スポンサーリンク

【2023NLCS4】ブルペン・ゲームを制したのはDバックス!アレク・トーマスが8回に同点2ランHR!

フィリーズ、逃げ切り失敗!

 現地2023年10月20日、フィリーズの2勝1敗で迎えたNLCS Game4はGame3に引き続き、またしても接戦!

 フィリーズがものにした!と思われたゲームでしたが、終盤にドラマがありました。

ブルペン・ゲーム

 そもそもがブルペン・ゲームになると見込まれたGame4ですが、フィリーズ、Dバックスともに8名の投手を注ぎ込み、総勢18名の投手がマウンドに上がることとなりました。さすがにこれだけ投手交代が多いとピッチ・クロックを導入しているとは言え、3時間超えの3時間27分を要しました。もしもピッチ・クロックがなければあと1時間は優に超えていたことでしょう。

MLB Gameday: Phillies 5, D-backs 6 Final Score (10/20/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 先発はフィリーズが左腕のクリストファー・サンチェス。Dバックスも左腕でジョー・マンティプライでした。両クラブを通じて最も長いイニングを投げたのはフィリーズのクリストファー・サンチェスで2.1イニング。Dバックスではライアン・トンプソンが6回、7回と2.0イニングを投じました。

Dバックスが先制

 前日のサヨナラ勝利で勢いのあるDバックスは、2回裏に先頭のクリスチャン・ウォーカーがアレク・ボームのスローイング・エラーで出塁。ルルデス・グリエル・Jr.のP前の打球で2塁へ進塁したクリスチャン・ウォーカーは、JT・リアルミュートのパスボールもあり、2アウトながら3塁へ進塁。この日DHで入ったエバン・ロンゴリアは四球で歩き、2アウト1、3塁でこの日3Bで出場のエマニュエル・リベラが打席に。リベラはしぶとくCFへ弾き返し、Dバックスが1点を先制。

 Dバックスは3回裏にも先頭打者としてシングルを放ったケーテル・マルテがバッテリー・エラー絡みで進塁し、ガブリエル・モレーノがタイムリーを放ち2点目を上げました。

フィリーズが中盤を支配

 Dバックスが2-0とリードして迎えた中盤。フィリーズの攻勢が始まりました。

 4回表には2巡目となったカイル・シュワーバーの一発でまずは1点。5回表にはブランドン・マーシュのタイムリー・ダブルで2-2の同点に。6回にはアンドリュー・ソールフランクのコントロールが乱れ3四球で満塁としたところをアレク・ボームが2点タイムリーを放ち、4-2と勝ち越しに成功。7回表にはヨアン・ロハスにトリプルが出て、トレイ・ターナーが犠牲フライを放って追加点。

 フィリーズは4回から7回まで毎回得点を上げ、5-3とリードを拡げて終盤へ。

PHI、7回の押出しの1失点が響く

 このまま逃げ切りたいフィリーズは7回裏にセランソニー・ドミンゲスが1アウトを奪った後、グレゴリー・ソトを投入。安定しないソトはヘラルド・ペルドモにシングル、ケーテル・マルテには四球を与え、1アウト1、2塁のピンチを作ります。ここでコービン・キャロルを迎えたソトは、三遊間に強い当たりを打たれるも、これをトレイ・ターナーが捌いて2塁へ送球して1アウト。しかし、2塁ランナーのペルドモに3塁への進塁を許します。

 ここでピッチャーは期待のオライオン・カーカリングに交代。前日のリベンジですね。しかし、オライオン・カーカリングはスウィーバーが決まらず苦しい投球となり、ガブリエル・モレーノに四球を与えて満塁とした後、クリスチャン・ウォーカーにも四球を与えてこれが押し出し。Dバックスが3-5と2点差に詰め寄ります。カーカリングは次打者のペイビン・スミスを打ち取りなんとか1失点で切り抜けました。

 しかし、結果的にはこの1点が効きました。

アレク・トーマスが同点2ランHR

 フィリーズは8回裏にクレイグ・キンブレルを投入。キンブレルは先頭のグリエルに二塁打を打たれ、ピンチを作りますが、エバン・ロンゴリアをLFライナーに仕留めてまずは1アウト。ここでDバックスはエマニュエル・リベラに代わり、この日ベンチスタートだったアレク・トーマスを代打に送り、これが当たりました!

 インコースを中心に攻められていたアレク・トーマスですが、フルカウント後の6球目、4シームがアウトコースのベルト付近に来たのをしっかりとスイング。結構、外のコースだったのですが、踏み込んで対応したトーマスの打球は右中間スタンドへ。これが2ランHRとなり、Dバックスが8回裏に5-5の同点に。

 2アウトとなった後、まだ粘るDバックスはケーテル・マルテがシングルで出塁。つづくコービン・キャロルがデッドボールで出塁して再びチャンスメイク。フィリーズはここでホセ・アルバラードにスイッチ。本来ならクローザーとして9回に起用する予定だったのでしょうね。

 その代わり端、3ボールカウントになったアルバラードは、4球目はストライクを奪うも5球目の99.5mphのシンカーをガブリエル・モレーノにCFへ前に運ばれ、2塁ランナーのケーテル・マルテが生還。ついにDバックスが6-5と逆転します。

 9回表、追い詰められたフィリーズはDバックスのクローザーのポール・シーワルドを打ちあぐね、最後はトレイ・ターナーが三振に倒れてゲームセット。Dバックスが終盤に逆転して勝利を収め、シリーズの成績を2勝2敗のタイに持ち込みました。

 これで今季のNLCSはそれぞれのホームで勝利を上げていることに。残り1戦、まだチェイス・フィールドでゲームがありますが、どうなるでしょうね??

 Gm5の先発投手はGm1と同じ顔合わせ。フィリーズがザック・ウィーラー、Dバックスがザック・ギャレンです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました