スポンサーリンク

【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!

チームUSAの活躍から一気にヒーロー

 現地2021年6月9日(水)、ブレーブス@フィリーズ戦は劇的な幕切れとなりました。チームUSAでで18打数8安打、打率.444をマークし、前日にメジャー・デビューを飾ったルーク・ウィリアムス(Luke Williams)が、0-1のスコアの9回裏2アウトの土壇場でサヨナラ2ランHRを放ちました。

初打席でセイフティーのインパクト

 ルーク・ウィリアムスは上記の通り、チームUSAでの活躍により現地2021年6月8日にトリプルAからメジャーへ昇格。昇格したその日にメジャー・デビューし、初打席で衝撃のセイフティー・バントを決めたのは前日の記事の通りです。本当にこんなのは初めて見ました。

CFで初先発

 8日のデビュー戦はアーロン・ノラの代打での出場でした。

 しかし、現地2021年6月9日のゲームでは7番CFで先発出場。ジョー・ジラルディ監督も「持っている選手」を使わない手はありません。

 フィリーズはSSのディディ・グレゴリアスが肘痛で14日から10 Day IL中。マイナーでリハビリをスタートさせています。ルーク・ウィリアムスは本職の内野に就くかと思われましたが、2Bはジーン・セグラが引き続き守り、SSにはロナルド・トレイエズが入りました。

 外野のコーナー・スポットにはブライス・ハーパーとアンドリュー・マッカッチェンがおりますから、オデュバル・ヘレイラをベンチスタートにし、ルーク・ウィリアムスをCFで起用という布陣。

ゲームはともに1本が出ず

 ブレーブスが左腕のタッカー・デービッドソン(Tucker Davidson)、フィリーズが右腕のザック・エフリンが先発。

 ゲームは投手戦というより、両チームともにあと1本が出ずという展開。

6回にブレーブスが先制 

 ザック・エフリンを攻めあぐねていたブレーブスは6回表、先頭のオジー・アルビーズがシングルで出塁。しかし、つづくオースティン・ライリーがダブルプレーで2アウト。またしてもチャンスを潰したかと思われたのですが、その後にダンスビー・スワンソン、エイブラハム・アルモンテが連続ヒットで出塁。スコアリング・ポジションにランナーを貯めたところで、ウィリアム・コントレラスがCF前にシングル。このヒットで2塁ランナーのダンスビー・スワンソンがホームインし、ブレーブスがようやく1点を先制したのでした。

タッカー・デービッドソンが好投

 一方のフィリーズはブレーブス先発のタッカー・デービッドソンに苦戦。6回まで4安打に封じられ、7回裏にはタイラー・マツェックに、8回裏にはクリス・マーティンにパーフェクト・リレーをされ、尻すぼみの状況になっていました。

ルーク・ウィアムスは二塁打も

 先発出場したルーク・ウィリアムスは2回裏の第1打席は三振、4回裏の第2打席ではLFに鋭い当たりの二塁打を放ちましたが、得点には至らず。7回裏の第3打席はマツェックから三振。

ウィル・スミスで逃げ切りを

 ブレーブスは9回裏、左腕のウィル・スミスで逃げ切りを図りにかかりました。ホスキンスが三振、マッカッチェンが四球で出塁するも、投手レンジャー・スアレスの打席で代打で出たブラッド・ミラーは2Bポップフライで2アウト。

 ルーキーに任せるしかない状況になりました。

無駄のないバットの動きでサヨナラHR

 そのルーク・ウィリアムスですが、初球はウィル・スミスのカーブを見逃して1ストライク。しかし、2球目そのカーブがやや甘く入ったところをフルスイング。これがLFスタンドに入るサヨナラ2ランHRに。

 初HRがサヨナラHRというなんともセンセーショナルなことをやってのけました。

 これにはリース・ホスキンスも、ブライス・ハーパーも最大限の祝福。フィリーズ・ナインを一気に明るくしたという価値ある一発でもありました。

 バットを低いところで構えるルーク・ウィリアムスは、トップまでまったく無駄のない動き。すいっとトップまで上がり、スッとバットが出てきます。速いボールに対処するにはこのようなスタイルでないと無理だと思います。これは苦戦している日本人のあの選手にもやってもらいたいところではありますが、あまり素人が余計なことを言ってはいけません。

両親の前で活躍

 この日は両親もスタンドに呼んでいたルーク・ウィリアムス。親孝行も出来ました。

 彼がいると明るいフィリーズ。当分はこの勢いが続きそうです。マイナーでしっかりやってきた基礎があるから何か見ていて安心です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました