スポンサーリンク

【2021NLCS_G4】E・ロザリオが2HR!ブレーブスがウリアスを打ち砕き、WSへ王手

好循環のブレーブス、追い込まれたドジャース

 現地2021年10月20日、前日のGame3ではシリーズの流れを変えるのではないか?と思われるほど、ポストシーズンならではの粘りを見せ、勝利したドジャース。この勢いで再びいい流れを呼び込み、連勝と行きたかったところですが、NLCS Game4は、ブレーブスの良いところばかりが目立つゲームとなり、ついにドジャースが追い込まれました。

ブレーブス 9, ドジャース 2 (ATL 3勝1敗)

ブルペン・デーでウリアスに勝利

 この日のドジャースの先発は、Game2でもリリーフで登板したフリオ・ウリアス。なんとしてもというのが見えた投手起用でしたが、むしろ良かったのはブレーブス投手陣。

 この日はブルペン・デーで、ジェシー・チャベスが先発し、ドリュー・スマイリー、クリス・マーティン、A.J.ミンター、タイラー・マツェック、ウィル・スミスとつなぎ、ドジャース打線を見事、4安打に抑える好リレーを見せました。

ドリュー・スマイリーが見事にゲームメイク

 オープナーを使った場合、2番手の出来が鍵を握りますが、ジェシー・チャベスの後を継いだドリュー・スマイリーが、2回から4回までの3イニングを無失点。この間、ブレーブスは2回と3回に2点うずつを奪っていたので、得点直後にしっかりと締めたドリュー・スマイリーの好投は非常に大きかったと思います。

 5回2アウトまで取った後に、2連打を浴び、降板。その後をリレーしたクリス・マーティンがA.J.ポロックにタイムリーを打たれたので、スマイリーに自責点2がつきましたが、十分すぎる好投でしたね。

ウリアス、力を発揮できず

 一方のドジャース先発のフリオ・ウリアスは、5回を投げて被安打8、失点5、与四球2,奪三振3。痛かったのは被本塁打の3本でした。

エディー・ロザリオ、5-4、2HR

 現地2021年9月19日に、サイクル安打を達成しているエディー・ロザリオ。

 今季は、FAとしてインディアンスと1年/$8Mでサイン。そして7月末にパブロ・サンドバルとのトレードでブレーブス入り。

 今ポストシーズンでは打撃、走塁に大活躍で、この日は1、2番ではなく、5番打者として起用されました。そしてご覧の成績。

  1. 2回表: 左中間に先制のソロHR
  2. 3回表: RFオーバーのトリプル
  3. 5回表: RFへシングル
  4. 7回表: 三振
  5. 9回表: RFへダメ押しの3ランHR  

 もはやサイクル安打を超えた塁打となりましたが、この大当たりはブレーブスにとっては大きかったです。

 エディー・ロザリオは今ポストシーズン、30打数14安打、打率.467、OBP .515、SLG .733、OPS 1.248、HR 2、RBI 8、Run 5,TB 22。

アダム・デュバルも攻守に活躍

 さらに、ブレーブスはこの日、アダム・デュバルも攻守で活躍。ロザリオの後の5番に入ったデュバルは、2回表の第1打席で、エディー・ロザリオの先制ソロの直後に、Back to BackとなるソロHR。

 第2打席は申告敬遠。第3打席では犠牲フライで3打数1安打、2RBI。さらに2回裏の守備では、ギャビン・ラックスのHR性の当たりをリーピング・キャッチ。スマイリーをフォローしました。

 ブレーブスの良いところが目立ったゲームとなりました。

LAD、Game 4は粘るか?

 この日、ポストシーズンに強いジャスティン・ターナーもハムストリングス痛で失ったドジャース。あれだけの巨大戦力も投手のリソースが枯渇しています。

 シーズン中は、パドレスとジャイアンツを相手に死闘を演じ続けてきたので、これだけ厳しい戦いを強いられていれば、ポストシーズンはさぞかし強かろうと思ってところ、むしろ当たり前のように投手のリソースを削る文字通りの消耗戦になったわけです。

 いよいよ追い詰められたGame5。マックス・シャーザーもショートレスト過ぎて疲れ気味です。カーショウは怪我、プライスはロスターアウト、バウアーは7月から戦力としてカウントされていない状態。本来なら勝負強いダスティン・メイに預けたいところでしょうが、彼はトミー・ジョン手術のリハビリ中。

 もうオープナーしかなさそうです。

 一方、ブレーブスは満を持して、マックス・フリードが登板。どう考えてもブレーブスに勝機がありそうです。しかし、何が起こるかわからないのがポストシーズン。

 Game5の行方をしっかりと見届けたいと思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました