スポンサーリンク

【MLB2024】ロナルド・アクーニャ・Jr.が右膝半月板に炎症を抱える!2023年にNL MVP、40HR/70 SBの快挙

開幕は楽観的(現時点では)

 現地2024年3月2日、グレープフルーツ・リーグのゲームで右膝に違和感を覚え、それ以来欠場しているブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.の症状が判明。MRIを実施したところ、右膝半月板の炎症ということがわかりました。

ランダウンプレー

 ロナルド・アクーニャ・Jr.は現地2024年2月29日のツインズ戦で、今グレープフルーツ・リーグ初ヒットとなる2塁打を放ちました。その後、2B塁上でツインズ2番手のコディー・ファンダーバーグ(LHP)のピックオフに捕まり、二・三塁間を数度往復してアウトに。

 OFの選手のランダウン・プレーほど怖いものはなく、かつて現地2019年6月3日のパドレス@フィリーズ戦でこれからバリバリ働くぞ!と意気込んでいた当時フィリーズに在籍していたアンドリュー・マッカッチェンがやはり牽制で捕まり、ランダウンプレーに。

 レギュラー・シーズン(公式戦)ということもあり、粘りを発揮しようとしたマッカッチェンでしたが、その場に膝を抱えてうずくまってしまいました。後日、左膝ACLの断裂が判明。シーズン・エンディングとなったことがありました。

 ゆえに塁間で挟まれたアクーニャにはヒヤヒヤしましたが、最後は止まってタッチを受けて駆け足でダブアウトに退きました。

 その後、アクーニャは守備にもつき、4回裏の第3打席にも立ち、当初のゲームプラン通りに6回表の守備からJ.P. マルチネスに交代。特に怪我の様子は見せなかったのですが、ゲーム後に違和感を覚え、年のためにMRIを撮影したところ、右膝半月板の炎症が見られたということでした。

 火は小さいうちに消しとけということで、無理はさせないという状況で、ロサンゼルスのニール・エルアトラーチェ医師によってさらに検査を受ける予定です。

2021年に右膝の靭帯を断裂

 今回の怪我で気になるのは、かつてアクーニャは2021年に右膝のACLを断裂。これはフェンス激突を防ぐために急激に勢いを殺したたまでは良かったものの、代わりに右膝に大きなダメージを負ったという怪我でした。

 これにより、アクーニャは2021年は7月10日がシーズン・エンディングに。2022年4月28日まで復帰を待たなければいけなくなりました。今回は同じ右膝ゆえにブレーブスとしては慎重に対処しているというところです。

 なお、ブレーブスは2021年にワールドシリーズを制しましたが、アクーニャ抜きで勝ち取ったというとんでもない底力を持ったクラブでもあります。

2023年にNL MVP 、40/70を達成

 ロナルド・アクーニャ・Jr.は2023年は打率.337、OBP .416、SLG .596、OPS 1.012、OPS+ 168、HR 41、TB 383、SB 73という素晴らしい成績を残し、NL MVPを受賞。そして40HR/70SBを達成。現時点でまだ26歳という若さです。

 大谷選手と同じ歩調で、ともに2018年にROYを受賞し、2023年にMVPを受賞。年齢は大谷選手の方が3才半ほど年上ですが、世代の代表する選手同士でもあります。後に振り返ったときに2020年代を代表する双璧となりそうです。

ATLは今季7ピートを狙う

 ブレーブスは今季、ナ・リーグ東地区連覇7連覇を狙います。これまでと違い、ここ2年ほどは資金も大量に投入しているブレーブスは選手層が非常に厚いです。とは言え、アクーニャの怪我が深刻であった場合はやはり影響を受けてしまいます。

 アクーニャが2023年にマークした40/70は、率ではなく個数ですから、試合数が必要な記録です。2年連続でこの偉業を達成、あるいは超えて欲しいとは思うものの、やはりしっかりと治してから復帰してもらいたいですね。

 ブレーブスは上述のように楽観的ではあります。そのとおりになれば良いですね。

 お読みいただき。ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました