スポンサーリンク

【MLBバズ】リアルミュート、J・ヒューズへのアイ・ロール動画を笑って説明

やはりバズっていた

フィリーズは現地2019年8月30日から地元シチズンズバンク・パークにてメッツとの3連戦が始まっています。

一番の勝負どころの9月23日から26日にかけてダブルヘッダーも含めて5連戦が組まれているナショナルズとの決戦に備え、なんとしても勝ち越さなければならない大事なシリーズです。

リアルミュートのアイロールが話題に

その30日に行われたGame1での1シーンが話題になっておりました。Eye-rollとは蔑んだ目で見るという意味があります。一瞥ですね。

上の動画は公式サイトの動画ではないのでアップした方の音声が入っています。公式はこの動画を上げていません。

短いバージョンですが、ツイッターの方もアップしておきます。

シチュエーション

簡単に状況を説明しますと、フィリーズ先発のアーロン・ノラがメッツ先発のザック・ウィーラーとの熾烈な投げ合いを披露。フィリーズは5回裏にようやくこのJ.T.リアルミュートの犠牲フライで1点をプレゼントするも、なかなか追加点が取れず。

そして7回表、ついにノラが失点し1−1の同点に。

そして3番手として8回表のマウンドに上がったマイク・モリンが満塁のピンチを作り、アーメッド・ロサリオに弱い当たりのCF前勝ち越し2点タイムリーを許し1−3に。

なおも1アウトランナー1・2塁の状況で、ジャレッド・ヒューズが登場したという場面です。

結果を知るとさらに意味深くなるのですが、このジャレッド・ヒューズは代わりばな、トッド・フレイジャーに3ランHRを打たれて1−6とリードを広げられただけでマウンドを降りたという辛い結果に終わりました。

BOX SCORE

チーム内での関係が心配になるほどの一瞥

筆者はマイク・モリンとジャレッド・ヒューズの炎上を知った上でこの動画を見たので、「リアルミュートはジャレッド・ヒューズでは抑えられないと考えていたのだな」、平たくいえば、「なんでヒューズなんだ」という表情。

しかもいつものようにブルペンから変わったランニングフォームで走ってくる年上の投手、そして案の定の惨状がわかっているがゆえの一瞥。そんなイメージに取りました。

そして、これは第三者的には面白いので拡散するだろうし、そうなるとチーム内で関係がギクシャクして大変なことになるのでは?と心配になりました。

ゲーム後、リアルミュートのもとにバズってるよという連絡が山のように来たそうです。

リアルミュート本人は笑って説明

リアルミュートはこの件で記者から質問を受けた時に、笑いながら違うんだよと説明。

“It was very bad timing, Nothing was really going on. I was mad that we had just given up the lead, and [Amed] Rosario’s soft, two-run single. Like, that’s what I was frustrated about.”

「とてもまずいタイミングだった。本当に何でもないことなんだ。アーメッド・ロサリオにゆるい当たりの2点タイムリーを打たれてリードを許してしまったことにとてもフラストレーションが溜まっていたんだ」

“It had nothing to do with Jared running into the game,” 

そして「ジャレッドが走ってくるのは関係ないよ」と。

リアルミュートはこの動画をジャレッド・ヒューズに見せ、違うからねと説明。そうすると、ジャレッド・ヒューズも笑っていたとのことです。

そしてケプラー監督が横で怒っていたことに対する態度だったのか?という解釈に対しても笑って否定しました。

“I promise. When I saw that video, I was like, ‘Oh, God, that was the worst timing.’ It couldn’t have been any worse. I had so many friends send me the video clip, like, dying laughing. I’m like, ‘It’s funny, but I don’t want him to think it had anything to do with him.’”

「自分がこれを見た時、なんてひどいタイミングだったんだと思ったよ。これ以上の意味は何もないよ。友達がたくさんこれを送ってきたんだ。そして死ぬほどわらった。とてもおかしかったんだけど、ヒューズのことを見てそうしたんじゃないんだよ。約束するよ。」

リアルミュートの対応は○

もしもこれからマウンドに上がる投手にこんな態度を取っていたら、もう誰も相手にしなくなるでしょう。これはリアルミュートの言うことを信じるしかありません。

リアルミュートの対応がまともだったところは、ヒューズに謝った訳ではないところです。もし謝ったら、一瞥を認めることになりますから大変なことになります(笑い)。「こんなのが拡散してるけど、違うからね。でも面白いでしょ」と一緒にVTRを見せて笑いあったという対応はよかったなと思います。

フィリーズ、連敗!

さて、30日のGame1は上記の通り、ノラの好投をベテランリリーバーが台無しにしてしまうという辛い結果に。

そして31日に行われたGame2では4回まで毎回ヒットを放つものの、チャンスを広げることが出来ず、中盤にメッツに差を広げられて3−6で敗戦。

BOX SCORE

2連敗となりました。

フィリーズは69勝65敗、メッツは69勝66敗。かろうじて3位をキープし、ワイルドカードレースにおいても2枠目のカブスの73勝になんとか食いついているという状況です。

Game3はなんとか頑張ってもらい、9月23日から26日のナショナルズ5連戦に望みのあるまま入ってもらえれば面白いのになあと思っております。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました