スポンサーリンク

【MLB2019】ブライス・ハーパー、フィリーズ移籍後初HRは465フィートの特大の一発!リアルミュートにもHR!

ハーパーが移籍後初HR

現地2019年3月30日、ブレーブス@フィリーズの開幕第2戦が行われ、フィリーズが3本のHRで8−6で打ち合いに勝利。

ブライス・ハーパーとJ.T. リアルミュートにそれぞれ移籍後初HRが飛び出しました。

ブライス・ハーパーのHRは141m

ブライス・ハーパーの特大のHRが飛び出したのは終盤の7回裏。終盤にリードを広げるソロHRを右中間深くに放ちました。

飛距離は465フィート、メートル換算で141.732m。飛びましたね!相手投手は左腕のジェシー・ビドル

その模様です。すごい当たりでした。

この日のハーパーは3打数1安打でこのHRの一本のみ。28日の開幕戦では3打数0安打で2三振を喫していたので、このHRが移籍後初安打でもありました。

オープニングデーでの模様はこちらに。

13年3億3,000万ドルでフィリーズに移籍したハーパー。ハードルは高いと思いますが、やはり彼が一人いるかどうかは打線の迫力が違いますので、今後の活躍にも期待したいです。チームメイトと積極的に仲良くしている様子もいいですね。

J.T. リアルミュートにも一発

実は筆者は守りも含めればブライス・ハーパーよりもJ.T. リアルミュートの方がチームにとってのWAR(Win Above Replacement)は高いのではないかと思っています。「彼がいないと」という指数。ただ、この指数も万全ではないので、使い方には気を使うのですが。

そのリアルミュートも開幕戦では5番に入りましたが、ノーヒット。捕手ですのでいろいろ気を使っただとは思います。

1日空いたこの日は、4打数2安打、3打点と活躍。

2回裏、ブレーブスに3点先制されている状況でまずは追撃となるタイムリーを放ち、まず1安打。

5回表にフレディー・フリーマンのタイムリーで4−4のタイに追いつかれた直後の5回裏、リース・ホスキンスをランナーに置いて、勝ち越しとなる2ランHRを放ちました。

ゲーム内での流れの掴み合いの状況で生まれたHRは価値がありました。これが移籍後初HRに。

フィリーズは打線好調

フィリーズはハーパーとリアルミュートの他に8番3Bのマイケル・フランコにも一発が飛び出し、このゲームは9安打8得点。開幕戦でも10得点を上げており、打線は非常に活発です。

(PHI)D・ロバートソンも登板

開幕戦は先発投手のアーロン・ノラが好投。リリーバーも含めて4失点。この日はニック・ピベッタが立ち上がりからブレーブス打線に捕まり、5回もたずに被安打8、失点4で降板。

結構、あぶない試合に拍車をかけたのは実はFAで移籍のデービッド・ロバートソン。

開幕戦につづき、クローザーとしてマウンドに上がりましたが、いずれも被安打2を記録。チャーリー・カルバーソンに2点差に迫られる2ランHRを浴びています。

特別なスピードボールがあるわけではないので、徐々に調子を上げてくると思われます。マリアーノ・リベラ仕込みのカットボールはやはり魅力ですので。

ブレーブスは先発が打ち込まれる

タレントが豊富なブレーブスですが、投手陣のキーマンに故障者が出て、この日は先発のブライス・ウィルソンが3.1イニングで4失点とゲームメイクできませんでした。

インディアンスからFAとなり、一旦はブルワーズとマイナー契約を結ぶもリリースとなり、ブレーブスと契約したジョシュ・トムリンがリリーバーとして登板。0.1イニングで被安打2、失点1とちょっと結果は出せませんでした。

投手の運用を軌道に乗せるのに少し時間がかかるかもしれません。カンフル剤はやはりクレイグ・キンブレルとの契約なのですが、まだ話は膠着しておりますね。

(ATL)ジョシュ・ドナルドソンは4−0

FAで早々にインディアンスと契約したジョシュ・ドナルドソンでしたが、まだヒットレスの状態が続いております。これで彼が目覚めたら相当いい打線になります。

(ATL)ダンスビー・スワンソンは元気

怪我で開幕が危ぶまれたSSのダンスビー・スワンソンですが、開幕から元気な姿を見せてくれています。

開幕戦でも1安打、この日は2安打でそのうち1本はHR。ニック・ピベッタが2回に失点した1点はこのスワンソンの一発でした。彼は躍動感があるSSなので、やはりゲームに出てもらわないと面白くならないです。

ゲームスコア  フィリーズ8, ブレーブス 6
Braves 6, Phillies 8 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Braves vs. Phillies at Citizens Bank Park

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました