スポンサーリンク

【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!

チームUSAの活躍から一気にヒーロー

 現地2021年6月9日(水)、ブレーブス@フィリーズ戦は劇的な幕切れとなりました。チームUSAでで18打数8安打、打率.444をマークし、前日にメジャー・デビューを飾ったルーク・ウィリアムス(Luke Williams)が、0-1のスコアの9回裏2アウトの土壇場でサヨナラ2ランHRを放ちました。

初打席でセイフティーのインパクト

 ルーク・ウィリアムスは上記の通り、チームUSAでの活躍により現地2021年6月8日にトリプルAからメジャーへ昇格。昇格したその日にメジャー・デビューし、初打席で衝撃のセイフティー・バントを決めたのは前日の記事の通りです。本当にこんなのは初めて見ました。

CFで初先発

 8日のデビュー戦はアーロン・ノラの代打での出場でした。

 しかし、現地2021年6月9日のゲームでは7番CFで先発出場。ジョー・ジラルディ監督も「持っている選手」を使わない手はありません。

 フィリーズはSSのディディ・グレゴリアスが肘痛で14日から10 Day IL中。マイナーでリハビリをスタートさせています。ルーク・ウィリアムスは本職の内野に就くかと思われましたが、2Bはジーン・セグラが引き続き守り、SSにはロナルド・トレイエズが入りました。

 外野のコーナー・スポットにはブライス・ハーパーとアンドリュー・マッカッチェンがおりますから、オデュバル・ヘレイラをベンチスタートにし、ルーク・ウィリアムスをCFで起用という布陣。

ゲームはともに1本が出ず

 ブレーブスが左腕のタッカー・デービッドソン(Tucker Davidson)、フィリーズが右腕のザック・エフリンが先発。

 ゲームは投手戦というより、両チームともにあと1本が出ずという展開。

6回にブレーブスが先制 

 ザック・エフリンを攻めあぐねていたブレーブスは6回表、先頭のオジー・アルビーズがシングルで出塁。しかし、つづくオースティン・ライリーがダブルプレーで2アウト。またしてもチャンスを潰したかと思われたのですが、その後にダンスビー・スワンソン、エイブラハム・アルモンテが連続ヒットで出塁。スコアリング・ポジションにランナーを貯めたところで、ウィリアム・コントレラスがCF前にシングル。このヒットで2塁ランナーのダンスビー・スワンソンがホームインし、ブレーブスがようやく1点を先制したのでした。

タッカー・デービッドソンが好投

 一方のフィリーズはブレーブス先発のタッカー・デービッドソンに苦戦。6回まで4安打に封じられ、7回裏にはタイラー・マツェックに、8回裏にはクリス・マーティンにパーフェクト・リレーをされ、尻すぼみの状況になっていました。

ルーク・ウィアムスは二塁打も

 先発出場したルーク・ウィリアムスは2回裏の第1打席は三振、4回裏の第2打席ではLFに鋭い当たりの二塁打を放ちましたが、得点には至らず。7回裏の第3打席はマツェックから三振。

ウィル・スミスで逃げ切りを

 ブレーブスは9回裏、左腕のウィル・スミスで逃げ切りを図りにかかりました。ホスキンスが三振、マッカッチェンが四球で出塁するも、投手レンジャー・スアレスの打席で代打で出たブラッド・ミラーは2Bポップフライで2アウト。

 ルーキーに任せるしかない状況になりました。

無駄のないバットの動きでサヨナラHR

 そのルーク・ウィリアムスですが、初球はウィル・スミスのカーブを見逃して1ストライク。しかし、2球目そのカーブがやや甘く入ったところをフルスイング。これがLFスタンドに入るサヨナラ2ランHRに。

 初HRがサヨナラHRというなんともセンセーショナルなことをやってのけました。

 これにはリース・ホスキンスも、ブライス・ハーパーも最大限の祝福。フィリーズ・ナインを一気に明るくしたという価値ある一発でもありました。

 バットを低いところで構えるルーク・ウィリアムスは、トップまでまったく無駄のない動き。すいっとトップまで上がり、スッとバットが出てきます。速いボールに対処するにはこのようなスタイルでないと無理だと思います。これは苦戦している日本人のあの選手にもやってもらいたいところではありますが、あまり素人が余計なことを言ってはいけません。

両親の前で活躍

 この日は両親もスタンドに呼んでいたルーク・ウィリアムス。親孝行も出来ました。

 彼がいると明るいフィリーズ。当分はこの勢いが続きそうです。マイナーでしっかりやってきた基礎があるから何か見ていて安心です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました