スポンサーリンク

【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!

バントを巡る考え方?

 現地2024年5月26日び日曜日のデーゲームでフェンウェイ・パークで行われたブルワーズ@レッドソックス戦でベンチクリアー案件が発生。レッドソックスのゲームで久しぶりにベンチクリアー案件となっております。

クリス・マーティンとMIL/1Bコーチ

 諍いが起こったのは7回表のブルワーズの攻撃。このイニングからレッドソックスのマウンドにはクリス・マーティンが上がりました。37才のベテラン右腕はいつも厳しい場面での登板でありながら、今季ERA 3.10といい仕事をしています。

 そのクリス・マーティンは先頭の9番CFのブレイク・パーキンスに初球を3塁前セーフティー・バントを決められ出塁を許します。まずここがポイントの1つ目。そしてブルワーズは次打者の1番、ブライス・トゥランには送りバントを命じ、トゥランはこれを1球で決めます。これがポイントの2つ目。

 その後、ブルワーズはウィリアム・コントラレスの1塁への進塁打で2アウトながらランナー3塁の状況を作りますが、つづくクリスチャン・イェリッチは1Bのドミニク・スミスへのゴロに倒れ、1塁カバーに入ったクリス・マーティンが処理し、3アウト。

 そしてクリス・マーティンが1Bダグアウトに向かう際にブルワーズ1Bコーチのクインティン・ベリーと激しく言葉を交わし、これがきっかけで両軍のベンチがクリアーとなる案件が発生しました。ブルペンからの両投手陣の猛ダッシュがまた事を大きくしそうな気配を出していましたが、結果的には言葉でお週しただけで、両軍ともに退場者を出すことはありませんでした。

クリス・マーティンが怒った理由とは?

 試合後、クリス・マーティンはクインティン・ベリーに対して発した言葉として「おそらく、あのイニングに行われたことを、息も絶え絶えに(ベースカバーなどに入ったので)言ったのだろう。それが何だったかは、皆さんの判断にお任せします」と語りました。

 また、クリス・マーティンは試合の一部であることは分かっていても、どうやらバントが気にいらなかったようです。なお、クインティン・ベリーとは何の因縁もないとも。

  結局、クリス・マーティンは4者連続で守備を強いられたような形となり、振り回された、つまりバカにされたというような印象を持ったのかもしれません。

NPB経験者なのに?

 クリス・マーティンはご承知の通り、2016-2017年にNPBの日本ハムに在籍。バントされるのもよくわかっているはずなのですが、この日は他の要素もあり、どうやら感情が顕わになったようです。

 クインティン・ベリーはたまたま近くにいた責任のある立場の人間としてクレームを受けたに過ぎません。とばっちりをを受けたのは受けたのですが、結構、言い返しましたね。ブルワーズは作戦を遂行したに過ぎません。

ハウク、好投もまた勝ちがつかず

 レッドソックスの試合を観ていると阪神の試合を観ているかのような錯覚を覚えるのですが、やはり打線が苦戦しました。4回裏に一時的に打線がつながり、先制点を奪うもそこから追加点が得られず、ついに投手が我慢できずに1失点で同点、そして上記のような1点を取りに行く攻防になったのでした。

 レッドソックス先発のタナー・ハウクはまたもや好投!6回を被安打7、失点1、自責点1、BB 1、SO 7と好投。同点で降板したのでまたもや勝ちがつかず。ただし、ERA 1.90はALではセス・ルーゴに続く2位!素晴らしい投球が続いています。

 スコアは8回裏にセダン・ラファエラの2塁打とジャレン・デュランのシングルでレッドソックスが勝ち越し。2-1で勝利。このシリーズは1勝2敗でした。

MLB Gameday: Brewers 1, Red Sox 2 Final Score (05/26/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

(YOUTUBE)Brewers vs. Red Sox Game Highlights (5/26/24) | MLB Highlights

 お読みいただき、ありがとうございます。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました