スポンサーリンク

【NLDS 2018 Gm1】ブレーブス、ドジャースのHR攻勢に敗れる

現地2018年10月4日のNLDSのもう一つのカード、ブレーブス@ドジャース戦がドジャースタジアムで行われました。

タイブレーカーを経てきた差か

ブレーブス@ドジャース戦は勝利数2位と3位のマッチアップ。通常であれば緊張度の点でフェアな立ち位置でスタートとなるのですが、今年はドジャースがロッキーズとタイブレーカーで火花を散らした後なので、ドジャースに明らかに試合勘と勢いがありました。

現地2018年10月1日、レギュラーシーズン163試合目のタイブレーカーがNL中地区と西地区で地区優勝をかけて行われました。 ポストシ...

ポストシーズンでは勝利数1位のチームがワイルドカード勝ち上がりチームに結構コロッと敗れたりすることがありますが、それは接戦をものにしてきた自信や勢いがそうさせるのですが、この日の2チームにはその差が出たかなと思いました。

フォールティーが立ち上がりに痛打される

ブレーブス先発はマイク・フォルテネービッチ(Mike Foltynewicz)。90マイル後半のファストボールを投げ、今季13勝を上げている投手。

安定感のある投手なのですが、この日は初回からつかまってしまいました。1回裏にジョク・ピダーソンに先制のソロショットを打たれ0−1。立ち上がりでもありますし、守備側は事故として切り替えればいいことです。

しかし、2回が勿体なかったです。2アウトまで取っていたのですが、フォアボールと死球でランナーを2人背負ったところで、今季売出し中のマックス・マンシーを迎え、なんと3ランHRを浴びてしまいます。(LAD 4-0 ATL)

仕方ないといえば仕方ないのですが、ゲームへの入りの差が出たのかなと思いました。

フォルテネービッチは2イニング、4失点で降板しました。

一方、ドジャース先発のRyuは7回被安打4、無失点、奪三振8とほぼ完璧な投球。ブレーブスのエンジンがかかるのを阻止したというピッチングでした。

ドジャースは6回にもエンリケ・ヘルナンデスに一発(LAD 5-0 ATL)、さらに8回にはデービッド・フリースに犠牲フライが出てダメ押し(LAD 6-0 ATL)。

結果は6−0とドジャースのいいところばかりが目立ったゲームとなりました。

ブレーブス、打線にもつながりが出ず

ブレーブスはこの日、R・アクーニャJRとヨハン・カマルゴの1・2番が4-0と機能せず、打線につながりが出なかったのも痛かったです。これもゲームの入りの問題があったと思います。2人は若いですし、これを活かしてもらいたいですね。Game2はちょっと打線を入れ替えるかもしれません。

好プレーが出ているのでご紹介しておきます。M・マチャードはやはりすごいです。

【スコア】2018 NLDS Game 1, Braves0 @ Dodgers 6,  October 4

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク