スポンサーリンク

【INJURY2019】4月ピッチャー・オブ・ザ・マンスのレイズのタイラー・グラスノー、右肘を傷め4-6週間離脱へ

今季覚醒のTBR グラスノーが右肘痛

現地2019年5月10日のヤンキース戦で6回1アウト後にベンチにタイムを求め、そのままマウンドを降りたタイラー・グラスノー。

右肘にトラブルがあっての降板ということで具合が心配されていました。

診断は前腕部の軽度のハリ

現地2019年5月11日、MRIを撮って怪我の状態を精密に検査したところ、前腕部の軽度のハリという診断でした。英語だと”mild right forearm strain”。

難しい”strained”の和訳

こちら日本語訳が難しいのですが、このstrainを「損傷」と書いてしまうと、トミー・ジョン手術を連想させるようなUCL(肘の腱)が一部傷んでいる、あるいは少し傷がついているような印象となってしいます。

腱が断裂したという場合は、tearの過去形のtornが使われますので、今回の場合はそうではないと考えていいようです。

strainは「緊張」という意味もありますので、今回は「ハリ」としました。これがひどくなると部分断裂へ、さらにひどくなると断裂へということになることから、段階的にも「ハリ」という和訳にしております。

復帰まで4-6週間

今回のグラスノーの怪我の状態を受けて、レイズのケビン・キャッシュ監督は、様子を見つつも復帰させえることを考えており、楽観的な見方をしています。早ければオールスター前には復帰しそうです。

軽度の故障が早めに見つかったというふうに捉えているのだと思います。

10日のヤンキース戦

10日のヤンキース戦のグラスノーは5.1イニングで被安打5、失点4、自責点3、与四球2、奪三振9でレイズが3-2とリードしていた段階でマウンドを降りました。

このゲームはグラスノーの緊急降板もあり、レイズがグラスノーのためたランナーを返してしまったため、4-3でヤンキースが勝利しています。

なお、ヤンキース先発のドミンゴ・ヘルマンが5回、被安打5、失点3で勝利投手となり、7勝目を上げたゲームでした。

Yankees 4, Rays 3 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Yankees vs. Rays at Tropicana Field

ここまでのタイラー・グラスノー

3月・4月のピッチャー・オブ・ザ・マンスに輝いたタイラー・グラスノー。

3月/4月で6試合、36.0IPに登板し、5勝0敗、ERA 1.75、奪三振38、WHIP 0.944。

5月 は2試合、12.2 IPに登板し、1勝1敗、ERA 2.19、奪三振17、WHIP 0.811。

トータルで8試合、48.1 IPに登板し、6勝1敗、ERA 1.86、奪三振55、WHIP 0.910。

勝利数は上述のNYYドミンゴ・ヘルマンに抜かれ2位となりましたが、ERA 1.86 はア・リーグトップをキープしておりました。

2015年パイレーツでデビュー

タイラー・グラスノーのキャリアをあらためて記載しますと、今季は25才のシーズンで、もともとは2011年のパイレーツの5巡目指名の投手。高卒でのプロ入りでした。

デビューはパイレーツ時代の2016年7月7日。パイレーツには2018年の7月のトレードデッドラインまで所属。クリス・アーチャーがパイレーツへ移ったトレードでレイズに来たのでした。

2016年は0勝2敗、2017年は2勝7敗、2018年も2勝7敗だった投手が今季まさに覚醒したというところでの肘痛です。

本人のサラリーは56万ドルとMLBのミニマムに近い額なので、さあこれから!というところでしたから、とにかく早めに見つかってよかったとも言えるかもしれません。

5月3日から9日の週間MVPの投手部門とも言える、Nastiest Pitcher of the weekにも選ばれていたタイラー・グラスノー。

豪快な投げ方がかっこいいので、しっかりと治して戻ってきてもらいたいです。

現地2019年5月11日のヤンキース@レイズ

なお、ヤンキース@レイズの11日ゲームはレイズがオープナーの日。7-2でヤンキースを下しています。

Yankees 2, Rays 7 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Yankees vs. Rays at Tropicana Field

レイズのホセ・アルバラードの嘘のようなツーシームもご覧ください。

現地10日の時点では、レイズが23勝14敗、ヤンキースが23勝15敗で勝利数で並んでいたのですが、この勝利でレイズ24勝14敗、ヤンキース23勝16敗で再び、レイズが首位をア・リーグ東地区のキープしています。

レッドソックスは現地2019年5月11日、マリナーズに勝利し、21勝19敗と勝率5割を超して、2位ヤンキースに迫る勢いになってきています。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました