スポンサーリンク

【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)

CWSのミステリアスな監督探しが終わる!

 現地2022年11月1日、いったい、誰に決まるのだ?ということで非常にミステリアスな雰囲気をまとっていたホワイトソックスの監督探しが決着したようです。なんと同地区ライバルのロイヤルズのベンチコーチであるペドロ・グリフォル(Pedro Grifol)に決定した模様です。

 クラブ側は今週末にも正式発表する予定で、コーチングスタッフの変更も行われる見込み。投手コーチのイーサン・カッツは留任と見込まれています。

ラルーサの後任

 今回のホワイトソックスの監督探しは名将トニー・ラルーサが2020年10月に就任し、3年契約(2021-2023)ながら、78才という高齢もあり、健康上の理由で任期途中で退任となったことに端を発します。

 監督探しに当たり、ホワイトソックスは、実に多様な面々とインタビューを行いました。ヤンキースのベンチコーチであるカルロス・メンドーサ、現在ワールドシリーズを戦っているアストロズのベンチコーチであるジョー・エスパーダ、さらにかつて2004年から2011年まで同クラブで監督を務め、2005年にワールドシリーズを制覇したオジー・ギーレンなど。おそらく他クラブのベンチコーチの引き抜きで、ジョー・エスパーダに決まるのではないか?との見方の中、元監督のギーレンにインタビューを行ったことにより、混迷を極めたという感じがしておりました。もっとも、混迷と思っていたのは外部の人間だけではありますが。

今回はフロント・オフィスが選任

 たとえば、GMなどが監督候補をあるコンセプトのもとにサーチしている中、最後の最後にオーナーが大鉈を振るって独断で決めてしまうというのはメジャーリーグではよくあります。GMは中間管理職で、なかなかきつい仕事です。

 前回のトニー・ラルーサの決定は、オーナーのジェリー・ラインズドルフがフロント・オフィスの頭越しに直接行ったのではないか?と見られています。この判断過程は明るみに出ません。そして判断が間違っていれば、フロント・オフィスにその災禍が降りかかるという恐ろしく理不尽な世界が繰り広げられるのは世の常。どこの組織でも一緒ですね。

 今回のグリフォルの採用は、おそらくオーナー独断ではなく、直接的にフロント・オフィスからなされた可能性が高いとも言われていますから、しっかりとしたコンセプトの下に選んだと言えるでしょう。なお、ボブ・ナイチンゲールさんの情報ではグリフォルはホワイトソックスのすべての関係者に感銘を与え、選任のプロセスでオーナーのラインズドルフ、エグゼクティブ・バイス・プレジデントのケニー・ ウィリアムズ他、GMのリック・ハーンらから最高の候補として見られていたと伝えています。「四方よし」というくらいに納得の人事のようです。

ペドロ・グリフォルとは?

 新監督に就任したペドロ・グリフォルは1969年11月28日生まれでまもなく53才の誕生日を迎えます。これはケン・グリフィー・Jr.と同い年ですね。

 現役時代は、フロリダ州立大学から1991年にツインズからドラフト6巡目で指名されてプロ入り。ツインズのマイナーで5シーズン、メッツのマイナーで4シーズンを捕手として過ごしています。グリフォルは両クラブでトリプルAまで昇格したものの、メジャーのフィールドに立つことなく、1999シーズンを最後に現役生活を終えました。

 2013年からロイヤルズ傘下に入り、その間、クオリティコントロール・コーチ、キャッチング・コーチ、ベンチ・コーチを歴任。また、マリナーズ傘下では、3シーズンをマイナーリーグの監督として過ごした後、同クラブのマイナーリーグ指導者コーディネーター、そして最終的にはマイナーリーグ運営ディレクターに任命されるなど、幅広い活動を行ってきています。

何度も監督候補に

 グリフォルは、今回の人事でメジャーでは初めての監督業となりますが、以前から将来の監督候補と目されていました。

 今オフにはマーリンズとも面接し、これまでにも2020年にタイガース、2019年にジャイアンツ、2018年にオリオールズとインタビューをしています。グリフォルはジャイアンツが現監督のゲーブ・キャプラーに決まる際にもジャイアンツと2回のインタビューを行い、最終候補に残りました。グリフォルはロイヤルズが2014年から15年にかけてワールドシリーズに連続出場した際、コーチングスタッフとして参加しています。

 ロイヤルズは2019年にオーナーが代わり、長年のロイヤルズで貢献してきたGMロールのデイトン・ムーアを解任。さらに今オフに監督のマイク・マシーニも解任。GMは内部から、新監督はレイズのベンチコーチを採用し、新しい血を入れています。

 ホワイトソックスも新たな血を入れることにより、才能溢れるタレント達が大いに機能することを祈るばかりです。

追記:ベンチ・コーチにC・モントヨ

 追記です。現地2022年11月2日、ホワイトソックスはベンチ・コーチに前のブルージェイズの監督で、その前にレイズでベンチ・コーチを務めていたチャーリー・モントヨを指名しました。

 これでかなり緻密な野球に変わる可能性が出てきましたね。面白そうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました