スポンサーリンク

【MLB移籍2020】メッツ、アストロズからジェイク・マリスニックをトレードで獲得

メッツ、CF補強に成功

 現地2019年12月5日、ニューヨーク・メッツとヒューストン・アストロズ間でトレードが成立。メッツは、補強が望まれたCFスポットにアグレッシブなベースランナーになれるジェイク・マリスニックを入れることができました。

トレード詳細

 今回のトレードは1:2です。

メッツGet

 メッツがアストロズから獲得したのはジェイク・マリスニック一人。

  • ジェイク・マリスニック(Jake Marisnick )
    • CF/29才/右投右打/ 2009 Rd 3 by TOR

アストロズGet

 アストロズがメッツからゲットしたのは2人の選手。左腕投手と外野のプロスペクトです。

  • ブレイク・テイラー(Blake Taylor )24才/ LHP/ 2013 Rd 3 by PIT
  • ケネディー・コロナ(Kenedy Corona
    • 19才/OF/ ベネズエラ出身/ 海外FA 2019年4月にマイナー契約

FAのラガレスのスポットを埋める補強

 2019年、メッツの外野陣はフアン・ラガレス、J.D.デービス、マイケル・コンフォート、ブランドン・ニモ、ジェフ・マクニールらが主に出場。CFスポットは途中出場も含めて主にフアン・ラガレスが出場。詳細はご覧のような状況でした。LF、RFの状況も記しておきます。

【2019メッツCF】

  • フアン・ラガレス/ 右投右打:125試合/ FA
  • ブランドン・ニモ/ 右投左打:43試合
  • マイケル・コンフォート/ 右投左打: 39試合
  • カルロス・ゴメス/ 右投右打: 22試合/ 6月DFA→FA
  • アーロン・アルテール/ 右投右打:8試合/ 8月DFA→FA

【2019メッツ LF】

  • J.D. デービス/ 右投右打: 79試合
  • ジェフ・マクニール/ 右投左打: 71試合
  • ブランドン・ニモ/ 右投左打:38試合
  • 以下略

【2019 メッツ RF】

  • マイケル・コンフォート/ 右投左打: 132試合
  • ジェフ・マクニール/ 右投左打: 42試合
  • 以下略

 最も長くCFを守ったフアン・ラガレス(Juan Lagares)でしたが、2020シーズンはクラブオプションでしたが、メッツが拒絶。FAになりました。よってメッツはCFのスポットを探していたところでした。

 さらに、マリスニックは右打席。メッツのLFにはJ.D.デービスがいて(彼は二刀流でもありますが、メッツではまだマウンドに上がっていないはず)、打席は右。

 しかし、RFのマイケル・コンフォートは左打席。2019年にCFを二番目に多く守ったブランドン・ニモも左打席。そしてユーティリティのジェフ・マクニールも左打席ということで、メッツは左打者が多い状況も懸念していて、そこにジェイク・マリスニックがぴったりハマったという人事でした。

守備力の高いジェイク・マリスニック

 2019年のジェイク・マリスニックと言えば、現地2019年7月8日のエンゼルス戦で、ジョナサン・ルクロイにハードスライディングを敢行。脳しんとうで途中退場させるシーンが印象的でした。

 上記のシーンはボールが走路に入ってしまったアンラッキーな要素もありました。しかし、マリスニックも内側の走路を選んで走っていたのが、事故の要因でもあります。2試合の出場停止処分となりました。

 なお、後日の試合ではエンゼルス投手陣から報復死球をもらい、ベンチズ・クリアーとなりましたが、わかっているマリスニックは淡々とリベンジを受け、冷静にチームメイトをなだめました。

CFとしてのDRSがここ2年で+12、+5!

 しかし、本来は非常にクレバーな選手です。失点を防いだという指標のDRS(Defensive Runs Saved )はCFとして2018年は+12、2019年は+5という数字が出ています(Fangraphs)。

OAAは外野全体で14位

またOAA(Outs Above Average)という処理が難しい打球をとれくらいさばいたかという外野手の守備能力を測る指標ではスコア8で、MLB全体の14位にランク。ちなみに1位はナッツのロブレスで23(Baseball Servant)です。

打撃力はそれほど

 2019年の打撃成績は、292打数68安打で、打率.233、OBP .289、SLG.411、HR 10。ベースランニングが良いだけに、せめてOBPは.300以上に載せてもらいたいところです。

アストロズはOFが逸材揃い

 これほどの守備力を持つ選手をなぜアストロズが手放したかと言えば、アストロズの外野手は逸材揃いだからです。DHではありますが、ヨルダン・アルバレスが上がってきたことはさらにマリスニックの出場機会減につながったと思われます。よって、WIN-WINのトレードとなったということかと思います。

  • ジョージ・スプリンガー
  • マイケル・ブラントリー
  • ジョシュ・レディック
  • カイル・タッカー(UTL)
  • ヨルダン・アルバレス(ほぼDHですが)

ニモとの併用か

 メッツはジェイク・マリスニックをブランドン・ニモと併用して使うことになりそうです。打撃力が上がれば出場機会も増えると思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました