スポンサーリンク

【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター

力感、フォームの美しさは桁違い

 ちょっとタイミングがずれてしまったのですが、現地2022年6月7日、ドジャース@ホワイトソックス戦でマイケル・コペック(Michael Kopech)が登板。あの強力なドジャース打線を相手に6回1ヒッターの投球を見せてくれました。

マイケル・コペックの記事一覧

ノーラン・ライアンにも似ている

 マイケル・コペックは当ブログでも何度も取り上げていますが、そのフォームの美しさ、肩から伝わる力感、バランスなどメカニック面の素晴らしさもさることながら、放たれるボールの質、速さ、スピンとも桁違いのものを感じます。ノーラン・ライアンの若い頃の投球は筆者もリアルタイムでは見ていませんが、VTRを見る限り、非常に近いものを感じます。体格も似ていて、コペックが190cm、ライアンが188cmです。

ムーキーも封印

 ドジャース戦のコペックですが、6イニング98球でストライクは62、被安打1、BB1、奪三振8という投球内容。

 中でもあたっているムーキー・ベッツを3打数0安打に封印。ムーキーは5月にとりわけ数字を残していて、28試合で114-39、打率.342、OBP .411、SLG .746、OPS 1.157、HR12、二塁打10、RBI 27をマークしておりました。

 リードオフのムーキーに仕事をさせないことでより一層投球が乗って行った感があります。

1ヒッターは今季4度目

 マイケル・コペックはとりわけすごい数字を残している訳ではありません。7日のドジャース戦を終えて、今季10試合に登板し、2勝2敗。55.1イニングで奪三振は51。現地2022年6月8日を終えた時点で勝利数では7勝をマークしている投手がバーランダーをはじめとして7人がおり、奪三振はシェーン・マクラナハンがすでに98をマークしています。

 ERAは1.94をマーク。本人のキャリアベストで進んでいます。ただ、ERAもイニング数が足りずにランキングには入っていないのですが、今のペースでローテーションをこなしていけば、まもなくランクインしてくるはずです。ERAのイニング数は議論が絶えませんね。

 コペックが1ヒット・ピッチングを成し遂げたのは今回を入れて計4度もあります。

Date
(Win/Lose)
OppoIPHitERBBSO
4/16vs TBR5.01125
5/15 (L)vs NYY6.01343
5/22 (W)@ NYY7.01026
6/7 (W)vs LAD6.01018
2022 Kopech’s 1 hitter Log

  いずれも強豪との対戦で成し遂げているところがコペックらしいところ。5月15日と22日のヤンキースとの対戦はローテーションの関係で2連続でヤンキースとの対戦となったのですが、いずれも1ヒッターという凄さ。もっとも、15日のゲームは1ヒッターながら、スコアは1-5になったので負けがついております。なお、このヤンキースとの2連続登板で、30人連続アウトをマークしています。

今季はやや抑え気味

 このまま怪我なくローテーションをこなしていけば、コペックはERAでいい数字を残してくると思います。

 2021年、コペックの4シームのベロシティーは平均で97.3mphもあったのですが、今季はここまで95.3mph。これは下がっているというより意図的に落としていると言っていいでしょう。無理に三振を取りに行かずに、打たせるところは打たせると。

 コペックはスピン量が多いので、被本塁打数も多いのか?と調べたのですが、今のところ、6月1日のトロント戦で打たれた2HRのみとなっています。今季のHR9は0.4。

 コペックにはますます羽ばたいてもらいたいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました