スポンサーリンク

【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!

ディラン・シーズ、9回2アウトまでNO-NO

 現地2022年9月3日、ギャランティード・レート・フィールドで行われたツインズ@ホワイトソックス戦にてホワイトソックス先発のディラン・シーズ(Dylan Cease)が9回2アウトまでノーヒット・ノーランの快投。あとアウト1つで記録達成というところでしたが、ア・リーグのバッティング・タイトル・リーダー(打率1位)であるルイス・アラエズにCF前シングル許し、惜しくも記録達成ならず。

 しかし、ディラン・シーズは次打者のカイル・ガーリックを三振に打ち取り、見事に9回、1ヒッター、シャットアウト勝利を達成しました。それにしても惜しかった。

AL奪三振2位のシーズが序盤は打たせて取る投球

 ディラン・シーズと言えば、ゲリット・コールとともにア・リーグ奪三振のタイトルを争うほどの奪三振キング。このゲームが終了しての数字になりますが、1位のゲリット・コールの204に対し、シーズは197個。

 高い奪三振率を誇るシーズですが、この日の序盤にはまったく奪三振がなく、初三振は5回裏の3アウト目でした。それほど、球数も抑え、効率的に投球をしていたことになります。

 ディラン・シーズと言えば、High-90mphの4シームに加えて縦のスライダー、そして打者のタイミングをずらすナックル・カーブが持ち球ですが、この日は特にスライダーが良かったです。

 初めてランナーを許したのは、3回表のジェイク・ケイブへの四球。二人目のランナーも四球で、6回裏2アウトからヒルビアトゥー・セレスティーノ(Gilberto Celestino)に与えた四球でした。この日出した四球は2個のみ。

 そのディラン・シーズのノーヒットノーランを破ったのは、ア・リーグ打率NO.1のルイス・アラエズでした。

2アウトで打率1位のルイス・アラエズと対戦

 通常であれば、ノーヒットノーラン達成には守備のハードルが用意されており、処理が難しい打球がよく飛びます。それを野手陣が防いで記録を継続させるというケースが多いのですが、この日のホワイトソックスの野手陣には、そのような際立った好プレーというものはなく、むしろ、淡々と進んで行きました。

 ただ、野球の神様はやはりハードルを忘れていなかったようで、最後の最後で最高の打者を用意していました。あとアウト1つというところで、ア・リーグ打率1位のルイス・アラエズのターンとなりました。

3球目のスライダーが甘く入る 

 ルイス・アラエズに対して、膝下に沈むスライダーから入ったディラン・シーズ。これはボールに。2球目はインハイへの4シームでストライク。

 その3球目、この日良かったスライダーを選択したのですが、最後の最後に甘く入ってしまい、ほぼ真ん中に投げてしまい、これをCF前に痛打されて惜しくも記録達成ならず。

 この打席だけで言えば、1、2球が非常に厳しいコースだっただけに、3球目の甘いスライダーはアラエズには余計に甘く見えたと思います。惜しかったですね!!

 その後、間を取って気持ちを立て直したシーズはつづくカイル・ガーリックを三振に仕留め、1ヒットシャットアウトが完成。

 この日は9回、103球、被安打1,与四球2、奪三振7という成績でした。

 なお、ホワイトソックス打線は初回にイーロイ・ヒメネスの3ランHRなどで4得点。4回にはロミー・ゴンアレス(2B)のメジャー初HRなどで3点を追加。さらに8回裏には、エルビス・アンドラスにグランドスラムが出るなど6得点。計13得点を奪い、13-1でツインズに快勝しました。

ALセントラルは3クラブで優勝争い

 このゲームを終えてALセントラルの順位はご覧の通り。

【ALセントラル】現地2022年9月3日終了時点

  1. ガーディアンズ:68-63
  2. ツインズ:67-64 (首位とのゲーム差1.0)
  3. ホワイトソックス:67-66(首位とのゲーム差2.0)

 3クラブともあと30試合前後残しており、ホワイトソックスにもまだ十分にチャンスがあります。

 さらに、ワイルドカード争いは以下の通り。

【ワイルドカード】現地2022年9月3日終了時点

  1. レイズ:74-57
  2. マリナーズ:75-58
  3. ブルージェイズ:72-59
  4. オリオールズ:71-61 (3枠目までゲーム差1.5)
  5. ツインズ:67-64 (3枠目までゲーム差5.0)
  6. ホワイトソックス:67-66 (3枠目までゲーム差6.0)
  7. レッドソックス:66-68 (3枠目までゲーム差7.5)

 ワイルドカードはブルージェイズとオリオールズで3枠目を争っており、オリオールズとツインズの間はやや空いています。ツインズとホワイトソックスにすれば優勝争いに参加しつつも、ブルージェイズとオリオールズで星のつぶしあいをしてくれればというところでしょう。やはりポストシーズンに進むには地区優勝を目指すしかないというところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました