スポンサーリンク

【MLBニュース】2019年初のNO-NOはマイク・ファイヤーズ!記録を支えたのはプロファーと規格外のロレアーノの好プレー!

ファイヤーズ、2度目のNO-NO達成

現地2019年5月7日、レッズ@アスレチックス戦でアスレチックス先発のマイク・ファイヤーズが2019年初のノーヒット・ノーランを達成しました!

Congratulations!

マイク・ファイヤーズは自身2度目のノーヒット・ノーランです。

ファイヤーズ、好調レッズ打線を抑える!

なんと言っても価値があるのは、ここのところレッズは打線が活発だったということです。ルーキーのニック・センゼルがデビューして以来、打線につながりが出来した。センゼルしかり、ディートリッヒしかり、一発のあるバッターが揃っている中での記録達成は素晴らしかったと思います。

The Official Site of Major League Baseball

カーブがよかった

2019シーズンは東京シリーズでオープニングピッチャーを務めたマイク・ファイヤーズ。このゲーム前までは8戦に登板し、2勝3敗と今一つ乗り切れていない部分もありましたが、この日はコントロールがよかったです。

9回を投げ、131球の熱投だったわけですが、ファストボール67球で、いつも通りまっすぐ中心の組み立てだったのですが、とりわけよかったのがカーブですね。こちらはチェンジアップより多い、26球を投じています。

ウィニングショットでことごとく決まっておりました。

死球もゼロ

マイク・ファイヤーズは非常に背が高いように見えるのですが、実は188cmと飛び抜けて高い訳ではありません。

メジャーの投手は190cm台がザラにいますから、その中ではむしろちょっと高いくらいの身長です。

投げ方が完全に縦回転の腰の使い方なので、ボールがたまに抜けます。そして自ずと右バッターへの死球が多くなる傾向があります。

荒れ球もファイヤーズの一つの持ち味ではありますが、2017年は、死球がワースト1位の13個を数えたことがあります。

2018年は3個。2019年はここまで3個。

しかし、この日は死球がゼロ。フォアボールも7回に2つ出しただけで、丁寧に投げていたことが見てとれます。

記録を支えたプロファーとラモン・ロレアーノ

大記録の影に好プレーありで、この日は2つの素晴らしいプレーが出ています。

本当にこの2つのプレーがなければ大記録はなし得ておりません。

まずは1-0とアスレチックスがリードしている6回表1アウト後に出たプロファーのプレー。1Bの奥に飛んだポップフライで、RFには浅すぎて2Bが行くしかない落下点だったのですが、プロファーがよく追いついたと思います。

ここでヒットになっていたら、疲れの見えていた6回でしたので、同点に追いつかれていた可能性もありました。

続いて直後のジョーイ・ボトの打席では、センターのラモン・ロレアーノがまたしてもやってくれました!!

完全にHRだった当たりをリーピングキャッチ!NO-NOどころか1点が入っていた状況。

6回表の2アウト目と3アウト目で連続で出たというところがまたすごいですね。

1度目のNO-NOは2015年

マイク・ファイヤーズは今回が2度目のNO-NO達成。

1度目はアストロズ時代の2015年8月21日のドジャース戦。この時も134球を投じています。

Houston Astros beat Los Angeles Dodgers (3-0). Aug 21, 2015, Attendance: 33833, Time of Game: 2:31. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pl...

はまればこういう投球が出来るのがマイク・ファイヤーズです。

2018年終了後、ノンテンダーFAとなったのですが、2018年後半に所属したアスレチックスと再契約となり、今日に至っています。

今季のアスレチックスはなかなか調子に乗れませんが、これを機会に浮上していってもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク