スポンサーリンク

【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得

オリオールズ、「今季より未来へ」

 現地2022年8月2日、ツインズとオリオールズ間でトレードが成立しました。

 なんとオリオールズはクローザーのホルヘ・ロペスをツインズに。オリオールズはすでにクラブの顔であるトレイ・マンシーニを3チーム・ディールでアストロズに出しています。その時点でもう、「今季よりも未来へ」というスタンスは見て取れましたが、今回のホルヘ・ロペスのトレードは今はSellerとなって将来の礎をより確かなものにするというシフトのギアをさらに入れた形となりました。

ディール詳細

 このディールで動く選手たちを整理します。

ツインズGet

  • ホルヘ・ロペス(Jorge López/29)RHP/CL

オリオールズGet

  • ケード・ポービッチ(Cade Povich/22) LHP/2021年3巡目
  • イェニエル・カノー(Yennier Canó/28) RHP
  • フアン・ヌネス(Juan Nunez/21) RHP
  • フアン・ロハス(Juan Nunez/18) LHP

今季、実力発揮のホルヘ・ロペス

 ホルヘ・ロペスは現時点で29才。2011年のブルワーズの2巡目指名です。デビューは2015年。22才の時です。このシーズンは2試合のみの登板。2016年は1年間、マイナー。2017年もメジャーでは1試合しか登板しておりません。

 2018年のトレード・デッドラインで、ブルワーズがマイク・ムスターカスを獲得したトレードでロイヤルズへ移籍。この時、一緒にロイヤルズへ移ったのが、今回、レイズからDFAとなり、オリオールズに移籍した人気者のブレット・フィリップス。

 そして、俄然注目を浴びたのはロイヤルズでの投球。2018年9月8日にあと打者3人でパーフェクトを逃したのでした。この時のボールがよく動いていて衝撃的だったのを覚えています。

 そしていみじくも、パーフェクトを逃した相手のツインズに移籍するとはなにか因縁めいたものを感じます。

 ただ、その後はあまりいい成績を上げることが出来ず、2019年と2020年の2シーズンは6勝11敗、ERA 6.42。2020年8月にはロイヤルズからDFAとなり、そこをオリオールズがクレームオフし、今季へつながります。

 なお、2021年は33試合に登板。このうち25試合に先発。成績は3勝14敗でした。

 2022年はリリーバー・オンリー。これがどうやら奏功しました。今季は44試合に登板し、ERAは1.68。ディロン・テートとともに、オリオールズの後ろを盤石なものにしましたね。

 大逆転のキャリアを歩んでいる最中のホルヘ・ロペスの活躍をこれからも期待したいところです。

パワー・リリーバー構築

 ツインズのブルペンはエミリオ・パガンが9セーブと数字の上では引っ張っていますが、ゲーム後半に大きく貢献しているのがヨアン・デュラン(ERA 2.15)と、グリフィン・ジャックス(ERA 3.49)の二人。今回、ホルヘ・ロペスが加わることでますますゲーム後半の主導権を握りそうです。

 先発は故障者が多く、前田投手、クリス・パダック、ランディー・ドブナク、ベイリー・オバーが60 Day IL中。ゲームメイクさえできれば、チーム打率、HRともにトップ10に入っているツインズ打線がなんとかするはずです。

オリオールズに行くプロスペクト

 勝率5割超えのチームのクローザーが動いたのですから、ツインズもいい選手を出しました。

【BAL】ケード・ポービッチ/LHP

 左腕のケード・ポービッチは2021年ドラフトでピックした投手。もともとベロシティーは速くなかったのですが、これが94-96mphにアップ。もともとコントロールに定評があり、かなり出来上がった投手。2022年はA+でERA 4.46ではありますが、ダブルAに昇格するレベルになれば、メジャー・デビューはかなり早くなりそうです。

イェニエル・カノー / RHP

 右腕のカノーは、キューバ出身の28才。2022年にデビュー済みで、10試合でERAは9.22。コントロールがどうもまだ落ち着かず、BB9は7.2とかなり高めですが、SO9は9.2とその片鱗を見せています。

 年下のラッチマンが彼を変えるかもしれません。

フアン・ヌネス/RHP

 ヌネスはドミニカ共和国出身の21才。まだルーキー・レベルでの登板で荒削りですが、今季はSO9が14.3。かなり楽しみな投手です。

フアン・ロハス/LHP

 ロハスは、ベネズエラ出身の18才。2022年はルーキー・レベルで、SO9は11.4。こちらも2年後が楽しみな投手であります。

 現地2022年8月2日、ホルヘ・ロペスが抜けたオリオールズですが、レンジャーズ相手に8-2で勝利。これで53勝51敗。アドレー・ラッチマン昇格後は本当に勢いのあるオリオールズです。

 なお、ツインズはタイガースから右腕のマイケル・ファルマーも獲得。後ろの層はますます厚くなっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました