スポンサーリンク

【INJURY2019】4月ピッチャー・オブ・ザ・マンスのレイズのタイラー・グラスノー、右肘を傷め4-6週間離脱へ

今季覚醒のTBR グラスノーが右肘痛

現地2019年5月10日のヤンキース戦で6回1アウト後にベンチにタイムを求め、そのままマウンドを降りたタイラー・グラスノー。

右肘にトラブルがあっての降板ということで具合が心配されていました。

診断は前腕部の軽度のハリ

現地2019年5月11日、MRIを撮って怪我の状態を精密に検査したところ、前腕部の軽度のハリという診断でした。英語だと”mild right forearm strain”。

難しい”strained”の和訳

こちら日本語訳が難しいのですが、このstrainを「損傷」と書いてしまうと、トミー・ジョン手術を連想させるようなUCL(肘の腱)が一部傷んでいる、あるいは少し傷がついているような印象となってしいます。

腱が断裂したという場合は、tearの過去形のtornが使われますので、今回の場合はそうではないと考えていいようです。

strainは「緊張」という意味もありますので、今回は「ハリ」としました。これがひどくなると部分断裂へ、さらにひどくなると断裂へということになることから、段階的にも「ハリ」という和訳にしております。

復帰まで4-6週間

今回のグラスノーの怪我の状態を受けて、レイズのケビン・キャッシュ監督は、様子を見つつも復帰させえることを考えており、楽観的な見方をしています。早ければオールスター前には復帰しそうです。

軽度の故障が早めに見つかったというふうに捉えているのだと思います。

10日のヤンキース戦

10日のヤンキース戦のグラスノーは5.1イニングで被安打5、失点4、自責点3、与四球2、奪三振9でレイズが3-2とリードしていた段階でマウンドを降りました。

このゲームはグラスノーの緊急降板もあり、レイズがグラスノーのためたランナーを返してしまったため、4-3でヤンキースが勝利しています。

なお、ヤンキース先発のドミンゴ・ヘルマンが5回、被安打5、失点3で勝利投手となり、7勝目を上げたゲームでした。

MLB Gameday: Yankees 4, Rays 3 Final Score (05/10/2019)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ここまでのタイラー・グラスノー

3月・4月のピッチャー・オブ・ザ・マンスに輝いたタイラー・グラスノー。

3月/4月で6試合、36.0IPに登板し、5勝0敗、ERA 1.75、奪三振38、WHIP 0.944。

5月 は2試合、12.2 IPに登板し、1勝1敗、ERA 2.19、奪三振17、WHIP 0.811。

トータルで8試合、48.1 IPに登板し、6勝1敗、ERA 1.86、奪三振55、WHIP 0.910。

勝利数は上述のNYYドミンゴ・ヘルマンに抜かれ2位となりましたが、ERA 1.86 はア・リーグトップをキープしておりました。

2015年パイレーツでデビュー

タイラー・グラスノーのキャリアをあらためて記載しますと、今季は25才のシーズンで、もともとは2011年のパイレーツの5巡目指名の投手。高卒でのプロ入りでした。

デビューはパイレーツ時代の2016年7月7日。パイレーツには2018年の7月のトレードデッドラインまで所属。クリス・アーチャーがパイレーツへ移ったトレードでレイズに来たのでした。

2016年は0勝2敗、2017年は2勝7敗、2018年も2勝7敗だった投手が今季まさに覚醒したというところでの肘痛です。

本人のサラリーは56万ドルとMLBのミニマムに近い額なので、さあこれから!というところでしたから、とにかく早めに見つかってよかったとも言えるかもしれません。

5月3日から9日の週間MVPの投手部門とも言える、Nastiest Pitcher of the weekにも選ばれていたタイラー・グラスノー。

豪快な投げ方がかっこいいので、しっかりと治して戻ってきてもらいたいです。

現地2019年5月11日のヤンキース@レイズ

なお、ヤンキース@レイズの11日ゲームはレイズがオープナーの日。7-2でヤンキースを下しています。

MLB Gameday: Yankees 2, Rays 7 Final Score (05/11/2019)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

レイズのホセ・アルバラードの嘘のようなツーシームもご覧ください。

現地10日の時点では、レイズが23勝14敗、ヤンキースが23勝15敗で勝利数で並んでいたのですが、この勝利でレイズ24勝14敗、ヤンキース23勝16敗で再び、レイズが首位をア・リーグ東地区のキープしています。

レッドソックスは現地2019年5月11日、マリナーズに勝利し、21勝19敗と勝率5割を超して、2位ヤンキースに迫る勢いになってきています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました