スポンサーリンク

【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)

追記:レッドソックス、デバースとの契約延長へ

 現地2023年1月4日、レッドソックスはラファエル・デバースと11 年/$331M (2023-33)で契約延長に合意しました。

 その1日前の出来事ということで記事を読んでいただければ幸いです。

長期契約に向けまずは2023年の契約で合意

 現地2023年1月3日、ボストン・レッドソックスは3Bのラファエル デバーズ(Rafael Devers)と調停を避けて1年で合意しました。

1/13 調停のデッドラインに向けて

 クラブと調停資格のある選手が 2023シーズンのサラリーを提出する期限が1月13日。選手は支払われるべきと考えるものを提出し、クラブはプレーヤーに支払われるべきであると考えるものをファイルします。 調停資格のある選手の大多数は、この提出期限前に契約に同意します。「調停を避けて」というのがそれです。

 今回のデバースの件も双方合意のもとで2023年のサラリーに合意したということになります。

調停合意からの上書きに期待

 今回の合意内容は1年/$17.5M(2023)。ちなみにデバースの2022年のサラリーは1 year/$11.2Mでしたので、$6.3Mアップです。

 1994年10月24日生まれのデバースは現時点で26 歳。2023 シーズン終了後にFA資格に到達する予定です。

 レッドソックスは生え抜きのムーキー・ベッツをトレードで失い、さらに今オフはデバースの良き兄貴分であるザンダー・ボガーツもFAでパドレスに移籍しました。これでデバースがいなくなれば、2018年のワールドシリーズを支えた攻撃陣の生え抜きがいなくなってしまう状況です。

 このオフシーズンは、ボガーツだけでなく、RHPのネイサン・エオバルディが去り、JD・マルチネスもFAでドジャースに。

【YOUTUBE】Red Sox All-Access: Episode 4 | Building the Offense

 刷新したところでは、OFでオリックスから移籍の吉田正孝選手、3Bのジャスティン・ターナー、ローテーションのコーリー・クルーバー、リリーフのケンリー・ジャンセン、クリス・マーティン、ジョーリー・ロドリゲスを獲得。これだけを見てもかなりの新陳代謝ぶりです。

 レッド ソックスは 2022年、ALイースト最下位に終わりました。相次ぐ主力の流出に2023年1月2日にフェンウェイ パークで開催されたNHLのウィンター・クラシックでは、オーナーのジョン・ヘンリーがファンから大ブーイングを受けました。ファンはわかっていますね。

 オールスターに2 度選出されたデバースの2022年の成績は打率. 295、OBP .258、SLG .531、27HR、 88 RBI。 2017年のデビューから2022年までの6シーズン通算では、打率 .283、OBP .342、SLG .512、HR 139、RBI 455。二塁打は2019年が54でMLBトップで2022シーズンも42をマーク。2021年はシルバー・スラッガー賞も受賞。まさに攻撃の核となる選手です。

長期契約への足がかりに

 これまでの報道ではレッドソックスとデバースとの契約延長の交渉はかなり難航しており、両者に大きなギャップがあると言われておりました。

 今回のデバースの調停ファイナル・イヤーの契約合意は、両当事者間で話し合いを続けている兆候でもあります。

 デバースを失うことは、打線の核を失うだけでなく、ライバルに持って行かれるということでもあり、自ら銃口を向けるようなもの。

 長期契約は確かにリスクもあります。

 あのアルバート・プホルズでさえここ数年はかなり厳しいコンディションで、最後に30HRを放ったのは2016年(31HR)まで遡るほど。このシーズンの年齢は36才で、引退した2022年は42才のシーズンでした。

 おそらくデバースは10年以上の契約を望んでいると思われ、37才以降までの契約となると、最後は厳しい姿になるかもしれません。しかし、ムーキーやボガーツが不在となった今、デバースと大きな契約を結ぶことで、フランチャイズの良き伝統を維持したいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました