スポンサーリンク

【MLB2023】ジャイアンツ、ポール・デヨングとメジャー契約へ(追記あり)

ポール・デヨングにまたチャンス

 現地2023年8月22日、サンフランシスコ・ジャイアンツは、SSのポール・デヨング(Paul DeJong)とメジャー・ディールでサインした模様です。

 こちらはまだオフィシャルにはなっていませんが、ブランドン・クロフォードが20日付けで左前腕部のハリで10 Day ILに入りましたので、間違いないところかと思います。

 ちなみにジャイアンツは、21日付けで筒香嘉智選手ともマイナー・ディールでサインしております。

TDLでトロントに移籍するも、成績がひどすぎてDFAに

 ポール・デヨングは、今季はカージナルスで復活の兆しを見せていました。カージナルスは、優勝争いから脱落し、トレードデッドラインで「売り」を選択。ポール・デヨングは契約延長の最終保証年だったため、そもそもはトレードの候補に上がっていました。

 そして、ちょうど、期限直前にブルージェイズのSSのボー・ビシェットが「ジャンパー膝」と呼ばれる右膝蓋腱炎みぎしつがいけんえんで、ILに入ったことで、デヨングの移籍が決定。ブルージェイズでSSを務めていました。

トロントで3安打のみ!

 デヨングは今季、カージナルスで81試合に出場し、.233/.297/.412、13HR、32 RBIをマーク。ただ、ブルージェイズは端からビシェットほどの打撃は期待していなかったものの、守備とのバランスを考えた時に、最低でも守りの部分ではビシェットの穴を十分にカバーできるということで、受給がマッチしたトレードでした。

 トレード直後のゲームにも起用されたポール・デヨングでしたが、ボー・ビシェットが現地2023年8月19日にILから復帰したタイミングでなんとDFAになってしまいます。

 その理由も非常に明確で、デヨングはトロントで壊滅的な打撃成績だったのです。

 13試合に出場したデヨングは、44 PA、44 ABでなんとヒットがたったの3本。.068/.068/.136、長打 0、BB 0、SO 18。

 これでメジャー枠を潰すわけにはいかないというブルージェイズの判断も理解できる成績でした。

 ブルージェイズはビシェットの復帰で、サンティアーゴ・エスピナルやデービス・シュナイダーのような経験の浅い選手をトリプルAにオプションして枠を空けるという選択肢もあったのですが、むしろ彼らには枠を使いたいと40manから外れるターゲットはデヨングとなったのでした。

 そして現地2023年8月22日、デヨングはリリースへ。リリース後にFAとしてジャイアンツとのメジャー・ディールが決まったというところです。

デヨングの契約

 ポール・デヨングは2018年3月にカージナルスとの延長契約でサイン。

  • 6年/$26M (2018-23) + 2024-25 クラブ・オプション
    • $1M サイニング・ボーナス
    • $1M(2018)、$1.5M(2019)、$1.5M(2020)、$4M(2021)、$6M(2022)、$9M(2023)
    • $12.5M(2024) クラブ・オプション ($2Mバイアウト)
    • $15M(2025) クラブ・オプション ($1M バイアウト)

 2023年のサラリーは$9Mで、ブルージェイズとのトレードが決まった時点でカージナルスが今季の残り分約$3Mのうちの半分の$1.5M程度と2つのクラブオプションに付随するバイアウト分(計$3M)を負担することになっていました。ブルージェイズは$1.5M程度の負担でした。

ジャイアンツの負担

 トレードデッドラインから経過すること、約20日弱でデヨングの今季の残額は約$2Mとなりましたが、それは上述の通り、カージナルスとブレーブスで支払います。

 ブルージェイズをリリースされた今、ジャイアンツはリーグミニマムの日割り分だけを支払うことになります。

ジャイアンツ、けが人の補強で獲得

 ジャイアンツの獲得動機は上述の通り、ブランドン・クロフォードのIL入り。さらに、タイロ・エストラーダも20日(日)のゲームで死球が手に当たりILには入っていないものの、22日のゲームには出ていません。

 ベテランのユーティリティマンのヨハン・カマーゴとルーキーのケーシー・シュミットが、現時点でSSの代役をこなしそうですが、カマーゴは打率.222、シュミットは打率.196でともに決定力を欠いているので、デヨングに白羽の矢が立ったというところです。

ジャイアンツ、PSに向けベストを尽くす

 サンフランシスコ・ジャイアンツの成績はご覧の通りです(現地2023年8月22日終了時点)。

TeamWLW%GB
1LAD7648.613
2AZ6661.52011.5
3SFG6561.51612.0
現地2023年8月22日終了時点のNLウェストトップ3

 2位のDバックスとは日替わりで順位が替わる状態です。

 そしてワイルドカード・レースも熾烈です。

WCTeamWLW%
1PHI6957.548
2CHC6560.520
3AZ6661.520
現地2023年8月22日終了時点のNLワイルドカード3枠

 4位以下のこのような状況です。

WCTeamWLW%GB vs AZ
4CIN6561.5160.5
4SFG6561.5160.5
6MIA6562,5121.0
現地2023年8月22日終了時点のNLワイルドカード3枠を狙うクラブの成績

 カブスからマーリンズまでまだまだ可能性がある状況。

 デヨングの補強がジャイアンツに吉と出るでしょうか?

追記:デヨング、早速SFGデビュー、そしてHR

 現地2023年8月23日、ポール・デヨングのジャイアンツ入りが正式に決まりました。そして早速、フィリーズ戦でデビューし、5打数3安打、1HR、4 RBIと活躍を見せました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました