スポンサーリンク

【MLB2019】ダルビッシュ投手とビューラーがともに7回2ヒッター!リッゾが決勝HR

レベルの高い投げ合い

現地2019年6月15日のカブス@ドジャース戦はダルビッシュ投手とウォーカー・ビューラーがともに7回2ヒッターのピッチングを披露。

レベルの高い投手戦が繰り広げられました。

ダルビッシュ投手が10K

カブスに移籍して以来初めてドジャー・スタジアムのマウンドに立ったダルビッシュ投手。

ブーイングも浴びましたが、それにナイスピッチングで応えました。

チーム打率ナ・リーグ2位のドジャース打線を相手に10奪三振。いつも通り多彩な球種で、ドジャース打線を押さえ込みました。

ファストボールはMAX96.7mph(155.62kmh)を計測。

配球はカットボールが一番多かったようですが、空振りはファストボールの方が多かったのでいかにボールが伸びていたかということですね。

この日の捕手はヴィクター・カラティニ。彼とのコンビがいいみたいですね。

失点は4回裏、先頭のアレックス・ベルドゥーゴのHRによる1点のみでした。

ウォーカー・ビューラーは7回無失点

ドジャース先発のウォーカー・ビューラーは5回を終えてノーヒッター。4回にエラーでランナーを一人出しただけでした。

6回に連打を許したものの、被安打はこの2安打のみ。7回被安打2、無失点、与四球0、奪三振6。

ファストボールのMAXは98.3mph(158.19kmh)を記録。ファストボール系は常時96から97近辺をヒットしていました。

リッゾが決勝2ランHR

ドジャースが1−0でリードしたまま迎えた9回表、カブスはこの回からマウンドに上がったケンリー・ジャンセンからクリス・ブライアントが死球で出塁。初球でした。

そして迎えたアンソニー・リッゾ。

この日のジャンセンはコントロールが今ひとつでした。リッゾに対してもボール先行で0−2となった3球目、カットボールが甘く入ったファーストストライクを強振され、これが逆転となる2ランHRに。

ジャンセンはその後は3人で抑えましたので、交代直後の投球が悔やまれます。

リッゾに打たれたのはほぼ真ん中でした。

カブスは9回裏のマウンドに暫定クローザーのペドロ・ストロップを送りました。ストロップは2アウトからマンシーに四球を許し、ヒヤヒヤさせましたが、マット・ビーティーを三振に仕留め、ゲームセット。

2−1でカブスが逆転勝利を納めたのでした。

Cubs 2, Dodgers 1 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Cubs vs. Dodgers at Dodger Stadium

これでこの4Gameシリーズの結果はカブスの1勝2敗に。カブスは残り1試合、なんとかタイに持ち込みたいですね。

キンブレルの情報

カブスはブルペンのカール・エドワーズ・ジュニアが左胸郭を傷め、10Day IL入り。

いち早いクレイグ・キンブレルの合流が待たれます。

キンブレルはアリゾナでの調整も順調。すぐにトリプルAに上がります。早ければ、これは推測でうまく行った場合の最速のパターンですが、17日から始まる週にもメジャーに上がってくるかもしれません。

カイル・ヘンドリクスのIL入り

ローテーションの重要な一角であるカイル・ヘンドリクスが右肩の炎症で10Day ILに。

今回の好投でダルビッシュ投手にかかる期待は大きくなりそうです。

アドバート・アルゾレイのコールアップ

また、カブスは近々トップ・プロスペクトのアドバート・アルゾレイをデビューさせそうです!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました