スポンサーリンク

【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ

新たなストーリー

 また1つ、メジャーリーグならではストーリーが紡がれました。

 現地2022年6月29日、フィリーズのマーク・アペルがついにメジャー・デビューを果たしました!

 ファンとしても嬉しい限りです。おめでとう!!

2013年全体1位→引退

 マーク・アペルは2013年のアマチュア・ドラフトで全体1位で指名された右腕。スタンフォード大学出身です。下記の記事を見ていただければ、ちょうど10年前のドラフトでピックされた選手達が今メジャーの中心で活躍している世代というのがわかると思います。クリス・ブライアントをはじめ、有名な選手ばかりです。

 ヒューストン出身のマーク・アペルは地元の選手で、大きな期待を背負ってプロの道に入りました。

アストロズからフィリーズへ

 しかし、アペルはマイナーで苦戦。ドラフト翌年の2014年にはダブルAにまで昇格していたのですが、ここである程度、結果を残していれば昇格も早かったと思います。しかし、このシーズンはクラスA+でERA 9.74と絶不調。その後、ダブルAには上がったものの、際立った数字は残せませんでした。

 アペルは2015年にトリプルAで5勝をマークしたものの、ERAは4.48とピリッとしない内容で、結局、2015年12月にマイナーのままフィリーズへトレード。

 アストロズが獲得したのはジョナサン・アラウズとケン・ジャイルズ。このトレードでアペルとともにアストロズからフィリーズへ移籍した一人が、現ホワイトソックスのビンス・ベラスケスでした。

 なお、アストロズのケン・ジャイル獲得は成功で、ジャイルズは2016年に15セーブ、2017年に34セーブをマーク。2017年のワールドシリーズにおいてもクローザーとして登板しました。ただ、打たれはしましたが・・・。今季はトミー・ジョン手術明けでマリナーズで復活。

引退表明後

 マーク・アペルはフィリーズへ移籍後、2016年6月にまずは肩痛を発症。その後、肘に負担がかかったと見えて、軟骨除去の手術を行い、シーズン・エンディングに。2017年に復帰したものの、トリプルAで5勝4敗、ERA 5.27とやはりピリッとせず。結局、フィリーズでも活躍できずに2017年11月20日にDFAとなり、その7日後にマイナーへアウトライト。

 そして、年が明けて2018年2月に事実上の引退を表明。

 スタンフォード出身のアペルなら、コンサルにでも入ってビジネスマンとしてバリバリと成功する筋書きになると思っていました。当時はMBAの取得も目指すという報道もありましたし。

肩の手術で意欲を取り戻す

 しかし、実は2018シーズン開幕後、フィリーズはマーク・アペルをリストリクティッド・リストに入れていたのです!リストリクティッド・リストに入った選手は、元いたクラブに権利があります。つまり、野球をしていなくても、フィリーズの選手ということです。

 事実上は引退を決意していたアペルですが、まだ少しだけ野球への道を残していたのです。引退表明は正確に言えば、無期限の野球活動休止を発表したものでした。

 実はアペルは引退表明後に「それでも、気が変わったときのために」ということで右肩の手術を受けていたのです!

 この手術が思いのほか成功で、これでアペルも「もう一度マウンドに」という欲が芽生えてきたのでした。

2021年に復帰

 そしてマーク・アペルは、2021年4月にリストリクティッド・リストから復帰。2021年はダブルAとトリプルAで登板。双方を併せてERAは6.18とやはりピリッとしなかったのですが、それでもマーク・アペルは掴みました。 

リリーバーで新天地

 リリーフへ転向したのです。

 2022年に本格的に先発からリリーフに転向したアペルはマイナーで大成功を収めます。今季はトリプルAで19試合、全てリリーフで登板。ERAはなんと1.61にまで上がったのです。

 そして、今回のメジャーデビューへ。

スケールの大きさ!

 マーク・アペルがメジャーにコールアップされたのは現地2022年6月25日のこと。フィリーズがサンディエゴでパドレスと対戦している最中でした。しかし、アペルは25日も26日も登板なし。

 もともと右腕のコナー・ブログトンがCOVID-19に罹患し、10日間のILに入ったのがメジャーに上がったきっかけでもあることから、最低でも10日の猶予はあると思いつつも、ロスター次第ではすぐにマイナーへ落ちてしまう可能性も孕んでおり、とにかくマウンドに!と思いつつ、筆者もこの日を待っていました。

 そして現地2022年6月29日、ブレーブス戦にて1-4のビハインドの状況でついにメジャーデビューを果たしました。

 メジャー初登板の相手は、マーセル・オズーナ。その初球は97.2mphをマーク。オズーナも1球は見送ればいいのにいきなり打ちましたね。これが1Bへのライナー・アウト。

 つづくウィリアム・コントラレスには甘めのシンカーをCF前に弾き返されました。

 しかし、アダム・デュバルにはスライダーを交えてメジャー初奪三振をマーク。フィル・ゴセリンはSSゴロに打ち取り、チェンジ。メジャー初マウンドは1イニング、被安打1、奪三振1という成績。

 驚いたのはそのスケールの大きさ。アストロズ時代は結構、もっちゃりして投げるなと思っていたのですが、いやいや迫力がありました。身長は6フィート5インチで196cm。2mを超えていたか?と思ったほど、大きな体格でしたね。

 アペルは今後も起用されていきそうです。

 いい投球を期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました