スポンサーリンク

【MLB2019】レッズ、アストロズをスイープ!今後レッズがNLセントラルの台風の目になりそうな4つの理由

レッズが4連勝

現地2019年6月19日、アストロズ@レッズのGame3が行われ、レッズが3−2でアストロズにサヨナラ勝ちしました。

レッズはア・リーグ西地区首位のアストロズをスイープです!

タイラー・マーリーが好投

Game3はアストロズが奪三振のタイトルを爆進中のゲリット・コール、レッズは今季2勝7敗と負けが混んでいるタイラー・マーリー(Tyler Mahle )。

アストロズが有利に試合を運ぶかと思われたのですが、タイラー・マーリーが好投。7回を被安打4、失点2、奪三振7と期待に応えました。

失点は6回にマイケル・ブラントリーに打たれた2ランHRのみです。

一方のゲリット・コールもプイーグに打たれたソロHRによる1失点で勝利投手の権利を得て降板。

三振も8個奪っており、このままゲームが終わりそうな雰囲気でした。

しかし、レッズが土壇場で意地を見せました。

ニック・センゼルが同点タイムリー

アストロズのマウンドにはロベルト・オスーナ。

レッズは9回裏、先頭のホセ・ペラーザが2塁打で出塁するも、バーンハートとボットがつづけて三振に倒れて2アウト。

これで終わりかと思ったところをルーキーのニック・センゼルがLFへシングルヒットを放ち、同点。

さらにアストロズLFのマイケル・ブラントリーの送球ミスでセンゼルが2塁へ。

またしてもスコアリング・ポジションとなったところをジェシー・ウィンカーがライト前にシングル。

2塁からセンゼルがホームインし、レッズが3-2でサヨナラ勝利を納めました。

Game 3 BOX Score

Game1はエースのルイス・カスティーヨがアストロズ打線を6回、被安打2で抑える好投で3−2で勝利。

Game 1 Box Score

Game2ではバーランダーの立ち上がりを攻め、4-3で勝利。

Game 2 Box Score

見事にアストロズをスイープしましたね。

レッズがNL中地区の台風の目になりそうな理由

現地2019年6月19日時点でのレッズの順位はまだ4位。34勝38敗と勝率5割にも届いていません。

そして月別に見ても大した数字ではありません。カージナルスの5月が特別悪かったくらいで、レッズは5割程度です。

  1. カブス:6月: 9勝9敗 /5月: 16勝12敗
  2. ブルワーズ: 6月: 8-8 / 5月:15−12
  3. カージナルス: 6月: 10-7 / 5月: 9-18
  4. レッズ: 6月:7−8 / 5月: 15−13

そのレッズがどうして台風に目になりそうかというと4つの理由があります。

1. 失点の少なさがナ・リーグ No.1

開幕直後からとにかく打てなくて悩ましかったレッズですが、その代わりずっとキープしていたのが失点の少なさ。

19日終了時点でのレッズの失点は265。これはドジャースと並んでナ・リーグNo.1の少なさです。レッズとドジャース以外に失点が200点台のチームはナ・リーグにはありません。

ア・リーグを含めてもタンパベイ・レイズの260に次ぐ数字です。

2. エースとクローザーが比較的安定

先発は4月のピッチャー・オブ・ザ・マンスに輝いたルイス・カスティーヨがとにかく安定しています。ここまで7勝1敗。

ほかにタナー・ロアーク(4-6)、ソニー・グレイ(3-5)、アンソニー・デスカルフィニ(4−3)と深いイニングまで投げられる投手が多いもの良い要素。

そしてクローザーのライセル・イグレシアスは1勝6敗と負けが多いものの、やはり彼が後ろにいるのは大きいです。ここまで13SV。負けが目立ったのは開幕直後だけで、5月と6月は月に1度の敗戦でとどまっています。

セットアップもマイケル・ローレンツェン、アミール・ギャレットとなかなかの粒揃いです。

3. 三遊間が安定

SSにホセ・イグレシアスが入り、とにかく内野守備が安定。ホセ・イグレシアスは打撃でも.288を打っており、頑張っております。3Bのスアレスはチームの核ですね。

4. スクーター・ジェネットがリハビリ開始

そして、右鼠径部痛で60 day ILとなっていたスクーター・ジェネットがマイナーでのリハビリ出場を開始しており、早ければ6月下旬に戻ってくる予定です。スクーター・ジェネットは2018年、HR23本、打率.310、打点92。

デレク・ディートリックが18HR、スアレスが15HR、プイーグが14HR、ウィンカーが12HR。ジョーイ・ボットは6HRですが、彼以外の選手の底上げが出来ているところにジェネットが加われば、貧打も解消されるはずです。

ご覧の通り、いい要素がかなりあるので台風の目になり得ます。

ASG前にMILとCHCとの直接対決

現地2019年6月20日からはミラー・パークでブルワーズとの4連戦が始まります。

ここまで精一杯戦ってきて首位争いをしているブルワーズがそろそろしんどくなるころでもあるので、どれだけいい勝負に持ち込めるか、注目しています。

その後はエンゼルスと2戦。

そして地元に帰って、カブスと3連戦、そしてブルワーズと再び4連戦。

オールスター前のブルワーズとの8戦とカブスとの3戦の計11戦でどれだけ勝てるかで、ペナント争いに食い込めるかどうかが決まりそうです。

カブス、ブルワーズはやはり安定的に強いですが、レッズ、なかなかおもしろい存在ですよね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました