スポンサーリンク

【MLBサイン・スティーリング・スキャンダル】レッドソックス、アレックス・コーラ監督を解雇へ

調査終了前に早めにけじめ

 アストロズのサイン・スティーリング・スキャンダルが一つの結論を見せた中、2018年のレッドソックスのレギュラー・シーズン中のサイン・スティーリング疑惑の解明はまだ調査中の段階ではありますが、現地2020年1月14日、レッドソックスもコミッショナーの公式声明の発表を受け、処分を下しました。

アレックス・コーラ監督を解雇へ

 レッドソックスはアレックス・コーラ監督との決別を決定。解雇処分としました。最高幹部である主オーナーのジョン・ヘンリー氏、取締役会長という地位といえるチェアマンのトム・ワーナー氏、CEOのサム・ケネディー氏、そしてアレックス・コーラ監督が膝を交えて話し合った結果、世界一への貢献を惜しみつつもけじめをつける意味でコーラ監督の解雇という結論になりました。

コーラ「迷惑をかけられない」 

 自身も選手時代にレッドソックスに4年間在籍(2005年途中から2008年まで)していたコーラ監督は、上記クラブ側の声明にレッドソックスへの感謝の意を示しつつ、クラブがこれから前を向くために話し合いの上、クラブを後にするというコメントも載せられています。

 192-132 :勝率.593  

 アレックス・コーラ監督のレッドソックスでの2018-19シーズンの2年間の成績は192勝132敗、勝率.593。監督して5割後半の勝率というのは非常に高い数字です。

 もっとも、それが本当に監督としての全ての手腕だったのか?という疑問がつきまとう形となったのが、スキャンダルです。

調査終了でもよかったとは思うが 

 冒頭でも書きました通り、レッドソックスへの調査はまだ進行中です。その前に監督を辞めさせてしまったのは、強引な幕引きを想像させてしまうので、できれば調査終了後をもって決めて欲しかったとは思います。しかし、年が明け、1ヶ月後にはバッテリー組のスプリングトレーニングのワークアウトがスタートする時期となり、編成の意味ではもう後がないということから、レッドソックスは調査に全面協力という意味でもこの決断に至ったと思います。

疑惑

 アレックス・コーラの疑惑を整理すると、以下になります。

  • 2017: アストロズのベンチコーチ時代に、ビデオルームをサイン解読のために使ったことへの関与
  • 2017: センターカメラでサインを解読→ゴミ箱を叩いて打者に通知したことへの関与
  • 2018: リプレー・ルームの不正使用の関与

 これらが上げられます。なお、2017年のアップル・ウォッチによるサイン盗み疑惑はジョン・ファレル時代のことです。

 追記します。なお、MLBの調査の結論ではアレックス・コーラはどの疑惑に対しても重要なスキームに関与していなかったと結論付けられています。

集中した監督だっただけに・・・

 コーラのベンチワークは1球1球に集中していてとても熱心だっただけに今回のスキャンダルで渦中であったことは大変残念です。思いがあまって超えてはいけない線を超えたかとは思います。

 今後、指導者としてのキャリアがどうなるか、非常にもったいないことです。

ブルームさん、監督探しへ

 ムーキー・ベッツと調停を避け$27Mでサインしたレッドソックスですが、まだ$208Mの贅沢税の基準額を超えたまま。$30Mクラスの削減を決断するしかなさそうですが、額が額だけになかなかマッチングに苦労しているようです。

 デービッド・プライス、ジャッキー・ブラッドリー・Jr.、ネイサン・イオバルディーの名前も上がる中、シェーン・ブルーム新オフィサーはさらに新監督探しにも着手せざるを得なくなりました。彼ならなんとかうまくやりきるでしょう。なんと言ってもギリシャ哲学を学んできた人ですから、知恵が授けられるでしょう。

 どんな人事を見せるのか、注目です。ここでレイズからまた引き抜きがあったら、かわいそうすぎますね。

調査結果は後日

 なお今回はクラブ側が先行して処分を発表したということなので、後日調査結果が明らかになった時点でMLBオフィスからなんらかのペナルティーが課せられます。

ベルトランも何らかの処分に

 関与の度合い次第かと思いますが、現時点でお咎めなしのカルロス・ベルトランに対してもなんらかの圧はかかりそうです。罰金なのか、新しい船出がサスペンションになるのか? お咎めなしなら、ベルトランは癖を見抜くことだけをしていたんだという明確なコメントもほしいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました