スポンサーリンク

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。

ロナルド・アクーニャ・Jr.はシーズン・エンディングへ

 これは悲報以外の何ものでもありませんね。

 現地2024年5月26日、ブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.(Ronald Acuña Jr.)がPNCパークで行われたパイレーツ戦で右膝を負傷。その場でうずくまり、帰塁さえ出来ずにアウトとなり、そのままゲームから離脱するアクシデントがありました。

フェイク・スタートで左膝ACLを断裂

 初回、ロナルド・アクーニャ・Jr.はリードオフとしてパイレーツ先発のマーティン・ペレスと対戦。2球目の甘い4シームをCFへ弾き返し、先頭打者二塁打を放ちます。2番、オジー・アルビーズは初球を狙うも、CFライナーとなり1アウト。つづくマーセル・オズーナの2球目、マーティン・ペレスのクロスファイヤー気味の4シームがパイレーツ捕手のジョーイ・バートのミットに吸い込まれた直後、アクシデントが起こりました。

 アクーニャは2塁ベースから離塁し、一旦は帰塁しかけたのですが、そのまま3塁へのフェイク・スタートを切る構えを見せ、ここで崩れていきました。

 「何事?」というスタンドのざわめきとともに、ジョーイ・バートはマーティン・ペレスに返球。その間、アクーニャはその場でうずくまり苦悶の表情を浮かべ、帰塁が出来ない状態に。マーティン・ペレスはアクーニャに寄り添いつつも軽くタッチして1アウトを奪うも、アクーニャの補助に動きました。

 しばらくしてアクーニャは自力で歩行し、ダグアウトに下がりました。

 倒れ込んだ際にはかなり深刻な怪我を負ったように見えたのですが、自力で下がる姿を見る限り、なんとか1-2ヶ月で戻ってくるかも?という期待はありました。試合後、アクーニャ自身も記者の取材に対し、「膝が弾けるような痛みはなかった。膝の張りだけであれば、1ヶ月程度の欠場で済むかもしれない」と語り、期待をもたせたのでした。

 ところが、残念ながらその後のMRIの結果、アクーニャは左膝ACL(Anterior Cruciate Ligament:アンテリオ・クルシアテ・リガメント)の断裂と判明。ACLは前十字靭帯という箇所です。これにより、アクーニャはシーズン・エンディングが決定してしまいました。

アクーニャ、これで両膝を傷めたことに 

 ロナルド・アクーニャ・Jr.は2021年7月10日に右膝ACLを断裂。この時はウォールにぶつかりそうになる寸前で右膝にかなり負担となる形で着地。ACLの断裂となったのでした。

 今回の左膝ACLの断裂でアクーニャはキャリアの中で両足を傷めたことになります。アクーニャは現時点でまだ26才。今はまだ若いので細い体型を維持していますが、今後は膝への負担を考えた時に、いかに細い体型を維持するかということがポイントになってきそうです。クーパーズ・タウン(=殿堂)入りの有力候補だけにしっかりと治してもたいところです。

 なお、2021年の大怪我の後に復帰したのは2022年4月28日。これもかなり急いで復帰した感があり、2022年は119試合で467-124、.266/.351/.413、HR 15、RBI 50、SB 29と平均以上の数字ではあるものの、アクーニャ本来の数字からは程遠いものでした。

2023年に40/70

 そんなアクーニャが本格復帰したのは2023年シーズンで159試合、735-217、.337/.416/.596、41 HR、73 SB、106 RBIという強烈な数字を残したのはご承知の通りです。

(YOUTUBE)Ronald Acuña Jr.’s HISTORIC season makes him the 2023 National League MVP! | 2023 NL MVP Highlights

 2018年にNL ROYを受賞し、2023年にNL MVPを受賞。ALでは大谷選手がROYとMVPを受賞しており、二人は同世代のトップ・スターということですね。大谷選手が1994年生まれ、アクーニャは1997年生まれで、大谷選手の方が少し上です。

2024年のアクーニャ 

 今季、アクーニャはスプリング・トレーニング中の3月2日に、右膝半月板の炎症を患いました。

 開幕ILも心配されましたが、現地3月29日の開幕戦に出場。ただし、今季はスロースタートで、49試合で192-48、.250/.351/.365、4 HR、15 RBI、16 SB。これでも平均よりはかなり上のラインの成績ですが、本来のアクーニャの数字ではありませんでした。

 やはり春先から右膝の調子がよくなかったのでしょう。

復帰まで7-10ヶ月以上

 ACLの断裂からの復帰は、通常7~10カ月かかると言われていますが、アクーニャの場合、上述の右膝のACL断裂の過去がありますから、より慎重なリハビリ体制を取ることが予想されます。

 2025年の開幕はちょうど10ヶ月目。前回が7月終わりに怪我をして翌年4月終盤に復帰。約10ヶ月でした。その復帰スケジュールと同じなら2025年の開幕に間に合いそうでもありますが、前回は急いだ面もあり、シーズンの成績はそれほど奮わなかったことから、今回は時間はかけると思います。上述のように今後のキャリアにも関わってきますから。

 これはもう回復度合いを見ながら判断ということになりそうです。

ブレーブス、どう補強するか?

 2021年のワールドシリーズチャンプの時もアクーニャは怪我で出場出来ませんでした。2021年、ブレーブスはトレードデッドラインでホルヘ・ソレア、エディー・ロザリオ、ジョク・ピダーソン、アダム・デュバルを獲得。これが奏功し、4人全員がレギュラーシーズンの残りとポストシーズンでチームに貢献。ホルヘ・ソレアーはWS MVPに輝き、エディー・ロザリオはNLCSのMVPに。

 現時点でブレーブスは、スペンサー・ストライダー、ショーン・マーフィーの離脱などもあり、フィリーズに6.0ゲームの差を付けられていますが、NLの2位の中ではベストな成績であり、ポストシーズン圏内。

 OFの補強、投手の補強に動き出しそうです。

 果たして7年連続ディビション制覇を成し遂げるのか、あるいはこのままフィリーズに持って行かれるのか?ブレーブスの動きに注目ですね。

 なお、この日のゲームはブレーブスが8-1のスコアでパイレーツを下し、クリス・セールが8勝目を上げています!

MLB Gameday: Braves 8, Pirates 1 Final Score (05/26/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました