スポンサーリンク

【MLBニュース2019】クリスチャン・イェリッチとコディー・ベリンジャーがともに10号HR!白熱のMIL-LAD戦

スポンサーリンク

実力あるチーム同士の内容のあるゲーム

現地2019年4月18日からミラー・パークでドジャース@ブルワーズの2018NLCSの顔合わせが始まっています。

この対戦は1カード挟んでのすぐの対戦で、前回はブルワーズが2勝1敗で勝ち越しました。今回もいい内容の対戦になりそうです。

イェリッチとベリンジャーがともに10号

まず注目シーンですが、ブルワーズのクリスチャン・イェリッチとドジャースのコディー・ベリンジャーの好調の2人がともに10号HRを放っています。

Z・デイビーズとJ・ユーリアスがナイスピッチング

打の2人がともに活躍したこのゲームですが、よかったのは両先発です。

ブルワーズのか細い右腕、ザック・デイビーズが5回を被安打3の無失点。ファストボールは90マイル届くかどうかですが、スピンのかかったいいボールでした。

ドジャースを相手に打たせて取る投球はなかなか勇気がいると思います。

輪をかけてよかったのがフリオ・ユーリアスです。

6回1ヒッター、無得点、キャリアハイの奪三振9。前回の12日のブルワーズ戦では5回5失点と打たれましたが、この日は抜くボールが低めに決まってとてもよかったです。

チェンジアップとスライダーが効果的でした。

マット・アルバーツが2被弾

ドジャースの3得点は6回のベリンジャーのソロHRとマンシーの2ランHR。

無失点のデイビーズからリレーされたマット・アルバーツでしたが、今日は肝心なところで力のある左打者に打たれてしまいました。

ドジャースが3−0となって迎えた最終回のブルワーズの攻撃でイェリッチの一矢報いるHRが出たというゲームでした。

最後はランナーを一人置いてトラビス・ショーだったのですが、内野フライに終わりゲームセット。

明日以降も期待のもてるゲーム内容を演じた両チームでした。

The Official Site of Major League Baseball

Game2はブルワーズがジョーリス・チャシーン、ドジャースがロス・ストリップリングです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク