スポンサーリンク

【MLB7月トレード2019】マーカス・ストローマンがメッツへ!2人のプロスペクトとトレード

MLB移籍/FA情報

ニューヨークでもメッツの方へ

スローペースと言われている2019年のトレード・デッドラインですが、現地2019年7月28日、大きな動きがでました。

注目のブルージェイズ、マーカス・ストローマン(Marcus Stroman )がメッツへ移籍することが決まりました。

トレード詳細

今回の人の動きはこのような状況です。

メッツGet

  • マーカス・ストローマン(28才:RHP)

ブルージェイズGet

なぜメッツ?

ほとんどのMLBファンの皆さんが思ったであろうことはNYはNYでもMの方?、つまりなぜメッツ?ということかと思います。

しかもヤンキースは7試合連続7失点以上が続いており、スターターを欲しがったことは言うまでもありません。

一応、WC枠にごぐごくわずかな望み

まずメッツの現地2019年7月28日時点の成績は50勝55敗でナ・リーグ東地区4位。28日はパイレーツとの4連戦をスイープしました。

ペナントはほぼ絶望で、28日時点でワイルドカード枠も8位。

56勝49敗でカブス、カージナルス、ナショナルズが並んでおり、次が55勝のフィリーズ、その次が56勝を上げながら負け数が51のブルワーズ、54勝のジャイアンツ、53勝のDバックス、そして50勝のメッツ。

このうち中地区の1チームはペナントでWC枠から出るとしてもメッツの上には少なくとも5チームがいるという状況。勝率が5割を超え、今後勝利数の積み増しがあればわずかではありますが、WC枠も残っていると言えば残っています。ただし、難しそうです。

「この強固なローテーションを崩すんですか?」がキーワード

ほとんど無いに等しい2019のポストシーズンにも関わらず、どうしてメッツが買いに走ったか?

色々なソースを見た結果、それはプロスペクトの再注入が目的という結論に達しました。ではなぜ、ストローマンの獲得がプロスペクトの再注入になるのか?

メッツは、今週中にザック・ウィーラー、ノア・シンダーガード、さらにジェイソン・バルガス、あるいはエドウィン・ディアスを出すと思われます。とくにザック・ウィーラー、ノア・シンダーガードの需要は非常に高いです。

要はウィーラーとシンダーガードを資産として良いプロスペクトを引っ張りたいので、小題に書かせていただいている通り、ストローマンを含めたことでさらに価値を高くしたと言えるでしょう。どういうことか?

妄想ネゴシエーション

たぶんGMはスマホで電話しまくっていると思われます。

(他クラブ)「メッツさん、こちら○○です。今年のTDLは遅いね。・(中略)・・ところでシンダーガードなんだけどどう?オーナーからどうしても獲れって言わてるんだよ。どうかな?」

(中略)

(メッツ上層部)「シンダーガードですか。おたくはうちの強固なローテーションを崩すんですか?ストローマンも入りましたし、相当価値が高いローテーションになったんですけど」

(他クラブ)「うちはWS狙いたいんだよ、今年」(ずいぶんもったいぶってやがるな)

(メッツ上層部)「そうですか。そんなに欲しいんですか。だったら先述の通りうちの強固なローテが崩れるリスクをおわかりになられて??まあまあ、そこまで仰るなら、おたくの願いを叶えないでもないですけど。おたくのXXX(トッププロスペクト)ではどうでしょう?」

(他クラブ)「ははは・・・・」

(メッツ上層部)「お返事は早めに。おたくの他に西海岸の下の方と東海岸の下の方、上の方、まあいろんなところからお話をいただいているので、思っていらっしゃるより早く決まるかもしれませんから、早めにお願いします。あ、キャッチ入った、ちょっと待って。東海岸の上からだわ。ではすぐにでも返事くださいね。」

流れ的にはこんなところでしょうか。

ストローマンが入るとローテーションの価値がさらに上がる→それを崩すんだからとっておきのプロスペクトをちょうだいというネゴに持っていくための獲得であると思います。

これで7月のトレードデッドラインで仮に良い話が来なくてもオフに似たような交渉ができるという腹づもりもあると思います。

会話はあくまで筆者の妄想です。

なお2018年オフのブロックバスタートレードでメッツから2人のプロスペクトが出て行っております。

マーカス・ストローマンとは

Marcus Stroman Stats | Baseball-Reference.com
Career: 51-47, 3.76 ERA, 695 SO, P, AllStar, GG, BlueJays/Mets 2014-2019, t:R, born in NY 1991, Stro-Show

メッツへ移籍するマーカス・ストローマンですが、ニューヨーク生まれの28才。2012年ブルージェイズ1巡目です。

通算47勝45敗、ERA 3.76、2017年は13勝9敗でサイヤング賞得票8位。ゴールドグラブ賞を受賞しました。2016年、17年は200イニング超え。

運動神経バツグンのストローマンですが、身長は170cmしかありません。もうバネの塊なんでしょうね。右投手でこのサイズは本当に信じられませんね。

ファストボールは93マイルほど。ただしまもとなまっすぐはありません。シンカー、スライダー、チェンジアップ、カーブ、カットボールと非常に多彩で打者にまとを絞らせない投球です。配球はシンカーとカットボールを合わせたくらいの球数とスライダーの球数が一致するような割合です。たまに使うカーブ、チェンジアップで翻弄させるスタイルです。

ブルージェイズへ移籍する2人のプロスペクト

アンソニー・ケイ

アンソニー・ケイ(Anthony Kay )は、2016年メッツ1巡目の左腕。2019年はトリプルA所属。 ファストボールは96マイルほど。パワフルな左腕です。

シメオン・ウッズ・リチャードソン

シメオン・ウッズ・リチャードソン(Simeon Woods Richardson)は2018年メッツ2巡目指名。2019年はクラスAアドバンストに所属。 もうすぐ19才になる選手で、ファストボールは94ほどですが、まだ伸びしろたっぷりではないかと思います。

まずは2019年トレードデッドラインの大きなパズルの1つが決まったというところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【2021ALCS_G5】レッドソックス、F・バルデスの前に沈黙!アストロズはWSへ王手
【2021ALCS_G4】レッドソックス、接戦を落とす!アストロズ、終盤に大量点
【2021NLCS_G3】ベリンジャーが8回に同点3ラン!ドジャース生き返る
【2021ALCS_G3】今度はシュワーバーがグランドスラム!レッドソックス、地元で完勝!
【2021NLCS_G2】今度はロザリオがサヨナラ安打!ブレーブスが連勝
【2021 NLCS_G1】ブレーブス、ライリーのサヨナラヒットで初戦をゲット
【2021ALCS_G2】J.D.とデバースがグランドスラム!レッドソックスが大量リードを守りきり、勝利。
【2021ALCS_G1】キケが大活躍するも、アストロズが逆転で初戦に勝利
【2021 NLDS_G5】ドジャース、しびれるゲームを制し、NLCSへ
【Pre 2021ALCS】ランス・マッカラーズ・Jr.がALCSでの登板を回避する可能性!(追記)
【2021NLDS_G5先発】ドジャースがサプライズ!決戦の先発マウンドにコーリー・クネイブル!
【2021NLDS_G4】ドジャースがウィル・スミスのHRなどで勝利!
【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出
【2021ALDS_G4】アストロズ、完勝で5年連続のALCSへ
【2021NLDS_G3】ジャイアンツ、ロンゴリアの一発のみでシャーザー相手に勝利
【2021NLDS_G3】タイム・プレーも出たゲーム!ブレーブスがシャットアウト勝利で2勝目
【2021ALDS_G4】レッドソックス、粘るレイズを退けALCSへ
【2021ALDS_G3】ホワイトソックス、劣勢を跳ね返し12得点で1勝目
【2021ALDS_G3】レッドソックス、バスケスのサヨナラHRで延長13回の死闘に決着
【2021NLDS_G2】ドジャース、中盤に一気に勝ち越し!ウリアス先発ゲームで勝利
タイトルとURLをコピーしました