スポンサーリンク

【MLB2022】ランス・リンが右膝手術で4週間以上の離脱が決定!カバーするのはコペックと誰?

ランス・リン、とうとう右膝を手術

 現地2022年4月4日、ホワイソックスの大黒柱で2021シーズン、サイ・ヤング賞のファイナリストにもなったランス・リンが右膝の腱を部分断裂。手術が必要となり、最低でも4週間の離脱が決まりました。

Lance Lynn Stats | Baseball-Reference.com
2021: 11-6, 2.69 ERA, 176 SO,Career: 115-77, 3.48 ERA, 1591 SO, P, 2xAllStar, Cardinals/Rangers/... 2011-2021, t:R, 1x IP Leader, born in IN 1987

 2021シーズンの最中から爆弾のようにランス・リンを悩ましていた右膝がついに悲鳴を上げたというところでしょうか。ただ、完全断裂ではなく、部分断裂で、言い方によっては損傷。不幸中の幸いで、焦らずにじっくり直せば、復帰もそれほど遠くない見込みです。

4週間+チューンナップで1ヶ月以上離脱

 ランス・リンの復帰のタイムテーブルですが、術後にスローイングが出来るまでに4週間が見込まれています。そこから投球を開始し、足の状態を見極めながら仕上げて行き、さらに実践でのチューンナップも含めるとメジャーのマウンドに上がってくるには少なくとも1ヶ月はかかりそうです。

 もしも、膝の回復度合いが芳しくなければ、さらに延びる見通し。二次災害を防止するためにも、ゆとりのあるスケジュールで治してもらう方がよいように思います。

2021年前半は無双状態

 ランス・リンは2021シーズン、11勝6敗をマークし、サイ・ヤング賞の投票で3位に入りました。

 サイ・ヤング賞の数字としては物足りないものですが、前半が圧巻だったのです。ランス・リンは7月25日までに10勝3敗をマーク。この時点ではサイヤング賞当確が出てもいい絶好調ぶりでした。特に、5月に至っては6戦に先発して5勝0敗という無双ぶりを披露。

 しかし、ここで残念になってくるのが、右膝の痛み。今回の手術箇所です。ランス・リンの勢いをもぎ取るのは威力が十分過ぎるほど、彼の足を引っ張ったのでした。

 結局、ランス・リンは8月以降は9試合に先発して、1勝3敗と前半の勢いが完全になくなってしまったのでした。

ERAタイトルはイニング数が足りず

 ランス・リンの2021シーズンのERAは2.69。2021年、ア・リーグのERAのタイトルを獲ったのはロビー・レイ。その数字は2.84です。

 ロビー・レイより数字がよかったのに、どうしてタイトルを獲れなかった?と思いますよね?それはIP(イニング・ピッチド)の数字が関係してくるのです。

ERA

 ERA自体は古い指標でもあります。投手が失点を抑えることを評価する指標。正確に実態を表すこともあれば、そうでないこともあります。

 だいぶ前から叫ばれていることなのですが、ERAのイニング・ピッチドのしきい値を見直す時がもう来ています。投手が先発完投する時代ではありませんからね。

 現時点では投手がERAやWHIPのような率で表すスタッツの争いに参加するには、出場したクラブの試合ごとに少なくとも1イニングを投げる必要があるという昔からの数字があるのです

 もう少しわかりやすく書くと、162試合すべてのゲームで1イニング以上投げないといけないという決まり。要は、ERAのタイトル争いをするには162イニングを投げる必要があるのです。

 2021年、ランス・リンの名前はERAのリーダーに入ったかと思えば、すぐ引っ込むというのを繰り返しました。特に後半戦はそうで、イニング数が足らなくなりました。リンのIPは157.0。

 ERAのタイトルに参加するのに必要なイニング数はシーズン途中であれば、クラブのその時点での試合数と考えればいいと思います。

ホワイソックスのローテーション

 ランス・リンが離脱したことにより、1ヶ月かあるいはそれ以上の期間でホワイソックスは大黒柱がいなくなりました。

【ホワイソックスのローテーション】

  1. ランス・リン(1ヶ月以上サイドラインに)
  2. ルーカス・ジオリト
  3. ディラン・シーズ
  4. マイケル・コペック
  5. ダラス・カイケル

コペックがカバー

 ジオリトから順に繰り上がるのですが、2022年のホワイソックスは豪腕マイケル・コペックに大きな期待がかかりそうです。

 楽しみです。

 それでもあと1人不足しているのですが、そのスポットに元フィリーズのビンス・ベラスケスが入ってくるかもしれません。

 ぜひとも彼には先発枠を勝ち取ってもらいたいと思っています。なぜなら、ピッチャーらしいピッチャーだからです。もっともこれは個人の好みになってしまいます。下記の埋め込みは2016年4月14日のものでだいぶ昔のものです。今はこの時とは違うのは明白ではあるのですが、まだ29才なんです!

 よければ下記の記事もご覧になってください。

 とにかく、ランス・リンの膝が良くなれば良いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました