スポンサーリンク

【2021NLCS_G5】ドジャース、 ”クリス・テイラーの日”で勝利!決戦をアトランタへ

ブレーブス 2, ドジャース 11 (ATL 3勝2敗)

 現地2021年10月23日、ブレーブスが3勝1敗でワールドシリーズへ王手をかけて迎えたNLCS Game5。NLCSではドジャー・スタジアム最後のゲームになり、追い込まれたドジャース。

 先発のリソース不足で、悩みに悩んで起用したのはリリーバーのジョー・ケリーでした。一方、ブレーブスは1st Gameに起用されるエースのマックス・フリード。

 色々とドジャース不利の要因の中、その嫌な流れを払拭したのは、スーパー・ユーティリティのクリス・テイラーでした。

流れ

NLCS G5 ATL 2, LAD 11
  • 1回表
    【ATLANTA】(2-0)

    3番のフレディー・フリーマンが2ランHR。

    先発ジョー・ケリーは2アウトで降板→右腕二頭筋を傷める。

  • 1回裏
    【LOS ANGELES】

    2番のT・ターナーがシングルで出塁するも、M・フリードの前に得点ならず。

  • 2回表
    【ATLANTA】

    1回裏を1球で片付けた緊急リリーフとなったエバン・フィリップス。このイニングも3人で斬って取り、ドジャースに良い流れをもたらす。

  • 2回裏
    【LOS ANGELES】(3-2)
    • AJ・ポロックがソロHR(1-2)。
    • プホルズがSSオーバーのクリーンヒット
    • クリス・テイラーが2ランHR(3-2で逆転)

    その後もランナーを2人出すも、さらなる追加点はならず。

  • 3回裏
    【LOS ANGELS】(4-2)
    • 1アウトからAJ・ポロックがシングル
    • しかし、プホルズがCF前にライン・ドライブのシングル(2本目)
    • クリス・テイラーがCFへタイムリーシングル(4-2)。
  • 5回裏
    【LOS ANGELES】(6-2)
    • 先頭のウィル・スミスが四球で出塁するも、当たっていたAJ・ポロックが併殺打で2アウト
    • 2アウトからプホルズが四球
    • (マックス・フリードはここで降板。クリス・マーティンにスイッチ)
    • クリス・テイラーがCFへ2ランHR!(6-2)
  • 7回裏
    【LOS ANGELES】(7-2)

    2アウトからクリス・テイラーがソロHR(7-2)

  • 8回裏
    【LOS ANGELES】(11-2)
    • (ブレーブスの投手は、4番手のJ・ウェブ)
    • 先頭のムーキーがLF前シングル→すかさず、2盗を決める。
    • T・ターナーがCF前シングルを放ち、ムーキーがホームイン(8-2)。
    • コーリー・シーガーがシングル!ノーアウト1、2塁に。
    • ウィル・スミスが倒れた後、AJ・ポロックがLFへ3ランHR(11-2)。

J・ケリー、リリーフのリズムで登板

 ドジャースの先発となったジョー・ケリー。この起用を知った時、これはロバーツ監督はすごいところをついてくるなと思い、苦心の末というのがよく出ていました。

 良いように出ればと思いましたが、1つ、計算違いだったのは、リズムが悪すぎたこと。ジョー・ケリーは普段、6回、7回の厳しい場面での登板が多い投手ゆえ、1球、1球じっくりと投げる癖がついていて、そのリズムをそのままに登板してしまいました。もっとも、急にリズムを変えろと言われても無理な話ではあります。最終的には右腕二頭筋を傷め、2アウト、2ストライクを奪ったところで降板となりました。

ゲーム後:ロスターにデービッド・プライス

 ジョー・ケリーが腕を傷めたことで、ドジャースはコミッショナー・オフィスにロスターの変更を申請。デービッド・プライスのロスターINが承認されました。最初から入れておけ!という話ですね。

 このような怪我などの事情でロスター変更した場合、ロスターから外れた選手はワールドシリーズも出られなくなります。これは、簡単にロスターを入れ替えて実質26名以上で戦うような体勢を阻止するためです。あくまでも戦う前提は均等にといのがルールですから。

フリード、今ひとつ

 大いなる期待を背負ってマウンドに立ったマックス・フリードでしたが、今ひとつでしたね。微妙なコントロールもないようでしたし、スピードも乗り切れていない投球。

 フリードは4.2イニングで被安打8、失点5、与四球2、奪三振3、被本塁打2。

ドジャースのリリーバーが3ヒッター、0BB

 素晴らしかったのはドジャースのリリーバー。ジョー・ケリーの降板後に登板したエバン・フィリップスは本当に素晴らしい仕事をしましたね。1.1イニングをパーフェクトです。

 さらにベシアが1イニング、グラテロルが2イニング、トライネンが2イニング、クネイブルが1イニング、最後はジャンセンが締めました。8.1イニングで被安打3、スコアレス、0BB。

クリス・テイラーが3HR

 この日はなんと言ってもクリス・テイラーの活躍でしたね。

  1. 2ランHR(2回)
  2. タイムリーシングル(3回)
  3. 2ランHR(5回)
  4. ソロHR(7回)
  5. 三振(8回)

この日は5-4、6RBI 、3RUNでした。

ドジャース、2020年の再現なるか?

 2020年のNLCSもドジャースの1勝3敗でGame5に。Game5はドジャースが取り、2勝3敗でGame6に入りました。

 その再現なるか?という感じに進んでおります。

 それとも、ブレーブスが2020年のリベンジを果たすのか?注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました