スポンサーリンク

【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ

K・シュワーバーが2HR、4RBI

 現地2024年6月17日、フィラデルフィア・フィリーズは地元シチズンズ・バンク・パークでサンディエゴ・パドレスを迎えての3ゲームシリーズがスタート。その初戦でカイル・シュワーバーがマルチHRを放ち、スタンドを大いに沸かせました。カイル・シュワーバーはこの日、5打席で3打数2安打、2HR、4 RBI、2BBと活躍。攻撃の軸となり、9-2のスコアでパドレスに快勝した一翼を担いました。

MLB Gameday: Padres 2, Phillies 9 Final Score (06/17/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

恐ろしすぎるヘッドスピード

 カイル・シュワーバーはそもそもパワーのあるハード・ヒッターですが、とにかくヘッドスピードが速いのが大きな特徴でもあります。しかもヘッドの重みをスピードに活かすように、タイミングを取る際にぐるりとバットを回すのですから、こんな恐ろしいスイングをする打者はなかなかいませんね。

(YOUTUBE)Kyle Schwarber hits YET ANOTHER TOWERING June homer for the Phillies!

 この日の1本目は3回裏の第2打席に放たれました。フィリーズは2回裏の攻撃でチャンスを作りながらも、パドレスの素晴らしい中継プレーで先制点を阻まれ、ちょっと嫌な流れになりつつあったのですが、カイル・シュワーバーが「ブン!」と振り抜き、その嫌な流れを一瞬で吹き飛ばしました。すごい打球は右中間のCF寄りのスタンド奥深くに放り込まれました。パドレスのピッチャーはランディー・バルデス(RHP)でした。

 そして2本目が出たのがフィリーズが6-1とリードして迎えた6回裏。パドレスは左腕のエイドリアン・モレホンを送り込んでいましたが、左も関係無しでしたね。シュワーバーは1塁にラファエル・マーシャンを置いて5球目のスライダーをまたもやCF方向へ弾き返し、2ランHR。これでスコアは8-1となり、ほぼゲームを決めた一発になりました。

6月のレジェンド

 6月に最高の仕事をすると言われるカイル・シュワーバー。その伝説が始まったのは2021年から。2020年以前の6月は他の月に比べてほんの少し数字が良いという程度でした。しかし、2021年はご覧の通りで、6月になんと16HRと爆発!当然POMを受賞しています。

2021HR
April/March2
May7
June16
July0
August3
Sept/Oct4
2021年のK・シュワーバーの月別HR数

 7月に凹みがあるのはハムストリングスを傷めてIL入りとなったためです。

 その故障をわかっていながらも、トレード・デッドラインで獲得に動いたのがレッドソックスで、シーズン中は大きな効果はなかったものの、PS進出にその存在感を示したのは確かです。

 そして翌2022年からフィリーズに在籍し、ご覧のような推移でHRを放ち、やはり6月に強いという評価を得たのでした。

2022HR
April/March5
May6
June12
July10
August3
Sept/Oct10
K・シュワーバーの2022年の月別HR数

 なお、2023年6月は8 HRでむしろ10 HRを放った8月の方が伸びました。そして2024年は3/4月に8HR、5月に3HR,6月はここまで5HRとなっています。

6月通算60HR

 そして際立つのがキャリアを通じての6月の通算HR数。この日の2HRでちょうど60HRとなりました。2015年にカブスでデビューし、2016年はOFの守備での大怪我でシーズンの大半を離脱しましたが、今季でメジャー通算10シーズン目。

 この6月通算60HRですが、カイル・シュワーバーは172試合目で到達。これは史上最速の到達と言われ、それまでの6月通算60HRのベストはマイク・ピアッツァで、191試合目での到達でした。シュワーバーはこれを19試合も早く達成したことになります。

 なお、全ての月で見ると、月間通算60HRに最も早く到達したのはフアン・ゴンザレス(1989-2005)で8月の記録で、167試合。フアン・ゴンザレスはレンジャーズで2度のMVPに輝いた名選手ですね。

 なお、カイル・シュワーバーの月別のOPSはやはり6月が抜け出ています。

キャリア通算OPS
April/March.740
May.754
June.932
July.769
August.880
Sept/Oct.878
K・シュワーバーの月別OPS

今季はOBPが高い

 カイル・シュワーバーの今季のここまでの成績は.248/.367/.431(OPS+128)、14 HR、43 RBI。シュワーバーと言えばHRは40本超えを果たしながら、打率は1割後半から2割前半(2022年と2023年)という極端な数字を残していましたが、今季はAVGもアップ。それに.367というOBPの高さに注目です!今季はここまでBBが53。これは実はNLでトップです!

 なお、カイル・シュワーバーは3月生まれです。

 お読みいただき、ありがとうざいました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました