スポンサーリンク

【MLB2023】ニック・カステヤーノスが2試合連続でマルチHR! PHIが2年連続でNLCSへ進出!

NLDS Gm4: ATL 1 @ 3 PHI (PHI:3勝1敗)

 非常に面白かったブレーブスとフィリーズのNLDSですが、現地2023年10月12日、この白熱したNLイースト同士の対戦は、ついにGm4で決着。フィリーズがブレーブスを下し、2年連続でNLCS進出を決めました。

スタート

 フィリーズはGm3と同じメンバーでスタート。ブレーブスは、Cにショーン・マーフィーが復活。LFにケビン・ピラーでメンバー自体はGm1と同じですが、打順が違いました。

#ATLPHI
1RF:アクーニャDH: シュワーバー
22B: アルビーズSS: ターナー
33B: ライリー1B: ハーパー
41B:オルソン3B: ボーム
5DH: オズーナ2B:ストット
6C: マーフィーC: リアルミュート
7LF:ピラーRF: カステヤーノス
8SS: アルシアLF: マーシュ
9CF: ハリス2世CF: ヨハン・ロハス
PS・ストライダーA・ノラ

両先発が3回までスコアレス

 ブレーブスがスペンサー・ストライダー、フィリーズがレンジャー・スアレスの先発で始まったこのゲームは、序盤3イニングは両先発がランナーを出すも、しっかりとケアしてスコアレスの展開。

 フィリーズ先発のレンジャー・スアレスは持ち前の小気味よい投球をいかんなく披露。1、2回を三者凡退に。初出塁は3回表のトレイ・ターナーのスローイング・エラーでマイケル・ハリス2世を出したのみで、ヒットレスの好投。

 一方、ブレーブス先発のスペンサー・ストライダーは1回裏にトレイ・ターナーの2塁打とブライス・ハーパーへの申告敬遠で1アウト1、2塁のピンチを作るも、アレク・ボーム、ブライソン・ストットと力でねじ伏せ、流れを渡さなかったという立ち上がりでした。

 2回裏にも1アウト1、2塁のピンチを作るも、ヨハン・ロハスをダブルプレーに打ち取り、ピンチを脱出。

 3回裏には1アウトからターナー、ハーパーに連続シングルを浴びるも、ボーム、ストットを打ち取り、またしても流れを渡さず。

 フィリーズはGm2同様、残塁が多くまずい展開になっていきます。

先制点はライリーのHR

 打撃の方では3度もランナーを貯めて圧をかけつつ、いずれもストライダーにあと1本というところで抑えられ続けてきたフィリーズ。

 こういう時は得てして相手チームに得点が入ってしまいます。先制点はブレーブスでした。ここまでスアレスにノーヒットに抑えられていたブレーブスは4回表、1アウトからオースティン・ライリーがLFへソロHRを放ち、先制。ストライダーの粘りの投球に報いました。

 その後もマット・オルソンがシングルで続く、畳み掛けようとしたブレーブスでしたが、続くマーセル・オズーナはダブルプレーに倒れて1点止まり。

 ブレーブスがチャンスを逸したので、今度はフィリーズに流れが変わります。

カステヤーノスが2HR

 4回裏、JT・リアルミュートが倒れた直後、ニック・カステヤーノスはストライダーの初球の86.8mphのスライダーがインコースのベルト付近のゾーンに来たところを強振。これがLFポール際に入るHRとなり、フィリーズがすかさず1-1の同点に。

 つづく5回裏、今度は1アウトからトレイ・ターナーがハング・カーブの軌道となった86.8mphのスライダーをLFスタンドに運び、勝ち越しソロHR!フィリーズが2−1とします。

 フィリーズは6回裏、2アウトからニック・カステヤーノスに打席が回り、今度は真ん中付近に投じられた100mphの4シームをLFスタンドに放り込む2打席連続HRで3−1。

 なお、ポストシーズンで2試合連続でマルチHRを記録したのは史上初のことです。

これでストライダーは降板。5.2イニングで被安打7、失点3、BB 3、SO 7、そしてHR 3。

フィリーズ、7回の大ピンチを凌ぐ

 レンジャー・スアレスは5.0イニングで被安打3、失点1、BB 0、SO 2、HR 1という素晴らしい成績でマウンドを降りました。

 2番手のセランソニー・ドミンゲスは6回2アウトまで投げ、3番手にはホセ・アルバラードが上がりました。アルバラードはイニングまたぎで7回にもマウンドに。そして打者2人を打ち取って2アウト。

 ところが、この後、ケビン・ピラーとオーランド・アルシアにフルカウントから2者連続で四球。同点のランナーを出してしまいます。アルバラードはここで降板。

ケビン・ビラー、WPでスタートせず

 4番手はクレイグ・キンブレル。キンブレルは代わりばな、トラビス・ダーノーに四球。これで2アウト満塁でロナルド・アクーニャ・Jr.を迎えるという絶対的なピンチを迎えます。

 そしてアクーニャの初球。キンブレルは3塁にランナーがいる状況で、あり得ないワイルド・ピッチを投じました。

 しかし、このチャンスになんとケビン・ピラーが躊躇。完全に1点が入る状況でホームに突っ込みませんでした。これはプレーオフです。あそこは全てをかなぐり捨てて「突っ込む」という一択だったと思うのですが・・・勿体なかったです。

 ただ、VTRを見ると、打者のアクーニャがピラーに最初は「ホームへ来い」という指示を出しましたが、すぐに「制止せよ」というジェスチャーに変えました。ピラーはこの指示に従ったのでしょうね。

 フィリーズとすれば助かりました。ここでヒットなしで1点を奪われればショックも大きく、さらに打席のアクーニャも2点目が入れば、肩の力が抜けて平常心でスイングし、フィリーズにさらなる二次災害をもたらした可能性があったからです。フィリーズはそういう意味でも運がありました。

 そのアクーニャですが、あわやHR、あるいはウォール際への長打か?という大きな当たりを放ちましたが、これをCFのヨハン・ロハスがランニング・キャッチ。大ピンチを救いました。

9回表のピンチもストラムが抑える

 そして最終回、フィリーズのマウンドにはグレゴリー・ソト。ソトは8回2アウトからマウンドに上がっていました。

 そのソトはイニング先頭のオズーナに四球。さらに、ショーン・マーフィーには大きく空いた1,2塁間を狙われ、RF前シングル。この当たりでマーセル・オズーナが3塁へ進塁し、ノーアウト1、3塁の大ピンチを作ります。ロブ・トムソン監督はここでソトを降ろしました。

 マウンドに上がったのはマット・ストラム。ストラムはケビン・ピラーをSSフライ、PHのエディー・ロザリオをLFフライ、そして最後はPHのボーン・グリッソムを三振に仕留めゲームセット。

 フィリーズが3−1のスコアでGm4に勝利。NLDS3勝目を上げたことで、NLCSへの進出を決めたのでした。 

MLB Gameday: Braves 1, Phillies 3 Final Score (10/12/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 なお制度上、グレゴリー・ソトにもホールドがついております。

 フィリーズはとうとうタイワン・ウォーカーを出さずに、NLCSまで到達しました。

 Dバックスはレギュラーシーズンでは投手力が今ひとつでしたが、今ポストシーズンでは投手力のチームとなっています。どういう試合となるのか楽しみです。

 DバックスとのNLCSはちょっと予測がつかないです。フィリーズはDバックスより勝率が高いので、ホーム・フィールド・アドバンテージが与えられ、2-3-2でホームからのスタートです。また大声援を背に暴れそうですね。

ハーパーの肘は問題なし

 8回にマット・オルソンと塁上で交錯したハーパーでしたが、試合後の談話では問題ないとのことでした。トミー・ジョン手術後ですから、ちょっとヒヤリとしました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました