スポンサーリンク

【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに

再び、レベルの高い投手戦!

 現地2021年10月9日、この日はNLDSの2試合のみ。前日のGame1のチャーリー・モートン先発ゲームを落としてしまったブレーブス。それ以上に、ブルワーズのコービン・バーンズの好投が光ったゲームでもありました。

 ブルワーズが先勝したこのシリーズですが、この日はマックス・フリードが素晴らしい投球を披露。前日とは逆に、ブルワーズ打線が仕事が出来ない状況となりました。

スタメン

 スタートはご覧のメンバー。

ブレーブスブルワーズ
RF ソレア
1B フリーマン
2B アルビーズ
3B ライリー
CF デュバル
LF ロザリオ
C ダーノー
SS スワンソン
P フリード
2B ウォン
SS アダムス
1B エスコバー
RF ガルシア
LF イェリッチ
3B ウリアス
CF ケイン
C ピーニャ
P ウッドラフ

ゲームの流れ

 引き締まった投手戦。先に失点したのはウッドラフの方でした。

2021 NLDS G2 ATL@MIL
  • 1回
    【ATLANTA】【MILWAUKEE】

    ウッドラフは1アウトからキーマンのフリーマンに四球。つづくアルビーズの3B後方へのファウルフライをSSのウィリー・アダムスが好捕。これでスタンドが盛り上がりました。つづくライリーを三球三振に仕留め、いい雰囲気の中での立ち上がり。

    フリードは、ウォンに4シーム、カーブの双方に対応されるもCFライナーに仕留め、まずは1アウト。アダムス、エスコバーは自身のリズムに抑え、こちらも無失点の立ち上がり。

    この時点で1点を争う投手戦が予想されました。

  • 3回表
    【ATLANTA】

    1アウトからホルヘ・ソレアーがLF線へ二塁打を放ち、チャンスメイク。つづく、フレディー・フリーマンが追い込まれながらも、RFへタイムリーを放ち、ブレーブスが先制(1-0)。

    つづくオジー・アルビーズはRFへ大きな飛球。検証となりましたが、RFフェンスのトップに当たっていることが判明し、二塁打に。グランドルールダブルではないので、1塁ランナーのフリーマンが生還(2-0)。

  • 6回表
    【ATLANTA】

    1アウトからオースティン・ライリーがソロHR(3-0)。

  • 7回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はルーク・ジャクソン。2連続三振で2アウトとなった後、ルイス・ウリアスがシングルで出塁。つづくロレンゾ・ケインがストレートの四球で出塁し、ようやくチャンス到来。

    ブルワーズは捕手ピーニャの打順で一旦はボーゲルバックを起用するも、ブレーブスは左のタイラー・マツェックに交代。左が出てきたことから、代打の代打にタイロン・テイラーを指名。しかし、三振に倒れて無得点。

  • 8回裏
    【MILWAUKEE】

    先頭のコルテン・ウォンがRFへのシングルで出塁。ノーアウトのランナーだったものの、マツェックに抑えられ、このイニングも得点ならず。

  • 9回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はウィル・スミス。先頭のクリスチャン・イェリッチが四球。つづくルイス・ウリアスもシングルでつづき、ノーアウトでランナー1、2塁の大チャンス。つづく、ロレンゾ・ケインはRFへいい打球を放つも、アウト。まだチャンスがつづいていたものの、ルーク・メイリーは5-4-3の併殺打。

    ブレーブスが3-0でシャットアウト勝利を上げました。

マックス・フリード、6回3ヒッター

 やはりこのゲームを作った主役は先発のマックス・フリード。6回、81球で被安打が3,スコアレス、奪三振が9、そして与四球が0。

 ダーノーのリードもよかったと思います。9月、POM(Pitcher of the Month)の実力通り。

タイラー・マツェックの好リリーフ

 ブルワーズに流れが傾きかけた7回裏、タイラー・マツェックの火消しがシャットアウト・リレーを呼びましたね。2番手のルーク・ジャクソン、抑えのウィル・スミスもスコアレス。

 ブルワーズはイェリッチに1本出ましたが、2戦でまだ1安打のみ。ここが3戦以降、機能すればというところでしょうか。

アルビーズ、ライリーに結果

 またブレーブスは、シーズンを引っ張ったオジー・アルビーズ、オースティン・ライリーにも結果が出ましたので、3戦以降、活発化しそうです。

 これで1勝1敗、舞台はアトランタへ移ります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました