スポンサーリンク

【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ

オープニング投手候補だった千賀投手

 現地2024年2月22日には重大な負傷のニュースとしてメッツのPOBO(President of the baseball operations)であるデビッド・スターンズが、千賀滉大投手の右肩について後部関節包に中等度の損傷あることを発表しました。これは医師の診断結果を受けた上での発表ですね。

 千賀投手は2024シーズンのメッツのオープニング投手を務めるであろうと思われていただけに、これは関係者やファンに大きな衝撃を与えました。

 新監督となったカルロス・メンドーサのコメントです。

PRP注射後3週間の投球禁止

 22日の発表時点ではタイムスケジュールは明らかになっていませんでしたが、現地2024年2月25日となり、その大まかなスケジュールが出ました。

 千賀投手は、治療としてすでに右肩にPRP(platelet-rich plasma)を注入済み(注射済み)。これから3週間は投球禁止ということになりました。

 PRP療法は肘のUCLを損傷した場合によく行われる療法であり、大谷選手も1度目のトミー・ジョン手術の前は一旦はこれを実施。最終的にはトミー・ジョン手術となりましたが、損傷が浅い場合、あるいは人によって大きな効果が得られます。千賀投手の場合は肩で、PRP療法が肩にも行われるのは初めて知りましたが、組織の損傷には違いないですから、血小板による治療で回復を試みるということですね。

医師のGOサインが出てからがポイント

 現時点で3週間の投球禁止なので、その空いた3週間を取り戻してチューニングする必要がありますから、現時点で言えることは開幕はILで迎えることは確実であるということ。

 そして問題は医師のGOサインが出てからの回復具合です。

 投球を開始して問題がぶり返さないかどうか慎重に見極める必要があり、場合によってはかなりの時間を要することも。

 今季からチームメイトになったルイス・セベリーノも右肩痛で苦しんだ投手でもあります。個人差はあるものの、回復プロセスが共有されていれば良いですね。

2023年は166.1 IP

 2023年、千賀投手は長年待ち焦がれた念願のMLBのマウンドに立ったわけですが、29試合に先発し、なんと166.1 イニングを投じました。4月から9月までちょうど5試合ずつに登板していて、登板間隔はシーズン前半は中5日、9月にややペースを落として中6日となりましたが、ほとんどは中5日での登板でした。最長は4月下旬から5月初旬にかけての中8日で、中4日の登板日も3度ありました。

 NPB時代には2019年に26試合に先発し、180.1 イニングを投じていますが日本の場合はほぼ週に1度の登板でしたので、MLBでの登板間隔から比較すると、回復時間が1日、2日削がれているのは大きいと言えそうです。ボールの質の違いも影響しているのかもしれません。

 2023年は12勝7敗、ERA 2.98(NL 2位)、奪三振202 (NL8位タイ)と素晴らしい成績を残しました。なお、破壊力抜群のフォークボールの影響か、ワイルピッチ数14はNLで最多でした。2位はブレイク・スネルの13ですから、これも良い投手が持つもう1つの面ということでしょうね。

メッツのローテーション

 メッツはこれで千賀投手が復帰するまではルイス・セベリーノ、ホセ・キンタナ、ショーン・マナエア、エイドリアン・ハウザーの4人が軸となり、もう1枠か2枠を内部から補うということになるでしょう。また、タイラー・メギルが出てくるかもしれませんね。

  お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました