スポンサーリンク

【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに

再び、レベルの高い投手戦!

 現地2021年10月9日、この日はNLDSの2試合のみ。前日のGame1のチャーリー・モートン先発ゲームを落としてしまったブレーブス。それ以上に、ブルワーズのコービン・バーンズの好投が光ったゲームでもありました。

 ブルワーズが先勝したこのシリーズですが、この日はマックス・フリードが素晴らしい投球を披露。前日とは逆に、ブルワーズ打線が仕事が出来ない状況となりました。

スタメン

 スタートはご覧のメンバー。

ブレーブスブルワーズ
RF ソレア
1B フリーマン
2B アルビーズ
3B ライリー
CF デュバル
LF ロザリオ
C ダーノー
SS スワンソン
P フリード
2B ウォン
SS アダムス
1B エスコバー
RF ガルシア
LF イェリッチ
3B ウリアス
CF ケイン
C ピーニャ
P ウッドラフ

ゲームの流れ

 引き締まった投手戦。先に失点したのはウッドラフの方でした。

2021 NLDS G2 ATL@MIL
  • 1回
    【ATLANTA】【MILWAUKEE】

    ウッドラフは1アウトからキーマンのフリーマンに四球。つづくアルビーズの3B後方へのファウルフライをSSのウィリー・アダムスが好捕。これでスタンドが盛り上がりました。つづくライリーを三球三振に仕留め、いい雰囲気の中での立ち上がり。

    フリードは、ウォンに4シーム、カーブの双方に対応されるもCFライナーに仕留め、まずは1アウト。アダムス、エスコバーは自身のリズムに抑え、こちらも無失点の立ち上がり。

    この時点で1点を争う投手戦が予想されました。

  • 3回表
    【ATLANTA】

    1アウトからホルヘ・ソレアーがLF線へ二塁打を放ち、チャンスメイク。つづく、フレディー・フリーマンが追い込まれながらも、RFへタイムリーを放ち、ブレーブスが先制(1-0)。

    つづくオジー・アルビーズはRFへ大きな飛球。検証となりましたが、RFフェンスのトップに当たっていることが判明し、二塁打に。グランドルールダブルではないので、1塁ランナーのフリーマンが生還(2-0)。

  • 6回表
    【ATLANTA】

    1アウトからオースティン・ライリーがソロHR(3-0)。

  • 7回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はルーク・ジャクソン。2連続三振で2アウトとなった後、ルイス・ウリアスがシングルで出塁。つづくロレンゾ・ケインがストレートの四球で出塁し、ようやくチャンス到来。

    ブルワーズは捕手ピーニャの打順で一旦はボーゲルバックを起用するも、ブレーブスは左のタイラー・マツェックに交代。左が出てきたことから、代打の代打にタイロン・テイラーを指名。しかし、三振に倒れて無得点。

  • 8回裏
    【MILWAUKEE】

    先頭のコルテン・ウォンがRFへのシングルで出塁。ノーアウトのランナーだったものの、マツェックに抑えられ、このイニングも得点ならず。

  • 9回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はウィル・スミス。先頭のクリスチャン・イェリッチが四球。つづくルイス・ウリアスもシングルでつづき、ノーアウトでランナー1、2塁の大チャンス。つづく、ロレンゾ・ケインはRFへいい打球を放つも、アウト。まだチャンスがつづいていたものの、ルーク・メイリーは5-4-3の併殺打。

    ブレーブスが3-0でシャットアウト勝利を上げました。

マックス・フリード、6回3ヒッター

 やはりこのゲームを作った主役は先発のマックス・フリード。6回、81球で被安打が3,スコアレス、奪三振が9、そして与四球が0。

 ダーノーのリードもよかったと思います。9月、POM(Pitcher of the Month)の実力通り。

タイラー・マツェックの好リリーフ

 ブルワーズに流れが傾きかけた7回裏、タイラー・マツェックの火消しがシャットアウト・リレーを呼びましたね。2番手のルーク・ジャクソン、抑えのウィル・スミスもスコアレス。

 ブルワーズはイェリッチに1本出ましたが、2戦でまだ1安打のみ。ここが3戦以降、機能すればというところでしょうか。

アルビーズ、ライリーに結果

 またブレーブスは、シーズンを引っ張ったオジー・アルビーズ、オースティン・ライリーにも結果が出ましたので、3戦以降、活発化しそうです。

 これで1勝1敗、舞台はアトランタへ移ります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました