スポンサーリンク

【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意

最後の砦が長期で残る!

 現地2023年1月4日、フェンウェイ界隈で久々に快事が起こりました。

 レッドソックスが生え抜きのスーパー・スターであるラファエル・デバース(Rafael Devers )と長期で延長合意に至りました。

 レッドソックスは2020年2月にムーキー・ベッツをトレードで失い、今オフには残留を希望していたザンダー・ボガーツに有効な契約を提示できずにFAでパドレスへ流出。生え抜きの優秀な選手が次々と他クラブへ移籍してきました。

 また、2018年のワールドシリーズ・チャンプに大きく貢献した選手たちも流出。右腕のネイサン・イオバルディーはFAでレンジャーズへ、打撃陣のヒッティング・グル(=コーチ)的な役割も担っていたJ.D.マルチネスもFAでドジャースと契約。ただ、この2人は数字の面で言えば、ここ数年は「下降していた」と言わざるを得ません。それ以外のクラブに与えた良い影響は計り知れないのですが。

 さらに言えば、2021年2月には一時的な不調であったアンドリュー・ベニンテンディーをロイヤルズへトレード。このトレードは大失敗でしたね。

 もはや最後の砦ともいうべき存在となったラファエル・デバースでしたが、契約延長の交渉は難航を極め、「このままラフィーもFAで他クラブへ移籍する・・・」と多くのファンは来たるべき未来にショックを受けないように事前にネガティブな防御線を張っていたほど。

調停ファイナルイヤーでの契約合意が潮目に

 ところが、潮目が変わる出来事が起こりました。

 現地2023年1月3日に、レッドソックスがラファエル・デバースと調停を避けて1年/$17.5M(2023)で合意。

 デバースは調停ステータスなので、2023年もレッドソックスのコントロール下にあり、とにかくサラリーを決めなければなりません。ここで一旦、デバースから”YES”を勝ち取ったレッドソックスは、このまま長期で2023年の契約も上書きする芽が出てきたのです。ちょうど、エンゼルスがマイク・トラウトとのモンスター契約を成立させた時のように。

 もっとも、トラウトの場合は、延長契約をさらに延長で上書きした内容ではあったのですが、方式としてはこれと同じ。

 これは「長期で合意になる可能性大」となった翌日、今回の延長合意に至りました。

契約内容

 合意となった内容はご覧の通り。詳細が出たら、更新します。

 正確に言うと、延長は10年で、延長のスタートは2024シーズンからになりますが、2023年の調停を避けてサインした1年/$17.5Mを上書いた上での11年ということになります。

  • 11 年/$331M (2023-33)
    • 調停を避けてサインした1 年/$17.5M(2023)を上書き
    • サイニング・ボーナス:$20M
    • オプトアウト無し

36才のシーズンまで

 1996年10月24日生まれのデバースは2023年のレギュラーシーズン中は26才。2033年までということは、36才までのシーズンということに。2033年はレギュラー・シーズン中は36才で、ポストシーズンに入って誕生日を迎え、ワールドシリーズに入る頃には37才になっているというシーズンです。

レッドソックス史上最大の契約へ

 今回のラファエル・デバースの延長契約はレッドソックス史上最大のモンスター・ディールになります。そして、契約金額の大きさで言ってもMLB歴代トップ6に。ブライス・ハーパーのメガディールを上回りました。

メガディール一覧

 もはやTOP10は$300M超えというメガディール一覧です。

1. マイク・トラウト(LAA): 12年/ $426.5M (2019-30)
2. ムーキー・ベッツ(LAD): 12年/ $365M (2021-32)
3. アーロン・ジャッジ(NYY): 9年/$360M (2023-31)
4. フランシスコ・リンドーア(NYM): 10年/$341M (2022-31)
5. フェルナンド・タティス・Jr.(SDP): 14年/ $340M (2021-34)
6. ラファエル・デバース(BOS):11年/$331M (2023-33)
7. ブライス・ハーパー(PHI):13年/$330M (2019-31)
8. ジャンカルロ・スタントン(MIA-NYY): 13年/$325M (2015-27)
9. コーリー・シーガー(TEX):10年/ $325M (2022-31)
10. ゲリット・コール(NYY):9年/$324M (2020-28)

破壊力抜群のスイングでプレッシャーを 

 レッドソックスは昨シーズン78勝84敗で、一時は優勝争いをし、6月は20勝6敗でプレーオフ圏内でしたが、7月は8勝19敗で巻き返せず。

 デバースは202シーズン、7月下旬にハムストリングを痛めるまで87試合で打率.324、OBP.379、SLG .602、二塁打29 、HR 22本塁打と驚異的な数字マークし、一時はMVP級の活躍を見せました。8月2日に復帰したものの、残り試合は打率.248、OBP .325、SLG.384にとどまりました。怪我と目標を失ったことの影響による不発だったと思われます。

 ALイーストはオリオールズも再建がぼぼ終わって完成へと向かう途中で非常に厳しい戦いが予想されます。レッドソックスが再びコンテンダーとなるにはデバースの力は必須。あの破壊力抜群のスイングで相手投手にプレッシャーを与え続けて欲しいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました