スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに

レッズの動き

 このオフシーズンに派手な動きがなかったレッズが2022年年末に興味深い動きを見せたので記しておきたいと思います。

 2022シーズンは62勝100敗で勝率.383に終わったレッズは、パイレーツと並んで地区4位に終わりました。なお、NLセントラルは4位が2クラブでフィニッシュとなり、5位はなしということになっています。もし、プレーオフの順位決めのように直接対決の勝率が順位に影響するなら、パイレーツが12勝7敗で勝ち越していますので上に来ます。ただ、MLBはプレーオフ以外は順位に無頓着なところがあり、単に勝率だけで順位を決めているようで、同率4位ということになっています。

 レッズのディールですが、まずはウィル・マイヤーズ(Wil Myers )のディールについて。

ウィル・マイヤーズと1年契約

 レッズとウィル・マイヤーズとの契約はご覧の通り。

  • 1 年/$7.5M (2023) + 2024 $12M ミューチュアルオプション($1.5Mバイアウト)
    • パフォーマンス・ボーナス
      • $0.1M/250PA、$0.2M/300PA〜600PAまでの間で50PAごとに
    • アウォード・ボーナス
      • $0.25M/MVP ($0.2M/MVP 2位、$0.15M/MVP3位、$0.1M/MVP 4位、$0.05M/MVP5位)
      • $0.15M/WS MVP、$0.1M/LCS MVP、$0.05M/SL or GG
    • トレードで$0.5M

前の契約

 ちなみに前の契約は6年/$83M (2017-22)+ 2023 $20MクラブOpt($1M バイアウト)で、支払いは$2M(2017-18)、$3M(2019)、$20M(2020-2022)。パドレスは2023年の$20Mのクラブオプションを拒否したため、今回FAとなっていました。

2013年ROY 

 ウィル・マイヤーズは2013シーズンのAL ROY受賞者。1990年12月10日生まれで、32才になったばかり。もともとは2009年のロイヤルズの3巡目指名。高校卒です。

 デビュー1年前の2012年12月にロイヤルズがとウェイド・デービスとジェームズ・シールズを獲得したトレードで、ジェイク・オドリッジらとともにレイズへ移籍。

 2013年6月18日のレッドソックス戦にデビューし、このシーズンは88試合に出場し、335-98、打率.293、OBP .354、SLG .478、HR 13、RBI 53でROYを受賞。

 2014年12月にレイズ、パドレス、ナショナルズ間で成立した3チームトレードでパドレスに移籍。このトレードでパドレスはトレイ・ターナーをナショナルズに送っております。

 パドレスでは8シーズンを過ごし、打率.254、OBP .330、SLG .451、HR 134、RBI 433、OPS+は112。

 2021年は146試合に出場するも、2022年は77試合の出場にとどまっており、隔年で出場試合数が半減する傾向が続きました。

 パドレスがオプションを拒否し、今回の契約もオプションがついているとは言え、単年で終わったのは、怪我が多いからとも言えるでしょう。

カート・カサーリとのディール

 レッズは2022年12月23日に、マリナーズからFAとなったベテラン捕手のカート・カサリ(Curt Casali t)ともディールを成立させております。

契約内容

 契約は、以下の通りです。

  • 1年/$3.25M (2023) + 2024 $4M ミューチュアル・オプション($0.75Mバイアウト)
    • アウォード・ボーナス:$0.25M/ ASG、GG、SS
  • トレードで$0.25 M

復帰

 カート・カサリは、1988年11月9日生まれの34才。ドラフトは2011年のタイガースの10巡目指名。2013年3月にトレードでレイズへ移籍。メジャー・デビューを果たしたのは、2014年で25才の時。レイズには2014年から2017年まで在籍。2016年にはキャリア・ハイの84試合に出場するも、打率は.186。

 2017年11月にFAとなり、オフの間にエンゼルス、レンジャーズほか複数のクラブのトランザクションに巻き込まれつつ、2018年から2020年までレッズでプレー。今回は復帰ということになります。

 2021年1月にFAとしてジャイアンツとサイン。2022年終了後にFAとなり、今回のディールに至りました。

 2022年、レッズはタイラー・スティーブンソンをメイン捕手として起用。今回のカート・カサリの獲得は、バックストップとしての獲得です。

レッズ、マイク・ムスターカスをDFAに

 今回のカート・カサリの獲得で、レッズはロスターのスペースを空けるために、マイク・ムスターカスをDFAとしました。

 マイク・ムスターカスは2019年オフに4年/$64M (2020-23) + 2024 $20Mクラブオプションでサイン。バイアウトは$4M。

 マイク・ムスターカスは2015年、ロイヤルズのワールドシリーズ・チャンプに貢献。さらに、2018年、2019年のブルワーズのポストシーズン進出にも貢献しました。

 しかし、2021年は62試合、2022年も78試合とここ2年は不本意なシーズンが続いていました。

 レッズはなかなか思い切りましたね。

 今回の編成がシーズンにどのような影響を与えるのか?その結果が興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました