スポンサーリンク

【MLB2019】ブライス・ハーパー、フィリーズ移籍後初HRは465フィートの特大の一発!リアルミュートにもHR!

ハーパーが移籍後初HR

現地2019年3月30日、ブレーブス@フィリーズの開幕第2戦が行われ、フィリーズが3本のHRで8−6で打ち合いに勝利。

ブライス・ハーパーとJ.T. リアルミュートにそれぞれ移籍後初HRが飛び出しました。

ブライス・ハーパーのHRは141m

ブライス・ハーパーの特大のHRが飛び出したのは終盤の7回裏。終盤にリードを広げるソロHRを右中間深くに放ちました。

飛距離は465フィート、メートル換算で141.732m。飛びましたね!相手投手は左腕のジェシー・ビドル

その模様です。すごい当たりでした。

この日のハーパーは3打数1安打でこのHRの一本のみ。28日の開幕戦では3打数0安打で2三振を喫していたので、このHRが移籍後初安打でもありました。

オープニングデーでの模様はこちらに。

13年3億3,000万ドルでフィリーズに移籍したハーパー。ハードルは高いと思いますが、やはり彼が一人いるかどうかは打線の迫力が違いますので、今後の活躍にも期待したいです。チームメイトと積極的に仲良くしている様子もいいですね。

J.T. リアルミュートにも一発

実は筆者は守りも含めればブライス・ハーパーよりもJ.T. リアルミュートの方がチームにとってのWAR(Win Above Replacement)は高いのではないかと思っています。「彼がいないと」という指数。ただ、この指数も万全ではないので、使い方には気を使うのですが。

そのリアルミュートも開幕戦では5番に入りましたが、ノーヒット。捕手ですのでいろいろ気を使っただとは思います。

1日空いたこの日は、4打数2安打、3打点と活躍。

2回裏、ブレーブスに3点先制されている状況でまずは追撃となるタイムリーを放ち、まず1安打。

5回表にフレディー・フリーマンのタイムリーで4−4のタイに追いつかれた直後の5回裏、リース・ホスキンスをランナーに置いて、勝ち越しとなる2ランHRを放ちました。

ゲーム内での流れの掴み合いの状況で生まれたHRは価値がありました。これが移籍後初HRに。

フィリーズは打線好調

フィリーズはハーパーとリアルミュートの他に8番3Bのマイケル・フランコにも一発が飛び出し、このゲームは9安打8得点。開幕戦でも10得点を上げており、打線は非常に活発です。

(PHI)D・ロバートソンも登板

開幕戦は先発投手のアーロン・ノラが好投。リリーバーも含めて4失点。この日はニック・ピベッタが立ち上がりからブレーブス打線に捕まり、5回もたずに被安打8、失点4で降板。

結構、あぶない試合に拍車をかけたのは実はFAで移籍のデービッド・ロバートソン。

開幕戦につづき、クローザーとしてマウンドに上がりましたが、いずれも被安打2を記録。チャーリー・カルバーソンに2点差に迫られる2ランHRを浴びています。

特別なスピードボールがあるわけではないので、徐々に調子を上げてくると思われます。マリアーノ・リベラ仕込みのカットボールはやはり魅力ですので。

ブレーブスは先発が打ち込まれる

タレントが豊富なブレーブスですが、投手陣のキーマンに故障者が出て、この日は先発のブライス・ウィルソンが3.1イニングで4失点とゲームメイクできませんでした。

インディアンスからFAとなり、一旦はブルワーズとマイナー契約を結ぶもリリースとなり、ブレーブスと契約したジョシュ・トムリンがリリーバーとして登板。0.1イニングで被安打2、失点1とちょっと結果は出せませんでした。

投手の運用を軌道に乗せるのに少し時間がかかるかもしれません。カンフル剤はやはりクレイグ・キンブレルとの契約なのですが、まだ話は膠着しておりますね。

(ATL)ジョシュ・ドナルドソンは4−0

FAで早々にインディアンスと契約したジョシュ・ドナルドソンでしたが、まだヒットレスの状態が続いております。これで彼が目覚めたら相当いい打線になります。

(ATL)ダンスビー・スワンソンは元気

怪我で開幕が危ぶまれたSSのダンスビー・スワンソンですが、開幕から元気な姿を見せてくれています。

開幕戦でも1安打、この日は2安打でそのうち1本はHR。ニック・ピベッタが2回に失点した1点はこのスワンソンの一発でした。彼は躍動感があるSSなので、やはりゲームに出てもらわないと面白くならないです。

ゲームスコア  フィリーズ8, ブレーブス 6
Braves 6, Phillies 8 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Braves vs. Phillies at Citizens Bank Park

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました