スポンサーリンク

【MLB2023】マイケル・コペック、シーズン初登板は1イニング4HRを含む7失点で敗戦

CWS、ホーム開幕戦を白星で飾れず

 現地2023年4月3日、シカゴ・ホワイトソックスは、ジャイアンツを迎えてのホーム開幕戦です。

 シーズン・オープニングは前年のワールドシリーズ・チャンプのアストロズとヒューストンで4連戦。クローザーのリアム・ヘンドリクスがILで開幕を迎えて苦戦が予想される中、2勝2敗のタイでシリーズを終え、いずれも好ゲームを展開。シーズンに大きな期待をもたらす戦いぶりを披露しました。

コペック、計5HRを浴びる

 そんな中、ホワイトソックスの先発はマイケル・コペック。ディラン・シーズ→ランス・リン→ルーカス・ジオリト→マイク・クレビンジャーに次ぐローテーションNO.5スポットとして登板しました。

 4月30日の誕生日で27才となる豪腕は、今季でメジャー4シーズン目。人とは違う特別なエンジンを積んでいるマイケル・コペックですが、これまではトミー・ジョン手術など怪我が続き、大きな結果が出ていません。勝利数のキャリアハイは2022年シーズンの5勝。

 今季こそ大いなる飛躍と行きたいところでしたが、打たれてしまいました。

いずれも甘いボールを痛打される

 こちらは対戦相手のジャイアンツのスターティング・メンバー。

 ヤンキースとの開幕戦となったジャイアンツは、3試合で1勝2敗と負け越し。しかも2敗はいずれもシャットアウト負け。打線はまだ目覚めていない状況でしたが、コペックが揺り起こしてしまいました。

 初回を三者凡退に斬って取ったコペックは4シームが95-96mphというところ。まあまあの立ち上がりでしたが、2回表に失点。

 ジャイアンツのイニングの先頭はジョク・ピダーソンで、コペックは97mph前後とギアを上げて対戦。ところが、7球目の4シームがほぼ真ん中に入ってしまい、これをピダーソンに右中間スタンドに運ばれ、まずHR1本目。完璧なスイングをされるほど甘いコースに投じてしまいました。このイニングはさらに2つの四球とロベルト・ペレスのタイムリーの1点も加わり計2失点。

 3イニング目に入り、スライダーを多めに交えるようになったコペックですが、やはりピリッとせず、タイロ・エストラーダのシングルとマイク・ヤストレムスキーの二塁打で3失点目。

1イニング4被弾

 4回表は三者凡退に抑えたものの、問題の5回表。コペックは1アウトからまず、今季2年ぶりにMLBでプレーすることとなった元メッツのマイケル・コンフォートに1発。本来なら空振りをとるはずの高めの4シームが93.5mphでこれを右中間スタンドに運ばれました。

 つづくタイロ・エストラーダにはスライダーが甘く入ってLFスタンドに放り込まれ、このイニング2本目。2アウトを奪った後、マイク・ヤストレムスキーに投じたカーブも甘く入り、RFスタンドに放り込まれました。このイニング3本目。

 そしてデービッド・ビヤーには95.1mphのインハイの4シームをLFスタンドに放り込まれ、このイニング、計4発目。

 つづくブランドン・クロフォードに四球を与えたところでホワイトソックス・ベンチもさすがにギブアップ。投手交代で、ジェイク・ディークマンをマウンドに上げました。

 マイケル・コペックは、4.2イニングで91球を投げ、被安打8、失点7、自責点7、BB3、SO5,HR5というシーズン・デビューとなりました。

 この日のシカゴの気温は華氏57度で、摂氏13度ほどでしたから、特別寒くもなかったのでプレーするコンディションが特別厳しいものではありませんでした。

意図的なベロシティー・ダウンもコントロールが甘くなっては・・・

 マイケル・コペックは、ルーキー時代105mph投手として注目を浴びました。2018年には100mphを連発。ところが、すぐに肘を傷めてトミー・ジョン手術に。2019年は全休です。

 「さあ、フルシーズンへ!」となった2020年はコロナ・パンデミックで開幕が遅延。さらにコペック自身もオプトアウトしました。2ヶ月強のシーズンでしたが、トミー・ジョン後の大事なシーズンでもあったので、2021シーズンへの布石という意味でも出場してもらいたかったです。

 2021年はほぼブルペンで登板。44試合で先発は4度だけ。69.1イニングで4勝3敗、ERA 3.50。

 2022シーズンは先発に復帰。25スタートで119.1イニングに登板。5勝9敗、ERA 3.54。そして内容のいい登板も多かったです。

 そんなマイケル・コペックの2021年の4シームのアベレージ・ベロシティーは97.3mph。しかし、2022年のそれは94.9mphにダウンしました。これは大幅ダウンです。

 これはおそらく意図してMAXを出さないようにしていると思われ、その目的は怪我の防止。筋肉が強すぎて全力で投げると肩肘が悲鳴を上げるのでしょう。よって緩急を駆使したいわゆる「楽な投球」を意識していると思うのですが、これがうまく行っておらず、コーナーに決まっていません。

 2023シーズンはまだこの日の登板だけですが、4シームの平均ベロシティーは94.4mph。

 次の登板はどう調整してくるのかが見ものです。

SFG、計7HR

 なお、このゲームでジャイアンツはコペックに浴びせた5HRの他に、ホセ・ルイーズにも2HRを浴びせ、計7HRで12得点を奪いました。

MLB Gameday: Giants 12, White Sox 3 Final Score (04/03/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 先発が崩れなければ良いゲームが出来るホワイトソックス。現地2023年4月4日は1日休みで空いていまして、現地5日にGame2が行われます。Game2の先発はディラン・シーズ。ローテーション2周目です。

 お読みたいだき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました