかけては年間10%超え)、せっかくのバリバリのメジャーリーガーも、魅力が相殺されてしまうことを懸念しておりました。実際、ファームで調整していた時は、BB9が5.1とやはり高かったのですが、この間にしっかりとチューンナップ出来たようで、一軍に上がってからは上述のようにBB9を2.5に抑えました。さすがです!

 NPBでは1年のみの在籍でしたが、この経験は後に活かされているでしょう。

2022年、リリーフ専任でERA 1.95  

 ソフトバンクの時もそうでしたが、マット・ムーアと言えば先発ローテーション投手というイメージがあります。2011年にレイズでデビューして以来、リリーフは2017年に1試合やったくらいで、これはブルペン事情でのリリーフ登板でした。

 2018年の1度目のレンジャーズ時代は、39試合中12試合に先発し、リリーフの方が多くなりましたが、ローテーション投手であることは違いありませんでした。

 メジャー復帰後の2021年のフィリーズ在籍時は、24試合中13試合に先発し、徐々にリリーフでの登板も増えてきました。

 2度目のレンジャーズ在籍となった2022年、マット・ムーアは完全にリリーフ専任となりました。そして、素晴らしい結果を出しました。

 63試合、74.0イニングを投げ、ERAはなんと1.95をマーク。奪三振数は83で、SO9は10.1。奪三振率は27.3%です。BBは若干増えて38個。BB9は4.6で、BB%は12.5%。

 丁寧さ、精度という点ではNPBでの経験は十二分に活きていると思います。

カーブがすごい

 2022年、マット・ムーアは投球スタイルを変えました。カーブのシェアを大きく増やしたのです。

 2021年は4シームが投球のシェアの57.1%、チェンジアップが19.2%、カーブが15.3%、カットボールが15.3%。

 ところが、2022年は4シームが45.0 %で、カーブが38.2%。チェンジアップが16.8%でカットボールはなし。

 カーブの精度が本当に素晴らしかったのはご覧の通りです。

まだまだ強い4シームがある!

 右打者にとって、左投手が投げるカーブが膝下に落ちればもう手が出ません。

 カーブの速度、精度の良さもさることながら、マット・ムーアの場合、まだまだ強い4シームを投げられるというのが、大きな武器です。それがあるがゆえに、カーブとチェンジアップの効果が上がっているのは言うまでもありませんね。

 2022年の4シームのアベレージは93.9mph。2021年は92.4mphでしたので、2022年はコンディションも良かったのでしょうね。

 なお、若い頃は本当に4シームが速くて、2012年のアベレージ・ベロシティーは95mphでした。

 なお、2013年に150.1イニングで17勝4敗、ERA3.29、奪三振143でサイ・ヤング賞の投票で9位になったものの、翌年の2014年は4月に2度先発した後、左肘を傷め、トミージョン手術を行いました。2014年はシーズン・エンディングで、2015年7月に復帰しました。

松井選手との縁

 マット・ムーアは高卒時の2007年に当時のタンパベイ・デビルレイズから8巡目指名されてプロ入り。デビューは2011年で22才の時でこのシーズンは3試合に登板したのみ。

 本格稼働となったのは、2012年からで、この年は31先発で177.1イニングを投げ、11勝11敗、ERA 3.81をマーク。

 前年からマット・ムーアがつけていた背番号は55でした。

 一方、松井秀喜選手は、2003年から2009年までヤンキースに7シーズン在籍。2009年にワールドシリーズMVPに輝きましたね。なお、この年は新ヤンキー・スタジアムの最初のシーズンでした。ヤンキースを退団後、2010年にはエンゼルス、2011年にはアスレチックスに在籍。

 2011年オフにアスレチックスを退団してFAになった後はなかなか決まらず、2012年4月30日にようやくレイズへの入団が決まったのでした。この時はマイナー契約。

 松井選手が入り、さあ背番号をどうする?となった時、当然55番が候補になりました。巨人、ヤンキース、エンゼルス、アスレチックスとすべて55番をつけていましたから。ところが、レイズには勢いのあるプロスペクト、マット・ムーアが55番をつけていました。さあ、どうするとなった時に松井選手はプロスペクトを尊重し、プロ入り後初の55番以外の35番をつけたのでした。

 プライベートではどうなのかわかりませんが、実は2人には背番号をめぐってこのようなやり取りがあったのでした。  

 少なからず、日本と縁のあるマット・ムーア。今度は大谷選手との縁が出来ました。

 ひょっとしたら、本人は先発の希望があるかもしれませんが、ぜひともリリーフで頑張って欲しいところですね。エンゼルスはこれでゲーム後半、非常に頼もしい存在が出来ました。ヘルシーであることを祈るばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました