スポンサーリンク

【MLB2024】メッツ、ルイス・セベリーノを獲得!1年契約で合意

セベリーノ、クイーンズで復活を目指す!

 現地2023年11月29日、ヤンキースからFAとなっていたルイス・セベリーノ( Luis Severino)のディールが決まりました。メッツと1年契約で合意です。

 かつて2017年、2018年に圧倒的なピッチングを見せた右腕は、肩の故障に泣かされ、ついにはトミージョン手術まで受ける事態に。あの栄光からすでに5年、6年が経過。復活を期する舞台はブロンクスではなく、クイーンズということになりました。

契約内容

 すでに判明しているディールはご覧の通り。

  • 1年/$13M保証(2024)
    •  パフォーマンス・ボーナス:$2M

 1年契約$13M保証に加えてパフォーマンス・ボーナスが$2Mほど付きます。

ルイス・セベリーノとは?

 ルイス・セベリーノを一言で言えばかつてのヤンキースのエースですね。  

 1994年2月20日生まれで現地2023年11月29日時点で29才ですが、2024年のスプリング・トレーニングの途中で30才になります。ドミニカ共和国出身。

 デビューは2015年で21才の時。シーズン後半の8月のデビューで5勝をマーク。この頃はC.C.サバシアの晩年で、マイケル・ピネダ、ネイサン・イオバルディ、田中将大投手の3人が中心で、ルーキーのルイス・セベリーノが台頭してきたという状況でした。

 2年目の2016年、大いに期待されたルイス・セベリーノですが、ラフ・スタートが続き、4月、5月で計7試合に先発し、0勝6敗、ERA 7.46を叩き出すというとんでもない背信投球を繰り返します。上腕三頭筋のはりで一度、マイナーに落ちます。6月後半に復帰するも、リリーフでの登板となりました。先発に戻ったのは9月の後半です。

輝いた2017年/2018年

 しかし、翌2017年、ローテーションの座を勝ち取ったセベリーノは、前半戦は5勝4敗、ERA 3.54とまずまずの数字ながら、106.2 IPで124 SOをマーク。この実績が認められオールスターにも選出(けが人の代役ではありましたが)。良かったのはASGブレーク後。7月20日から9月27日まで計13試合に登板し、79.2 IPで9勝2敗、ERA2.37をマーク。このシーズンは14勝をマークしました。ただ、ポストシーズンではツインズとのワイルドカードで1回持たず、0.1イニングで3失点、2HRと炎上。オフにはサイ・ヤング賞の投票で3位に入ります。

 翌2018年、ルイス・セベリーノはさらに輝きます。オープニング投手にもなったセベリーノは前半だけで14勝2敗をマーク。しかもERAは2.12。このシーズンは好調な状態が最後まで続き、32先発、191.1 IPで19勝8敗、ERA 3.39、SO 220、BB 46。サイ・ヤング賞投票で9位に入りました。

地獄の4年/40Mドル契約

 2017年、2018年の活躍を受け、ヤンキースはルイス・セベリーノを囲い込みに入ります。4 年/$40M (2019-22)+2023 15M クラブ・オプションでサイン。FAをまたぐ形でサインしました。

 ところが、2019年、ルイス・セベリーノは肩の故障として厄介なローテーター・カフを傷めて開幕から離脱。

 ようやく復帰したのはシーズン終盤の9月半ばでした。ポストシーズンも見込んだ復帰でしたが、無理に投げさせる必要もなかったと思ったのですが、これがさらに怪我を悪化させます。ALCS登板後に前腕部に違和感があることが判明。翌2020年2月25日にトミー・ジョン手術を受けることとなり2020年は全休になりました。

 復帰したのは2021年9月20日。このシーズンは4試合に登板し、すべてリリーフで、6.0 IPで1勝0敗、ERは0。

 2022年、ようやく全快となったルイス・セベリーノは19試合に先発し、102.0 イニングを投げ、7勝3敗、ERA 3.18をマーク。4年契約最後の年になんとか希望を見いだせる成績を残し、ヤンキースはオフに$15Mクラブ・オプションを行使。

 2023年、契約のファイナル・イヤーとなったルイス・セベリーノでしたが、大腿筋の故障で5月までデビューできず、9月には斜角筋の故障でシーズンを離脱。結局、19試合、18先発、89.1 IPの登板に留まり、4勝8敗、ERA 6.65とさらなる残念な結果になったのでした。

 この4年契約はまさに生き地獄となったセベリーノでした。

とにかくヘルシーかどうか

 ルイス・セベリーノの場合、とにかく状態が良いかどうかだけです。メッツは千賀投手、ホセ・キンタナの2トップのみがローテーションの枠に収まっている状態。タイラー・メギル、ジョーイ・ルケーシーもおりますが、まだ確定ではなく、ここにルイス・セベリーノが入る余地はありそうです。ほんとうにコンディションだけですね。

 あの2017年-2018年の投球が蘇るかどうか、注目ですね。ナリーグ東地区はまたブレーブス、フィリーズと打ちますからね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました