スポンサーリンク

【MLBニュース2019】菊池投手、粘りの投球でMLB初勝利!プホルズはRBIでベーブ・ルース超え

MLBニュース

初勝利はメジャー6戦目

現地2019年4月20日、マリナーズの菊池投手がメジャー6戦目の登板で記念すべき初勝利を上げました!

Congratulations!

4回、5回に粘りを発揮

マイク・トラウト、アルベルト・プホルズという強烈な二人がいるせいか、この日の菊池投手は非常に苦労していました。

初回、2回は無失点もランナーを一人置く投球。

3回にはランナーを一人置いて、アルベルト・プホルズにタイムリー2塁打を浴びて1失点。

4回には先頭に二塁打を許した影響で犠牲フライで1失点で、タイスコアに持ち込まれます。

5回には長打2本とシングルで2失点。

この日は5回、被安打10、失点4、自責点4、四球2、奪三振3。球数は97。

味方の援護

この日、マリナーズ打線はまたしてもHR攻勢!

初回にミッチ・ハニガー、ダニエル・ボーゲルバックの2本のソロHRで2得点。

4回にはディー・ゴードンの2点タイムリー。

5回にはエドウィン・エンカーナシオンのソロ、7回にはドミンゴ・サンタナのソロHRで、計6得点。

菊池投手は5回降板時に4失点しましたが、5回表のエンカーナシオンのソロHRのおかげで1点勝ち越しており、5−4でリードした段階で降板。

ゲームをひっくり返されなかったので、9回に5点目を奪われましたが、勝利投手となりました。

プホルズがRBIでベーブ・ルース超え

3回に菊池投手から打点を上げたプホルズはキャリア通算1992打点となり、ベーブ・ルースに並びました。

また、9回にこの日2打点目となるソロHRを放って、通算1993打点としたので、ベーブ・ルース超えに。

次は1994打点のルー・ゲーリック、1996打点のバリー・ボンズ超えですね。

なお、ベーブ・ルースのキャリア通算のRBIは2,214ですが、これは1914年からのカウント。公式記録となる1920年からのカウントだと1,992打点です。

とにかく菊池投手、初勝利おめでとうございます!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました