スポンサーリンク

【2021WS_G3】I・アンダーソンが5回ノーヒッター!ブレーブスがダーノーの活躍で接戦を制し、2勝目

スペシャル・イベント

ワールドシリーズGm2 HOU 0 @ ATL 2 (ATL 2勝1敗)

 現地2021年10月29日、ワールドシリーズGame3は舞台をアトランタに移して開催。あいにくの小雨が降り続き、ややガスがかかったような画面ではありましたが、選手たちは気にせず、プロフェッショナルなプレーを継続。

 ブレーブス投手陣がアストロズ打線を被安打2に抑えるシャットアウト勝利で、ワールドシリーズ2勝目を上げました。

スタメン

 DHのないナ・リーグホームということで、アストロズはブレントリーがRF、タッカーがCFに。ブレーブスはまたリード・オフにロザリオを、ソレアをRFに起用してきました。

#アストロズブレーブス
1
2
3
4
5
6
7
8
9
アルトゥーベ 2B
ブラントリー RF
ブレグマン 3B
アルバレス LF
コレア SS
タッカー CF
グリエル 1B
マルドナード C
L・ガルシア P
ロザリオ LF
フリーマン 1B
アルビーズ 2B
ライリー 3B
ソレア RF
デュバル CF
ダーノー C
スワンソン SS
I・アンダーソン
WS 2021 Gm3 スタメン

流れ

WS G3 HOU 0 @ ATL 2の流れ
  • 1回表
    【HOUSTON】
    • 雨の影響もあってか、イアン・アンダーソンの制球がやや乱れる。
    • アルトゥーベ、四球。
    • ブラントリー、1-6-3の併殺打
    • ブレグマン、四球。
    • アルバレス、LFライナー。アストロズ、チャンスを活かせず。

  • 2回裏
    【ATLANTA】
    • アストロズのルイス・ガルシアは立ち上がりは好調。
    • 2アウトからトラビス・ダーノーがRFオーバーのダブルで出塁。
    • あと1アウトということで、ダンスビー・スワンソンは申告敬遠。
    • Pのイアン・アンダーソンは三振。こちらもチャンスを活かせず。

  • 3回裏
    【ATLANTA】(1-0) 先制点はブレーブス!
    • 先頭のロザリオが四球。
    • フリーマンがシングルを放ち、ノーアウト1、2塁のチャンス。
    • アルビーズが三振で1アウト。
    • オースティン・ライリーが三塁線へ強打!ブレグマンのグラブをかすめ、LF線へ。二塁打となり、ロザリオがホームインし、ブレーブスが先制(1-0)。

  • 6回表
    【HOUSTON】
    • 先発のアンダーソンは5回でノーヒットのまま降板。ブレーブスはこのイニングからリレーに。

  • 8回表
    【HOUSTON】
    • マウンドには4番手のタイラー・マツェック。
    • マルドナードの代打で出たアレドミス・ディアスがLFへシングルで出塁。
    • 勝負に出たアストロズは代打にジェイソン・カストロ。代走にホセ・シリを起用。
    • しかし、カストロは三振(1アウト)。
    • アルトゥーベが3Bへポップフライ(2アウト)。
    • ブラントリーの打席でダブルスティール(2、3塁へ)
    • しかし、ブラントリーはマツェックの99.5mphのファストボールに圧され、ポップフライで無得点。

  • 8回裏
    【ATLANTA】(2-0) ダーノーが追加点となるHR!
    • なかな追加点が取れないブレーブス。マウンドはケンダール・グレイブマン。
    • ソレアはSSゴロ(1アウト)
    • デュバルは三振で2アウト。
    • しかし、ここでトラビス・ダーノーがCFへ豪快なソロHRを放ち、追加点。リリーバーを楽にする一発を捕手が放つ(2-0)。

  • 9回表
    【HOUSTON】
    • マウンドにウィル・スミス。
    • 先頭のブレグマンがシングルで出塁。
    • ノーアウトのランナーだったが、アルバレス、コレア、タッカーが凡退。

    ブレーブスが2-0のロースコアで第3戦に勝利。WSはブレーブスの2勝1敗に。

2021 World Series Game 3, Houston Astros at Atlanta Braves, October 29, 2021 | Baseball-Reference.com
Atlanta Braves beat Houston Astros (2-0). Oct 29, 2021, Attendance: 42898, Time of Game: 3:24. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by...

イアン・アンダーソンが快投

 立ち上がり、雨の影響もあってか制球にやや苦しんだブレーブス先発のイアン・アンダーソンですが、2回以降は四球を1つ出しただけ。チェンジアップが冴え渡り、5回、76球、ノーヒット・ノーランのままマウンドを降りました。

 雨でチェンジアップの滑らし方が馴染んだのでしょうか!?素晴らしい出来でしたね。

ブレーブス、ほぼノーヒットリレー

 ブレーブスのノーヒッターは続いていき、2番手のA.J.ミンター、3番手のルーク・ジャクソンも継続。8回、ゲームの駆け引きが一番厳しいところを任されたタイラー・マツェックがアレドミス・ディアスにシングルを許し、ノーノーは途切れましたが、何しろ得点差は1点だったので、まず無失点で抑えることが肝要ということで、マツェックもスコアレス。

 そして最後のウィル・スミスもスコアレスで、結局5人で被安打2。いやはや、ブレーブス投手陣のすごさたるや。

 8回のマツェックの存在は大きいですね。

ダーノーが大活躍

 トラビス・ダーノーはこの日、大活躍。第1打席ではあわやRFオーバーのHRかという大きな二塁打を放ちましたし、8回のどうしても追加点が欲しい場面でケンダール・グレイブマンから完璧な当たりのCFオーバーのソロHRをは待ちました。

 晴れの舞台で大活躍する姿を見ると、苦労が報われてよかったなと思います。

ルイス・ガルシアは4BB

 アストロズ先発のルイス・ガルシアは、4回途中で1失点で降板。被安打が3、与四球が4とやはり雨の影響だったか、コントロールに苦しみました。それでも1失点に抑えたのはアストロズにとって大きいですね。

 アストロズ投手陣も2点しかとられていないので、この負けは次に繋がる敗戦ということで、またGame4でアルトゥーベが機能し始めるかもしれません。

 Game4は、アストロズはザックが登板。ALCSでは早期降板となりましたが、ワールドシリーズではどうでしょうか?!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました