スポンサーリンク

【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター

力感、フォームの美しさは桁違い

 ちょっとタイミングがずれてしまったのですが、現地2022年6月7日、ドジャース@ホワイトソックス戦でマイケル・コペック(Michael Kopech)が登板。あの強力なドジャース打線を相手に6回1ヒッターの投球を見せてくれました。

マイケル・コペックの記事一覧

ノーラン・ライアンにも似ている

 マイケル・コペックは当ブログでも何度も取り上げていますが、そのフォームの美しさ、肩から伝わる力感、バランスなどメカニック面の素晴らしさもさることながら、放たれるボールの質、速さ、スピンとも桁違いのものを感じます。ノーラン・ライアンの若い頃の投球は筆者もリアルタイムでは見ていませんが、VTRを見る限り、非常に近いものを感じます。体格も似ていて、コペックが190cm、ライアンが188cmです。

ムーキーも封印

 ドジャース戦のコペックですが、6イニング98球でストライクは62、被安打1、BB1、奪三振8という投球内容。

 中でもあたっているムーキー・ベッツを3打数0安打に封印。ムーキーは5月にとりわけ数字を残していて、28試合で114-39、打率.342、OBP .411、SLG .746、OPS 1.157、HR12、二塁打10、RBI 27をマークしておりました。

 リードオフのムーキーに仕事をさせないことでより一層投球が乗って行った感があります。

1ヒッターは今季4度目

 マイケル・コペックはとりわけすごい数字を残している訳ではありません。7日のドジャース戦を終えて、今季10試合に登板し、2勝2敗。55.1イニングで奪三振は51。現地2022年6月8日を終えた時点で勝利数では7勝をマークしている投手がバーランダーをはじめとして7人がおり、奪三振はシェーン・マクラナハンがすでに98をマークしています。

 ERAは1.94をマーク。本人のキャリアベストで進んでいます。ただ、ERAもイニング数が足りずにランキングには入っていないのですが、今のペースでローテーションをこなしていけば、まもなくランクインしてくるはずです。ERAのイニング数は議論が絶えませんね。

 コペックが1ヒット・ピッチングを成し遂げたのは今回を入れて計4度もあります。

Date
(Win/Lose)
OppoIPHitERBBSO
4/16vs TBR5.01125
5/15 (L)vs NYY6.01343
5/22 (W)@ NYY7.01026
6/7 (W)vs LAD6.01018
2022 Kopech’s 1 hitter Log

  いずれも強豪との対戦で成し遂げているところがコペックらしいところ。5月15日と22日のヤンキースとの対戦はローテーションの関係で2連続でヤンキースとの対戦となったのですが、いずれも1ヒッターという凄さ。もっとも、15日のゲームは1ヒッターながら、スコアは1-5になったので負けがついております。なお、このヤンキースとの2連続登板で、30人連続アウトをマークしています。

今季はやや抑え気味

 このまま怪我なくローテーションをこなしていけば、コペックはERAでいい数字を残してくると思います。

 2021年、コペックの4シームのベロシティーは平均で97.3mphもあったのですが、今季はここまで95.3mph。これは下がっているというより意図的に落としていると言っていいでしょう。無理に三振を取りに行かずに、打たせるところは打たせると。

 コペックはスピン量が多いので、被本塁打数も多いのか?と調べたのですが、今のところ、6月1日のトロント戦で打たれた2HRのみとなっています。今季のHR9は0.4。

 コペックにはますます羽ばたいてもらいたいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました