スポンサーリンク

【MLB2021FA】ヤンキース、サイヤング賞2度受賞のコーリー・クルーバーの獲得にも成功

NO.2ローテーションを獲得

 現地2021年1月15日のヤンキースの動きは激しかったですね!現地時間午前7時過ぎにD.J.ルメイヒューとの合意報道が出て、その数10分後に今度はローテーション右腕のコーリー・クルーバー( Corey Kluber)獲得の報が続けざまに入ってきました。

 察するに、徹夜で交渉していたと思われます。ご苦労様です。

 D.J. ルメイヒューの報と同じようにこちらもまだオフィシャルではありません。

契約内容

 ヤンキースとコーリー・クルーバーの契約内容は1年/$11M(2021)。単年です。オプションなどの詳細は後日判明後にアップデートします。

K・クルーバーはTEXからオプションを行使されず

 現地2019年12月15日にインディアンスからレンジャーズにトレードとなったコーリー・クルーバー。この時は、インディアンスが2020年の$17.5Mのクラブ・オプションを行使した後のトレードでしたから、コーリー・クルーバーの2020年のサラリーは$17.5M。

 なお、もともとの2019年と2020年のサラリーは、2019年がは$13M、2020年が$13.5M、2021年のクラブオプションは$14Mでした。

 ただ、2015年から2019年にサイヤング賞を獲得すれば、ベースサラリーが$4Mアップという条件を入れていて、実際、2017年に2度めのサイヤング賞を受賞したので、2019年は$17M、2020年は$17.5M、2021年のオプションは$18Mとなっていました。

 しかし、レンジャーズはオプションを行使しなかったため、今オフはFAとなっていました。

 よって、今回の$11Mディール成立はこのクラスの投手としては思いの他、やすかったとも言えるでしょう。

2019年、カムバッカーで利き腕骨折

  安くなった理由の一つとして、2019年の怪我の要素があります。

 現地2019年5月1日のマーリンズ戦(インターリーグ)、5回にブライアン・アンダーソンの打球が右腕に直撃。90.6mphの4シームに対して、Exit Velocityが102mphの打球でした。

 これにより、コーリー・クルーバーは尺骨を骨折。2019年はシーズンエンドとなってしまいました。

 直近2シーズンで8試合しか登板していなかったというのが減額の大きな要因となり得たと見て良さそうです。

治ったのか?

 ヤンキースとのディール決定前、各クラブの編成にとって最大の関心事はコーリー・クルーバーの右腕は大丈夫なのか?ということでした。

 コーリー・クルーバーは、2020年7月26日のオープニングシリーズで復帰を果たしたものの、1イニングのみで降板。結局、2020シーズンはこれで終了。骨折は完治したとは思うが、その前と比較してどうなのか?というのがわからずじまいでした。

 それを払拭するべく、コーリー・クルーバー側はいわゆるショーケースを実施。スカウトを集めてゲームに近い形で登板を見せたのでした。これはつい最近、行われたのですが、ベロシティーは落ちていたものの、上場の出来だったようです。

 なお、ヤンキースが単年、$11Mで獲得できたということは他のクラブのオファーはかなり安かったということでしょう。

NYY、プロスペクトも入れるとローテ完成

 さて、ヤンキースですが、現時点でご覧のメンバーがローテーション候補です。

  1. ゲリット・コール
  2. コーリー・クルーバー
  3. ジョーダン・モンゴメリー(L)
  4. ドミンゴ・ヘルマン
  5. デイビ・ガルシア
  6. ルイス・セベリーノ:2019年にTJ手術を実施。2021年途中で復帰予定
  7. ジョーリス・チャシーン
  8. クラーク・シュミッド
  9. マイケル・キング

 このまま行けば、田中投手へのオファーの可能性は小さくなったと言わざるを得ません。

コーリー・クルーバーのキャリア

 コーリー・クルーバーは4月10日が誕生日で、2021シーズンは35才のシーズンを迎えます。

  • オールスター:3度出場(2016-2018)
  • サイヤング賞:2度 (2014 & 2017)
  • AL ERA タイトル:1度 (2017)
  • AL最多勝タイトル:2度 (2014 & 2017)
  • AL 勝率タイトル:1度 (2017)
  • AL イニング数1位:1度 (2018)
  • AL 完投数タイトル:3度 (2015, 2017 & 2018)
  • AL 完封数タイトル:3度(2016-2018)
  • 15勝以上: 4シーズン (2014 & 2016-2018)
  • 20勝: 1度 (2018)
  • 200 IPシーズン: 5シーズン (2014-2018)
  • 200 SO: 5シーズン (2014-2018)
  • 通算98勝58敗、ERA 3.16、HR9 0.9、BB9 2.0、SO9 9.8、IP平均 222

調子が上がればもう手がつけられない状態となるコーリー・クルーバー。

今季こそ真の復帰ということになりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました