スポンサーリンク

【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!

波に乗っている期待のプロスペクト

 現地2021年6月8日(火)、フィリーズのプロスペクト、ルーク・ウィリアムス(Luke Williams)がブレーブス戦でメジャー・リーグ・デビュー!

 Congratulations!

 スコット・キンガリーのマイナーへのアウトライトのニュースでやや暗い面が出たフィリーズ。この日のゲームもブレーブスに後半打ち負けた結果となりましたが(スコアは●5-9)、この新星はチームに活気をもたらすかもしれません。

初めて見た!初打席でセイフティー 

 ルーク・ウィリアムスがゲームに出たのは5回裏。

 このゲームはフィリーズがアーロン・ノラ、ブレーブスがドリュー・スマイリーの先発で、両チーム、点の奪い合いになりました。

 1回表、ブレーブスがオースティン・ライリーのタイムリー二塁打で1点を先制。そして3回からは、ロナルド・アクーニャ・Jr.のソロHR、ブライス・ハーパーのソロHRなど両軍とも毎回1点ずつ奪い合う展開で、5回表を終了してスコアは4-2とブレーブスが2点リードという状況。

 ルーク・ウィリアムスが登場したのはそんな中の5回裏。ちょうど先頭打者として打席が回ってきたアーロン・ノラの代打としての登場でした。

 そして、こんなシーンは初めて見たのですが、メジャー初打席となったルーク・ウィリアムスが試みたのはなんとセイフティー・バント!初球、ドリュー・スマイリーの武器であるカーブをきれいに三塁線に転がし、”SHI●”とつぶやいたのが聞こえて来そうなドリュー・スマイリーが打球を処理するも、1塁へ悪送球。これを見たルーク・ウィリアムスは、快速を飛ばして一気に3塁に到達。

 スタンドも大盛況のメジャー初打席となったのでした!!

チームUSAでNO.1の活躍

 ルーク・ウィリアムスですが、1996年8月9日生まれの24才。今年の8月で25才になります。ドラフトは2015年のフィリーズの3巡目指名。カリフォルニアの高校からプロ入りしました。

毎年1ランクずつレベルアップ

 ドラフトイヤーのルーキー・リーグから始まり、2016年はクラスAマイナス、2017年はクラスA、2018年はクラスAプラス、2019年はダブルAと毎年、1レベルごとに昇格。マイナーでしっかりと基礎をつくってきた選手。

 2020年のコロナパンデミックがなければ2020年にトリプルA、シーズン途中に昇格していたかもしれません。

 ちなみに、2020年はマイナーがキャンセルになりましたが、ルーク・ウィリアムスはオーストラリア・リーグに参加。22試合で打率.292。

 2021年はトリプルAで開幕を迎え、18試合で71-25、打率.352、OBP .439、SLG .465、二塁打2本と活躍。盗塁は3で盗塁死も3ではありました。

 トリプルAでの活躍が目に止まり、チームUSAに招集。ファイナル・ロスターにも残り、全4試合に出場。18打数8安打で打率.444をマーク。これはチームUSAの最高打率でした。

キンガリーのアウトライトで昇格 

 昇格したのは五輪予選のチームUSAでの活躍があったのはもちろんですが、タイミング的にフィリーズがスコット・キンガリーのアウトライトを決断し、同日、内野手のニック・メイトン(Nick Maton)もディモート(降格)。そのスペースにルーク・ウィリアムスを昇格させたのでした。

 デビュー前に延長契約を結んだプレミア選手のスコット・キンガリーがマイナーへ行き、真反対の道を歩んできたルーク・ウィリアムスが昇格という非常に対照的な今回のロスター・ムーブでもありました。

昇格をサプライズで知る

 ルーク・ウィリアムスは東京五輪へも出場するつもりでいました。今回ニック・メイトンの降格では誰かほかの選手が上がるのだろうと思っていたところ、ファーム・ダイレクターのジョシュ・ボニファイ(Josh Bonify)から電話。なんと、「リリース」を告げるではないですか!

 これにコンフューズしたルーク・ウィリアムス。「チームUSAで活躍したのになんで?」と。

 ところが、ボニファイが告げたのは、「トリプルAのチームからはリリースだ。お前はビッグ・リーグへ行くことになったんだ」とサプライス通知。

 まさか!の昇格に大いに喜んだルーク・ウィリアムスでした。

用意しているグラブは8つ!

 実はスーパー・ユーティリティーのルーク・ウィリアムス。マイナーにおいても投手と捕手以外は全て守ってきたというツワモノ。本職は2Bとも言えます。過去の先発出場で最も多く出場したのは2Bだからです。しかし、ゲーム途中にどんどん違うポジションをこなし、もはやどこでもこなせるスーパー・ユーティリティーに。

 なお、グラブは8つキープしているそうです。常に帯同させるのはそのうち、3B用、他の内野用そして外野用の3つ。しかし、緊急事態もあるので古いものも常に待機させているので、かばんの中はグラブとシューズでいっぱいだそうです。

メジャー昇格により、東京へは来ない?

 なお、今回のメジャー昇格により、ルーク・ウィリアムスは東京へは飛ばないという見込みが強いです。ここは代表監督のマイク・ソーシアほか、五輪関係者がどう判断するのか注目ですが、五輪で見てみたいですね。

 今後のルーク・ウィリアムスの動向に注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました