スポンサーリンク

【2021NLCS_G4】E・ロザリオが2HR!ブレーブスがウリアスを打ち砕き、WSへ王手

スペシャル・イベント

好循環のブレーブス、追い込まれたドジャース

 現地2021年10月20日、前日のGame3ではシリーズの流れを変えるのではないか?と思われるほど、ポストシーズンならではの粘りを見せ、勝利したドジャース。この勢いで再びいい流れを呼び込み、連勝と行きたかったところですが、NLCS Game4は、ブレーブスの良いところばかりが目立つゲームとなり、ついにドジャースが追い込まれました。

ブレーブス 9, ドジャース 2 (ATL 3勝1敗)

ブルペン・デーでウリアスに勝利

 この日のドジャースの先発は、Game2でもリリーフで登板したフリオ・ウリアス。なんとしてもというのが見えた投手起用でしたが、むしろ良かったのはブレーブス投手陣。

 この日はブルペン・デーで、ジェシー・チャベスが先発し、ドリュー・スマイリー、クリス・マーティン、A.J.ミンター、タイラー・マツェック、ウィル・スミスとつなぎ、ドジャース打線を見事、4安打に抑える好リレーを見せました。

ドリュー・スマイリーが見事にゲームメイク

 オープナーを使った場合、2番手の出来が鍵を握りますが、ジェシー・チャベスの後を継いだドリュー・スマイリーが、2回から4回までの3イニングを無失点。この間、ブレーブスは2回と3回に2点うずつを奪っていたので、得点直後にしっかりと締めたドリュー・スマイリーの好投は非常に大きかったと思います。

 5回2アウトまで取った後に、2連打を浴び、降板。その後をリレーしたクリス・マーティンがA.J.ポロックにタイムリーを打たれたので、スマイリーに自責点2がつきましたが、十分すぎる好投でしたね。

ウリアス、力を発揮できず

 一方のドジャース先発のフリオ・ウリアスは、5回を投げて被安打8、失点5、与四球2,奪三振3。痛かったのは被本塁打の3本でした。

エディー・ロザリオ、5-4、2HR

 現地2021年9月19日に、サイクル安打を達成しているエディー・ロザリオ。

 今季は、FAとしてインディアンスと1年/$8Mでサイン。そして7月末にパブロ・サンドバルとのトレードでブレーブス入り。

 今ポストシーズンでは打撃、走塁に大活躍で、この日は1、2番ではなく、5番打者として起用されました。そしてご覧の成績。

  1. 2回表: 左中間に先制のソロHR
  2. 3回表: RFオーバーのトリプル
  3. 5回表: RFへシングル
  4. 7回表: 三振
  5. 9回表: RFへダメ押しの3ランHR  

 もはやサイクル安打を超えた塁打となりましたが、この大当たりはブレーブスにとっては大きかったです。

 エディー・ロザリオは今ポストシーズン、30打数14安打、打率.467、OBP .515、SLG .733、OPS 1.248、HR 2、RBI 8、Run 5,TB 22。

アダム・デュバルも攻守に活躍

 さらに、ブレーブスはこの日、アダム・デュバルも攻守で活躍。ロザリオの後の5番に入ったデュバルは、2回表の第1打席で、エディー・ロザリオの先制ソロの直後に、Back to BackとなるソロHR。

 第2打席は申告敬遠。第3打席では犠牲フライで3打数1安打、2RBI。さらに2回裏の守備では、ギャビン・ラックスのHR性の当たりをリーピング・キャッチ。スマイリーをフォローしました。

 ブレーブスの良いところが目立ったゲームとなりました。

LAD、Game 4は粘るか?

 この日、ポストシーズンに強いジャスティン・ターナーもハムストリングス痛で失ったドジャース。あれだけの巨大戦力も投手のリソースが枯渇しています。

 シーズン中は、パドレスとジャイアンツを相手に死闘を演じ続けてきたので、これだけ厳しい戦いを強いられていれば、ポストシーズンはさぞかし強かろうと思ってところ、むしろ当たり前のように投手のリソースを削る文字通りの消耗戦になったわけです。

 いよいよ追い詰められたGame5。マックス・シャーザーもショートレスト過ぎて疲れ気味です。カーショウは怪我、プライスはロスターアウト、バウアーは7月から戦力としてカウントされていない状態。本来なら勝負強いダスティン・メイに預けたいところでしょうが、彼はトミー・ジョン手術のリハビリ中。

 もうオープナーしかなさそうです。

 一方、ブレーブスは満を持して、マックス・フリードが登板。どう考えてもブレーブスに勝機がありそうです。しかし、何が起こるかわからないのがポストシーズン。

 Game5の行方をしっかりと見届けたいと思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました