スポンサーリンク

【MLB2023】トレバー・バウアーがサスペンション軽減で即座に復職!ただし、復帰の鍵はドジャースの手に(追記あり)

324試合から194試合へ処分軽減

 現地2022年12月22日、MLBは、トレバー・バウアーの出場停止処分が独立した立場の仲裁人のマーティン・F・シャインマン(Martin F. Scheinman)氏によって324試合から194試合に短縮されることになり、バウアーは即座に復職したと発表しました。

 これにより、トレバー・バウアーは、2021年7月2日からリストリクティッド・リストに入っていましたが、すぐに野球に復帰することができます。ただし!2023年にドジャー・スタジアムのマウンドに立っているかどうかは現時点ではまだ決まっていません。

 日数の計算も含めてちょっと複雑ですので、整理しましょう。

バウアーがサスペンションとなった理由

 トレバー・バウアーが性犯罪を理由に出場停止処分を受けたことはご承知の通りです。

 2021年4月から5月にかけて、サンディエゴの女性が彼に乱暴な性行為を強要されたと訴え、その夏の終わりに彼に対して一時的接近禁止令を要求。ここでMLBが調査に入り、バウアーはリストリクティッド・リスト入りとなります。そして、他の2人の女性(いずれもオハイオ州出身)も、ワシントン・ポスト紙の取材に応じ、ほぼ同様の被害を主張。

 これに対し、バウアーは、いかなる性行為も合意の上であったと主張し、不正行為を強く否定。ロサンゼルス高等裁判所の判事も接近禁止命令を却下。また、2022年2月にはロサンゼルス地方検事局が、バウアーを刑事事件として追及しないことを発表しています。

 よってバウアーは法的には刑事事件として起訴されることはなかったものの、目の前に大きく立ちはだかったのが、MLBと選手会が2015年8月に共同で合意した家庭内暴力対策(Major League Baseball’s Joint Domestic Violence, Sexual Assault and Child Abuse Policy)、通称MLBのDVポリシーでした。

 この規定には、MLBコミッショナー(ロブ・マンフレッド氏)は「正当な理由」で選手を処罰する権限を持ち、その決定には法執行機関が要求する有罪/合理的疑いを超える基準を満たす必要はないとあります。つまり、法的に有罪ではなかったとしても、コミッショナー権限で厳しい処分を下すことが出来るというものです。

 これにより、MLBはバウアーをDVポリシー違反として、他の選手が下されたものをはるかに超える長いサスペンション(出場停止処分)に値すると判断。2022年4月29日に324試合のサスペンションを科したのでした。

サスペンションを軽減した人物

 処分軽減を決めたのは、マーティン・シャインマンという人で、MLBとMLB選手会の両方から依頼された独立した仲裁人。シャインマン氏は、MLBの代表と選手会の代表からなる3人のパネルの長を務め、MLBの調査結果を検討。関係者にもインタビューを行っています。インタビューのほとんどは、ビデオ会議で行われ、詳細は公表されていないものの、22日のワシントン・ポストの記事では、少なくとも2人の告発者が証言し、20人以上の証人が呼ばれたということでした。また、同記事によると、主に上述のサンディエゴの女性、オハイオ州の2人の女性の計3人を中心に展開されたとのことで、特にサンディエゴの女性は、3回にわたって証言したという情報も。

仲裁人が決めたこと

 また、仲裁人はバウアーの出場停止を324試合から194試合へ、130試合分短縮させた訳ですが、それでもバウアーはDVポリシー下で過去最長の出場停止に値すると判断しました(これまでの最高はフルシーズンの162試合)。

当初の出場停止処分出場停止処分の軽減
処分決定日2022年4月29日2022年12月22日
処分324試合194試合
処分期間2022年4月29〜
2024年4月28日
2021年7月2〜
2022年
Game
カウント
-2022/4/28まで:18G

-2022/4/29から
: 144G
-2023フル: 162G

-2024: 最初の18G
-2021/7/2〜
: 81G
-2022開幕〜4/28まで
: 18G

-2022/4/29から
: 144G

 2022年4月29日にバウアーのサスペンションはスタートしましたが、今回の194試合のサスペンションであるなら、2023シーズンの最初の50試合(2023年5月23日)までがその期間となります。

 しかし、調停人の判断で、アドミニストレーティブ・リーブ(Administrave Leave=上記表の緑字)が始まった2021年7月2日から訴求することとなりました。その計算で行けば、81試合+18試合+144試合で、バウアーは計243試合に欠場しているのですが、期間的にはバウアーはサスペンションが即座に解除され、復職となりました。

 ただし、DVポリシー違反は重いため、2022年の最初の50試合分のサラリーを減額するということで144試合+50試合の計194試合の処分となったのでした。ちょっと複雑です。

ドジャースの決断

 さて、トレバー・バウアーは即座に復職ということになりましたが、ドジャースは”Major League Rule 2C”に基づき、復職から14日以内にバウアーを40manロースターに入れるかどうかを決めなければなりません。その期限が2023年1月6日。

 ただ、ドジャーズのクラブハウスは、バウアーにとって不利なようです。多くの選手が関係を断つことを希望しているという情報も。

 バウアーが開幕からマウンドに立つのはドジャースの判断次第ということに。

バウアーのサラリーとLADの贅沢税

 3年/$102M(2021-23)でドジャースと契約したバウアーは、2023年は$32Mのサラリーの予定でした。ところが、50試合分の約9.46Mの減額ということで、$22.5Mのサラリーとなります。

 $102M、3年のAAVは$34Mですから、それから$9.46Mを差し引くと、$24.54Mが2023年のバウアーの贅沢税上のサラリーとなります。

 リリースしたとしてもドジャースはこの分は払うことになります。

 なお、ドジャースの現時点の40manの贅沢税上のサラリー総額は、$232.8M。バウアーの分を入れたとしてもです。$233Mの基準値を下回っています。もし基準値を超えたら、3年連続ゆえ、ペナルティーがきつくなります。これから補強はどうするのかは注目したいです。

 バウアーが最後にMLBのマウンドに上がったのは2021年6月28日。2021年は17試合に登板、107.2イニングでERA 2.59、137 SO。COVID-19で短縮となった2020年シーズンは、NLのサイ・ヤング賞を受賞。現在はフェニックス地区の施設でトレーニングを続けており、定期的に投げている動画をアップしています。

追記:LADはバウアーをDFAに

 2023年1月6日、ドジャースが”Major League Rule 2C”に基づき、復職となったトレバー・バウアーを40manロースターに入れるかどうかを決める期限が来ました。そして結論はDFA。

 これにより、ドジャースは上述の通り、バウアーの2023年分のサラリー、$22.5Mを払うことになります($32Mのサラリーが、50試合分の約9.46Mの減額)。

 DFAなので、バウアーはトレードの手続きを経ます。声がけがなければ、FAとなりますが、トレードの声かけがあるかどうかは微妙。もしも、FAとなればバウアーを獲得したクラブは2023年の最低年俸である$0.72Mを支払うだけで良いことに。

 今後の動向に注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました