スポンサーリンク

【MLBニュース】2019年初のNO-NOはマイク・ファイヤーズ!記録を支えたのはプロファーと規格外のロレアーノの好プレー!

ファイヤーズ、2度目のNO-NO達成

現地2019年5月7日、レッズ@アスレチックス戦でアスレチックス先発のマイク・ファイヤーズが2019年初のノーヒット・ノーランを達成しました!

Congratulations!

マイク・ファイヤーズは自身2度目のノーヒット・ノーランです。

ファイヤーズ、好調レッズ打線を抑える!

なんと言っても価値があるのは、ここのところレッズは打線が活発だったということです。ルーキーのニック・センゼルがデビューして以来、打線につながりが出来した。センゼルしかり、ディートリッヒしかり、一発のあるバッターが揃っている中での記録達成は素晴らしかったと思います。

MLB Gameday: Reds 0, Athletics 2 Final Score (05/07/2019)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

カーブがよかった

2019シーズンは東京シリーズでオープニングピッチャーを務めたマイク・ファイヤーズ。このゲーム前までは8戦に登板し、2勝3敗と今一つ乗り切れていない部分もありましたが、この日はコントロールがよかったです。

9回を投げ、131球の熱投だったわけですが、ファストボール67球で、いつも通りまっすぐ中心の組み立てだったのですが、とりわけよかったのがカーブですね。こちらはチェンジアップより多い、26球を投じています。

ウィニングショットでことごとく決まっておりました。

死球もゼロ

マイク・ファイヤーズは非常に背が高いように見えるのですが、実は188cmと飛び抜けて高い訳ではありません。

メジャーの投手は190cm台がザラにいますから、その中ではむしろちょっと高いくらいの身長です。

投げ方が完全に縦回転の腰の使い方なので、ボールがたまに抜けます。そして自ずと右バッターへの死球が多くなる傾向があります。

荒れ球もファイヤーズの一つの持ち味ではありますが、2017年は、死球がワースト1位の13個を数えたことがあります。

2018年は3個。2019年はここまで3個。

しかし、この日は死球がゼロ。フォアボールも7回に2つ出しただけで、丁寧に投げていたことが見てとれます。

記録を支えたプロファーとラモン・ロレアーノ

大記録の影に好プレーありで、この日は2つの素晴らしいプレーが出ています。

本当にこの2つのプレーがなければ大記録はなし得ておりません。

まずは1-0とアスレチックスがリードしている6回表1アウト後に出たプロファーのプレー。1Bの奥に飛んだポップフライで、RFには浅すぎて2Bが行くしかない落下点だったのですが、プロファーがよく追いついたと思います。

ここでヒットになっていたら、疲れの見えていた6回でしたので、同点に追いつかれていた可能性もありました。

続いて直後のジョーイ・ボトの打席では、センターのラモン・ロレアーノがまたしてもやってくれました!!

完全にHRだった当たりをリーピングキャッチ!NO-NOどころか1点が入っていた状況。

6回表の2アウト目と3アウト目で連続で出たというところがまたすごいですね。

1度目のNO-NOは2015年

マイク・ファイヤーズは今回が2度目のNO-NO達成。

1度目はアストロズ時代の2015年8月21日のドジャース戦。この時も134球を投じています。

Los Angeles Dodgers vs Houston Astros Box Score: August 21, 2015 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Los Angeles Dodgers (3-0). Aug 21, 2015, Attendanc...

はまればこういう投球が出来るのがマイク・ファイヤーズです。

2018年終了後、ノンテンダーFAとなったのですが、2018年後半に所属したアスレチックスと再契約となり、今日に至っています。

今季のアスレチックスはなかなか調子に乗れませんが、これを機会に浮上していってもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました