スポンサーリンク

【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!

メッツの補強攻勢

 現地2021年11月26日、メッツが決めた3ディールのうちの2つ目についてです。

 メッツはアスレチックスからFAとなっていたOF/1Bのマーク・カナ(Mark Canha)とサインしました。

契約内容

 契約はこちらです。

  • 2年/$26.5M (2022-23)
  • 2024年クラブオプション付き。こちらは詳細が明らかになれば追記いたします。総額で$26.5Mということだと思います。

マーク・カナとは

 表記はカナとしていますが、正確な発音は「カヌァ」かと思います。メディアによってはキャンハとしているところもありましたが。それはスペルから記載したのでしょう。

 マーク・カナは1989年2月15日生まれ。よって、2022年3月31日の開幕時には33才になっています。エドゥアルド・エスコバーと同い年ですね。

 2010年アマチュア・ドラフトでマーリンズから7巡目指名されてプロ入り。

 2014年11月、マーリンズがプロテクトしなかったので、同年12月のルール5ドラフトでロッキーズから指名され、移籍。そしてルール5ドラフトの指名後すぐにアスレチックスにトレード。

 そして2015年にアスレチックスでメジャーデビュー。124試合に出場し、打率.254、OBP .315、SLG .426、OPS .742をマーク。二塁打22本、HR 16本でRBI 70をマーク。2019年にはHR 26。

 2021年は141試合に出場し、打率.231、OBP .358、SLG .387、OPS .746をマーク。HR 17、RBIは61。キャリア・ハイのシーズンになったのでした。

ニモとの争い 

 マーク・カナはアスレチックスでは1BかRFを守るケースが多かったのですが、メッツの1Bはピート・アロンソがいるのでここは原則、なさそうです。

 となると、RFということになりますが、ここはブランドン・ニモがおりますから、彼との争いになりそうです。また、エドゥアルド・エスコバーを獲得していることから、3BのJ.D.デービスもRFへ参戦することになる見込み。

 よて、RFは打撃の調子次第で色々なパターンを試しそうです。マーク・カナがどのような活躍を見せるのかも注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました