スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに

レッズの動き

 このオフシーズンに派手な動きがなかったレッズが2022年年末に興味深い動きを見せたので記しておきたいと思います。

 2022シーズンは62勝100敗で勝率.383に終わったレッズは、パイレーツと並んで地区4位に終わりました。なお、NLセントラルは4位が2クラブでフィニッシュとなり、5位はなしということになっています。もし、プレーオフの順位決めのように直接対決の勝率が順位に影響するなら、パイレーツが12勝7敗で勝ち越していますので上に来ます。ただ、MLBはプレーオフ以外は順位に無頓着なところがあり、単に勝率だけで順位を決めているようで、同率4位ということになっています。

 レッズのディールですが、まずはウィル・マイヤーズ(Wil Myers )のディールについて。

ウィル・マイヤーズと1年契約

 レッズとウィル・マイヤーズとの契約はご覧の通り。

  • 1 年/$7.5M (2023) + 2024 $12M ミューチュアルオプション($1.5Mバイアウト)
    • パフォーマンス・ボーナス
      • $0.1M/250PA、$0.2M/300PA〜600PAまでの間で50PAごとに
    • アウォード・ボーナス
      • $0.25M/MVP ($0.2M/MVP 2位、$0.15M/MVP3位、$0.1M/MVP 4位、$0.05M/MVP5位)
      • $0.15M/WS MVP、$0.1M/LCS MVP、$0.05M/SL or GG
    • トレードで$0.5M

前の契約

 ちなみに前の契約は6年/$83M (2017-22)+ 2023 $20MクラブOpt($1M バイアウト)で、支払いは$2M(2017-18)、$3M(2019)、$20M(2020-2022)。パドレスは2023年の$20Mのクラブオプションを拒否したため、今回FAとなっていました。

2013年ROY 

 ウィル・マイヤーズは2013シーズンのAL ROY受賞者。1990年12月10日生まれで、32才になったばかり。もともとは2009年のロイヤルズの3巡目指名。高校卒です。

 デビュー1年前の2012年12月にロイヤルズがとウェイド・デービスとジェームズ・シールズを獲得したトレードで、ジェイク・オドリッジらとともにレイズへ移籍。

 2013年6月18日のレッドソックス戦にデビューし、このシーズンは88試合に出場し、335-98、打率.293、OBP .354、SLG .478、HR 13、RBI 53でROYを受賞。

 2014年12月にレイズ、パドレス、ナショナルズ間で成立した3チームトレードでパドレスに移籍。このトレードでパドレスはトレイ・ターナーをナショナルズに送っております。

 パドレスでは8シーズンを過ごし、打率.254、OBP .330、SLG .451、HR 134、RBI 433、OPS+は112。

 2021年は146試合に出場するも、2022年は77試合の出場にとどまっており、隔年で出場試合数が半減する傾向が続きました。

 パドレスがオプションを拒否し、今回の契約もオプションがついているとは言え、単年で終わったのは、怪我が多いからとも言えるでしょう。

カート・カサーリとのディール

 レッズは2022年12月23日に、マリナーズからFAとなったベテラン捕手のカート・カサリ(Curt Casali t)ともディールを成立させております。

契約内容

 契約は、以下の通りです。

  • 1年/$3.25M (2023) + 2024 $4M ミューチュアル・オプション($0.75Mバイアウト)
    • アウォード・ボーナス:$0.25M/ ASG、GG、SS
  • トレードで$0.25 M

復帰

 カート・カサリは、1988年11月9日生まれの34才。ドラフトは2011年のタイガースの10巡目指名。2013年3月にトレードでレイズへ移籍。メジャー・デビューを果たしたのは、2014年で25才の時。レイズには2014年から2017年まで在籍。2016年にはキャリア・ハイの84試合に出場するも、打率は.186。

 2017年11月にFAとなり、オフの間にエンゼルス、レンジャーズほか複数のクラブのトランザクションに巻き込まれつつ、2018年から2020年までレッズでプレー。今回は復帰ということになります。

 2021年1月にFAとしてジャイアンツとサイン。2022年終了後にFAとなり、今回のディールに至りました。

 2022年、レッズはタイラー・スティーブンソンをメイン捕手として起用。今回のカート・カサリの獲得は、バックストップとしての獲得です。

レッズ、マイク・ムスターカスをDFAに

 今回のカート・カサリの獲得で、レッズはロスターのスペースを空けるために、マイク・ムスターカスをDFAとしました。

 マイク・ムスターカスは2019年オフに4年/$64M (2020-23) + 2024 $20Mクラブオプションでサイン。バイアウトは$4M。

 マイク・ムスターカスは2015年、ロイヤルズのワールドシリーズ・チャンプに貢献。さらに、2018年、2019年のブルワーズのポストシーズン進出にも貢献しました。

 しかし、2021年は62試合、2022年も78試合とここ2年は不本意なシーズンが続いていました。

 レッズはなかなか思い切りましたね。

 今回の編成がシーズンにどのような影響を与えるのか?その結果が興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました