スポンサーリンク

【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに

スペシャル・イベント

再び、レベルの高い投手戦!

 現地2021年10月9日、この日はNLDSの2試合のみ。前日のGame1のチャーリー・モートン先発ゲームを落としてしまったブレーブス。それ以上に、ブルワーズのコービン・バーンズの好投が光ったゲームでもありました。

 ブルワーズが先勝したこのシリーズですが、この日はマックス・フリードが素晴らしい投球を披露。前日とは逆に、ブルワーズ打線が仕事が出来ない状況となりました。

スタメン

 スタートはご覧のメンバー。

ブレーブスブルワーズ
RF ソレア
1B フリーマン
2B アルビーズ
3B ライリー
CF デュバル
LF ロザリオ
C ダーノー
SS スワンソン
P フリード
2B ウォン
SS アダムス
1B エスコバー
RF ガルシア
LF イェリッチ
3B ウリアス
CF ケイン
C ピーニャ
P ウッドラフ

ゲームの流れ

 引き締まった投手戦。先に失点したのはウッドラフの方でした。

2021 NLDS G2 ATL@MIL
  • 1回
    【ATLANTA】【MILWAUKEE】

    ウッドラフは1アウトからキーマンのフリーマンに四球。つづくアルビーズの3B後方へのファウルフライをSSのウィリー・アダムスが好捕。これでスタンドが盛り上がりました。つづくライリーを三球三振に仕留め、いい雰囲気の中での立ち上がり。

    フリードは、ウォンに4シーム、カーブの双方に対応されるもCFライナーに仕留め、まずは1アウト。アダムス、エスコバーは自身のリズムに抑え、こちらも無失点の立ち上がり。

    この時点で1点を争う投手戦が予想されました。

  • 3回表
    【ATLANTA】

    1アウトからホルヘ・ソレアーがLF線へ二塁打を放ち、チャンスメイク。つづく、フレディー・フリーマンが追い込まれながらも、RFへタイムリーを放ち、ブレーブスが先制(1-0)。

    つづくオジー・アルビーズはRFへ大きな飛球。検証となりましたが、RFフェンスのトップに当たっていることが判明し、二塁打に。グランドルールダブルではないので、1塁ランナーのフリーマンが生還(2-0)。

  • 6回表
    【ATLANTA】

    1アウトからオースティン・ライリーがソロHR(3-0)。

  • 7回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はルーク・ジャクソン。2連続三振で2アウトとなった後、ルイス・ウリアスがシングルで出塁。つづくロレンゾ・ケインがストレートの四球で出塁し、ようやくチャンス到来。

    ブルワーズは捕手ピーニャの打順で一旦はボーゲルバックを起用するも、ブレーブスは左のタイラー・マツェックに交代。左が出てきたことから、代打の代打にタイロン・テイラーを指名。しかし、三振に倒れて無得点。

  • 8回裏
    【MILWAUKEE】

    先頭のコルテン・ウォンがRFへのシングルで出塁。ノーアウトのランナーだったものの、マツェックに抑えられ、このイニングも得点ならず。

  • 9回裏
    【MILWAUKEE】

    投手はウィル・スミス。先頭のクリスチャン・イェリッチが四球。つづくルイス・ウリアスもシングルでつづき、ノーアウトでランナー1、2塁の大チャンス。つづく、ロレンゾ・ケインはRFへいい打球を放つも、アウト。まだチャンスがつづいていたものの、ルーク・メイリーは5-4-3の併殺打。

    ブレーブスが3-0でシャットアウト勝利を上げました。

マックス・フリード、6回3ヒッター

 やはりこのゲームを作った主役は先発のマックス・フリード。6回、81球で被安打が3,スコアレス、奪三振が9、そして与四球が0。

 ダーノーのリードもよかったと思います。9月、POM(Pitcher of the Month)の実力通り。

タイラー・マツェックの好リリーフ

 ブルワーズに流れが傾きかけた7回裏、タイラー・マツェックの火消しがシャットアウト・リレーを呼びましたね。2番手のルーク・ジャクソン、抑えのウィル・スミスもスコアレス。

 ブルワーズはイェリッチに1本出ましたが、2戦でまだ1安打のみ。ここが3戦以降、機能すればというところでしょうか。

アルビーズ、ライリーに結果

 またブレーブスは、シーズンを引っ張ったオジー・アルビーズ、オースティン・ライリーにも結果が出ましたので、3戦以降、活発化しそうです。

 これで1勝1敗、舞台はアトランタへ移ります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました