スポンサーリンク

【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!

ディラン・シーズ、9回2アウトまでNO-NO

 現地2022年9月3日、ギャランティード・レート・フィールドで行われたツインズ@ホワイトソックス戦にてホワイトソックス先発のディラン・シーズ(Dylan Cease)が9回2アウトまでノーヒット・ノーランの快投。あとアウト1つで記録達成というところでしたが、ア・リーグのバッティング・タイトル・リーダー(打率1位)であるルイス・アラエズにCF前シングル許し、惜しくも記録達成ならず。

 しかし、ディラン・シーズは次打者のカイル・ガーリックを三振に打ち取り、見事に9回、1ヒッター、シャットアウト勝利を達成しました。それにしても惜しかった。

AL奪三振2位のシーズが序盤は打たせて取る投球

 ディラン・シーズと言えば、ゲリット・コールとともにア・リーグ奪三振のタイトルを争うほどの奪三振キング。このゲームが終了しての数字になりますが、1位のゲリット・コールの204に対し、シーズは197個。

 高い奪三振率を誇るシーズですが、この日の序盤にはまったく奪三振がなく、初三振は5回裏の3アウト目でした。それほど、球数も抑え、効率的に投球をしていたことになります。

 ディラン・シーズと言えば、High-90mphの4シームに加えて縦のスライダー、そして打者のタイミングをずらすナックル・カーブが持ち球ですが、この日は特にスライダーが良かったです。

 初めてランナーを許したのは、3回表のジェイク・ケイブへの四球。二人目のランナーも四球で、6回裏2アウトからヒルビアトゥー・セレスティーノ(Gilberto Celestino)に与えた四球でした。この日出した四球は2個のみ。

 そのディラン・シーズのノーヒットノーランを破ったのは、ア・リーグ打率NO.1のルイス・アラエズでした。

2アウトで打率1位のルイス・アラエズと対戦

 通常であれば、ノーヒットノーラン達成には守備のハードルが用意されており、処理が難しい打球がよく飛びます。それを野手陣が防いで記録を継続させるというケースが多いのですが、この日のホワイトソックスの野手陣には、そのような際立った好プレーというものはなく、むしろ、淡々と進んで行きました。

 ただ、野球の神様はやはりハードルを忘れていなかったようで、最後の最後で最高の打者を用意していました。あとアウト1つというところで、ア・リーグ打率1位のルイス・アラエズのターンとなりました。

3球目のスライダーが甘く入る 

 ルイス・アラエズに対して、膝下に沈むスライダーから入ったディラン・シーズ。これはボールに。2球目はインハイへの4シームでストライク。

 その3球目、この日良かったスライダーを選択したのですが、最後の最後に甘く入ってしまい、ほぼ真ん中に投げてしまい、これをCF前に痛打されて惜しくも記録達成ならず。

 この打席だけで言えば、1、2球が非常に厳しいコースだっただけに、3球目の甘いスライダーはアラエズには余計に甘く見えたと思います。惜しかったですね!!

 その後、間を取って気持ちを立て直したシーズはつづくカイル・ガーリックを三振に仕留め、1ヒットシャットアウトが完成。

 この日は9回、103球、被安打1,与四球2、奪三振7という成績でした。

 なお、ホワイトソックス打線は初回にイーロイ・ヒメネスの3ランHRなどで4得点。4回にはロミー・ゴンアレス(2B)のメジャー初HRなどで3点を追加。さらに8回裏には、エルビス・アンドラスにグランドスラムが出るなど6得点。計13得点を奪い、13-1でツインズに快勝しました。

ALセントラルは3クラブで優勝争い

 このゲームを終えてALセントラルの順位はご覧の通り。

【ALセントラル】現地2022年9月3日終了時点

  1. ガーディアンズ:68-63
  2. ツインズ:67-64 (首位とのゲーム差1.0)
  3. ホワイトソックス:67-66(首位とのゲーム差2.0)

 3クラブともあと30試合前後残しており、ホワイトソックスにもまだ十分にチャンスがあります。

 さらに、ワイルドカード争いは以下の通り。

【ワイルドカード】現地2022年9月3日終了時点

  1. レイズ:74-57
  2. マリナーズ:75-58
  3. ブルージェイズ:72-59
  4. オリオールズ:71-61 (3枠目までゲーム差1.5)
  5. ツインズ:67-64 (3枠目までゲーム差5.0)
  6. ホワイトソックス:67-66 (3枠目までゲーム差6.0)
  7. レッドソックス:66-68 (3枠目までゲーム差7.5)

 ワイルドカードはブルージェイズとオリオールズで3枠目を争っており、オリオールズとツインズの間はやや空いています。ツインズとホワイトソックスにすれば優勝争いに参加しつつも、ブルージェイズとオリオールズで星のつぶしあいをしてくれればというところでしょう。やはりポストシーズンに進むには地区優勝を目指すしかないというところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました