スポンサーリンク

【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!

トップ・クローザーも攻略し、勝利!

 ヤンキースが止まりませんね。現地2024年6月2日はサンフランシスコでのジャイアンツ戦のGm3だったのですが、9回表の攻撃が始まる前に3-5で2点のリードを許していたにも関わらず、なんとこれをひっくり返しました。しかも4得点を奪って逆に2点差をつけて7-5で勝利するという粘り。

 ジャイアンツはMLBでもトップ・クラスのクローザーのカミーロ・ドバルを最終回のマウンドに送ったのですが、それでも逃げ切れず。勢いは増すばかりです。

9回表の攻撃への流れ

 ジャイアンツは新戦力のブレイク・スネルが初回にフアン・ソトに先制ソロHRを許したものの、それ以降は粘りの投球を見せ、5回1アウトまで1点で凌ぎました。

 2連敗中のジャイアンツはSSのケイシー・シュミットのソロHRなどで序盤に3点を奪い、リードをして中盤へ。

ブレイク・スネルが途中降板

 ジャイアンツ先発のブレイク・スネルは5回表に1アウトからアンソニー・ボルピー、フアン・ソトに連続安打を許し、さらにワイルドピッチもあって1アウト2、3塁でアーロン・ジャッジを迎えますが、ここはチェックスイングを誘って空振り三振に。2アウトまでこぎつけるも、つづくジャンカルロ・スタントンに四球を与えたところで降板。ブレイク・スネルはこの時、鼠径部を傷めて降板。どうやら翌日に精密検査を実施し、このままILになりそうです。

SFG、最終回まではいい流れ

 スネル降板後、エリック・ミラーがアレックス・ベルドゥーゴに2ランタイムリー・ダブルを浴び、ヤンキースが3-3のタイゲームに持ち込みます。なお、この得点のランナーはスネルが出したので、自責点はスネルについています。ブレイク・スネルのこの日の投球は、4.2 IPで被安打5、失点3、自責点3、BB 3、SO 7、HR 1でした。

 それでもジャイアンツは6回裏に打線がつながり、ヘリオット・ラモスの2点タイムリーシングルで5-3と勝ち越し。連敗阻止に向けていい流れを作りました。しかも、7回にはライアン・ウォーカーが、8回にはタイラー・ロジャースがそれぞれスコアレスでリレー!非常にいい流れで最周回のカミーロ・ドバルに繋いで行きます。

9回表の攻撃

 ヤンキースの9回表の攻撃は一旦はしぼみかけたのです。先頭のグレイバー・トーレスが、シングルで出塁するも、ホセ・トリビーノはSSゴロを放ち、トーレスは2塁でアウト。

 ただ、この程度で影響されないのが今のヤンキースの強みで、つづくアンソニー・ボルピーは右中間に三塁打を放ち、これでトリビーノが生還してまず1得点。このトリプルは大きかったですね。ラッキーな要素もありましたが、それも今のチーム事情の良さを反映しています。

 そしてソトです。というより脅威の中軸です。ソト→ジャッジ→スタントンと続くターン。そのソトに対し、カミーロ・ドバルは初球は明らかなボール。そして2球目。これは完全に失投でした。カット・ボールがバットに引き寄せられるようにど真ん中へ吸い込まれ、これをソトが右中間スタンドに放り込み、ヤンキースが6-5と最終回に逆転に成功。ここまでうまく行きますか?というくらいの流れでした。

 さらにこの後、ジャッジが四球で歩いた後、盗塁と送球エラーで三塁へ進塁。そしてジャンカルロ・スタントンがグランドルール・ダブルを放ち、さらなる勝ち越し点。7-5のスコアになりました。ドバルはこのイニングを投げきることが出来ず、テイラー・ロジャースにリレー。ロジャースがなんとか追加点を防ぎました。

 9回裏、クレイ・ホームズがジャイアンツ打線を3人で片付け、試合は7-5でヤンキースが勝利。

MLB Gameday: Yankees 7, Giants 5 Final Score (06/02/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ヤンキースはこれで勝利数が42となり、フィリーズに代わり、MLB NO.1の勝利数になりました。なおALイーストでは単独首位ではあるものの、オリオールズが食らいついており、まだ3.0ゲーム差しかついておりません。

(YOUTUBE)Juan Soto is CLUTCH! Soto gives the Yankees the lead in the 9th inning!

投打ともに好調

 ヤンキースは現地2024年6月2日時点で得失点差がMLBトップの+107。得点299は、中地区のガーディアンズの298と競っているところですが、ALではNO.1。そして際立つのが失点数です。192はMLB 最小で、この時点で失点が100点台というのはヤンキースのみです。

 5月に14HRを放ち、すでにこの時点で21HRのアーロン・ジャッジはOPSが1.075でMLB NO.1。OPSで言えば、NO.1がジャッジでNO.2がフアン・ソトです(1.031)。また、チームHR数90はMLB NO.1。打率はMLB5位の.256。

 シーズン前はまるで期待されていなかった投手陣は今や、チームERA 2.78でMLB NO.1となっています。

ドジャース戦、近し!

 現地6月4日からブロンクスでのツインズ3連戦の後に控えるのが、7日から始まるドジャースとの3連戦。

 このカードは2023年は6月2日から4日までドジャー・スタジアムで行われ、今季はヤンキー・スタジアムでの開催で、2年連続でホームを変えて行われますが、そもそもは非常に貴重なカード

 2022年、2021年、2020年は対戦なし。2019年は4月23日から25日までやはりドジャー・スタジアムで行われました。2018年、2017年は対戦なし。2016年は9月12日から14日までヤンキー・スタジアムで行われ、その前となると2013年となります。この年は特別で、6月19日にダブルヘッダーでヤンキー・スタジアムで行われ、7月30、31日はドジャー・スタジアムと1年に2度行われた珍しいシーズンとなりました。

 ともに大砲を抱えつつも、ピッチャーの出来如何というところと、後はつなぎの選手がどれだけ機能するかも注目ポイントかなと。

 大谷選手獲得を巡る因縁の対決でもありますね。もっともヤンキースはなぜか、あっさりと早期撤退をしました。結構、謎なところもありました。

 楽しみな対戦が控えているということで。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました