スポンサーリンク

【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場

ハーパー、4週間はDH限定へ

 西海岸への遠征を行っているフィリーズは現地2022年5月12日からナ・リーグの強敵、ドジャースと対戦。このカードは4ゲームシリーズです。

 そのGame1で3番DHで出場したブライス・ハーパーは1回表に先制のソロHRを放つなど、4打数2安打、3RBIと活躍。エース、ザック・ウィーラーの登板日にしっかりと勝利をもぎ取ることに成功しました。

 そのブライス・ハーパーは4月半ばから右肘を傷めていましたが、現地2022年5月13日、その詳細とともにリカバリー・プランも公表されました。ブライス・ハーパーは大方の予想通り、右肘のUCL (Ulnar Collateral Ligamentアルナー・コラテラル・リガメント)、尺骨側副靭帯しゃっこつそくふくじんたいを傷めていたことが明らかになりました。

’small tear’ わずかに損傷

 ブライス・ハーパーの症状ですが、まだ軽い方です。英語の表記では、”small tear”。これを日本語に訳すと、「軽度の損傷」というところでしょうか。もしも断裂なら、”tear”のみですし、部分断裂なら”pertial tear”というような言い方をしますが、そうではないということは、UCLを軽度に損傷しているというふうに見て良さそうです。

PRP療法で

 UCLはトミージョン手術を行う箇所です。断裂なら即座にそうなりますが、ハーパーの場合は、PRP(Platelet-Rich Plasmaプレートレット・リッチ・プラズマ)で治療することが決まりました。PRP療法とは本人の血液から抽出した「多血小板血漿たけっしょうばんけっしょうPRP)」を、実施部位に注射する再生医療のこと(参照:おゆみの中央病院のサイト)。ただ、これは合う、合わないというのがあって、おそらくですが、断裂などダメージが大きいと合わない、損傷が小さければ合う、そんな傾向があるようです。ハーパーの場合、効果があるのではないか?と思います。

 なお、ハーパーは現地2022年5月14日、PRPの治療を行う予定で、翌週も数試合欠場します。

追記:15日に治療

 ハーパーの治療日ですが、現地15日(日)に行うことが決定。現地20日(木)、地元フィラデルフィアで行われるドジャース戦から復帰する予定となっています。ということは、ドジャー・スタジアムで行われるドジャースとの4ゲームシリーズのGame4及び次のサンディエゴで行われるパドレスとの3ゲームシリーズはフィリーズはハーパー不在で戦うということに。現地2022年5月14日のゲームでもフィリーズはハーパーの活躍で快勝。チームの調子が上がっているところゆえ、ちょっともったいないですが、致し方ありません。

トミージョン手術は野手でも1年くらいの見込み

 なお、もしもトミージョン手術をすれば野手の場合、投手ほどかからないと言われています。投手なら、やはり余裕をもたせれば1年半(18ヶ月)くらいかかります。野手だとディディ・グレゴリアスは7ヶ月ほどで復帰しましたが、ちょっと痛々しかったです。

 現レンジャーズのコーリー・シーガーは2018年4月下旬にトミージョン手術を行い、2019年の開幕から出場。スプリング・トレーニングから稼働していましたから、1年未満の10ヶ月ほどで復帰しています。ただ、2019年の序盤はかなり守備機会に気を使った出場にはなりました。

 捕手ではサルバドール・ペレスが2019年3月初旬に手術。サルバドール・ペレスの場合、2020シーズンが7月下旬の開幕となったため、リハビリ期間は1年以上ありました。捕手としての復帰は2020年の開幕戦の7月24日からでした。

大型契約ゆえ

 このように野手のトミージョン手術は投手ほど復帰に時間がかからないものの、今ブライス・ハーパーが手術を行えば、2022年の残り試合の全休は決定。クラブの顔としてそれは許されないというのもあります。なんと言っても13年/$330Mの契約で、打撃は可能という状態なのですから。

 強肩のハーパーゆえ、可能なら根本治療を行ってもらいたいというのもあるのですが。

肘を傷めた瞬間

 ブライス・ハーパーが肘を傷めたのは2022年4月11日のメッツ戦。アレック・ボームが色々とやらrかしつつも、メッツから劇的勝利を勝ち取ったあの試合です。

 7回表、ランナー2塁の状況でフランシスコ・リンドーアがRFのハーパーのところへ強烈なシングルヒット。その際のホーム送球が原因です。

 ホームへの送球は素晴らしかったものの、直後にハーパーは右肘を抑える仕草をしました。 

 この試合から数試合は様子見をしていましたが、現地4月16日のマイアミ戦を最後にハーパーはRFの守備にはついておりません。

ハーパー、DH専任後は好調

 なお、4月17日以降はDHでの出場が続いているハーパー。今季、ナ・リーグがユニバーサルDHを敷いて本当に良かったと思います。

 ハーパーのDH起用は、フィリーズとしてはベストではないが、欠場よりはよほどいいというところでしょうか?本当は、ニック・カステヤーノスやカイル・シュワーバーをその枠で使えれば、さらに攻撃のバリエーションも上がるところではありました。これも1ヶ月ほどの辛抱です。

 なお、ハーパーはDHで出場し始めた4月17日以降、打撃は好調です。

 91-29で、打率.319、OBP .340、SLG .626、OPS .967。二塁打は8、HRは6、RBIは15。打者は暖かくなると調子が上がってくるので、その時期とマッチしているという要素もあるとは思います。

フィリーズ、6月上旬まで試練のカードが継続

 ハーパーが休めない事情とも絡むのですが、フィリーズはこれから約1ヶ月間、試練のカードが続きます。ここで崩れるようなことがあれば、今季はポストシーズンが危なくなるというかなり厳しい1ヶ月となります。

  • 5/12-5/15 vs ドジャース (@ドジャー・スタジアム)
  • 5/17-5/19 vs パドレス (@シチズンズ・バンク・パーク)
  • 5/20-5/22 vs ドジャース (@ シチズンズ・バンク・パーク)
  • 5/23-5/26 vs ブレーブス (@ トゥルーイスト・パーク)
  • 5/27-29 vs メッツ (@ シティ・フィールド)
  • 5/30-6/1 vs ジャイアンツ (@ シチズンズ・バンク・パーク)
  • 6/3-5 vs エンゼルス (@ シチズンズ・バンク・パーク)
  • 6/7-9 vs ブルワーズ (@ アメリカン・ファミリー・フィールド) 

  ご覧のように、NLウェストのトップ3をはじめ、同地区ライバルのブレーブス、メッツ、さらには今季は一味違うALウェストのエンゼルス、そしてNLセントラルの首位を走るブルワーズと強豪ばかりが相手の1ヶ月となります。

 ハーパーの力が必要ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました