スポンサーリンク

【MLB2022】レッドソックスの2人目の女性コーチ、ケイティー・クラールは将来楽しみな24才

レッドソックス、MLB初の2人目の女性コーチ誕生へ

 現地2022年1月25日のお話になりますが、ボストン・レッドソックスが2022シーズンに向け、マイナーのダブルAレベルであるポートランド・シードックスの新コーチにケイティー・クラール(Katie Krall)さんを採用することを決定しました。

 このケイティー・クラールさん(以下敬称略)は調べると非常に面白い人物で、将来の女性GM候補にもなり得る優秀な人材であることがわかってきました。

まだ24才!

 上の埋め込みを見ていただいておわかりの通り、非常に若いです。まだ24才。正確な誕生日はわかりませんが、複数のソースを見る限り、2022年2月に25才になるとのこと。

 ということは、逆算すると生まれ年は1997年。MLBファンの目安として、1997年生まれで選手を挙げるとブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr.がそうです。他に、オジー・アルビーズ(これまたブレーブス)、ヨルダン・アルバレス(アストロズ)などと同じ世代。

レッドソックス、1997年生まれがおらず!

 では、肝心のレッドソックスでは誰と同い年になるのかを調べたところ、1997年生まれは、現地2022年1月29日時点では、なんと誰もおりませんでした!!この年の生まれのプレーヤーがいないというのは2年ほど前のプロスペクト枯渇問題と関係しそうですね。

 ちなみにその1年前の1996年生まれとなると、ラファエル・デバース、アレックス・ベルドゥーゴ、ジャレン・デュラン、タナー・ハウク、ギャレット・ウィットロック、ダーウィンゾン・ヘルナンデスをはじめ、タレント達が豊富におりますので、ひとまずレッドソックス・ファンは安心ですね。

 ちょっと余談でしたが、このケイティー・クラールはまずその若さに驚きますね。そしてさらに驚くのがなんとテック・ジャイアント(Tech Giant)の出身。

Google入社&MBA

 レッドソックスのポートランド・シードックスに入る前はどうしていたかというとなんとGoogle!

 ただし、2ヶ月ほどしか在籍しておりません。2ヶ月なら試用期間ではないか!とお思いになるでしょう。私もそう思います。

 ただ、Googleに入ったのは、請われてのことです。どうして請われるほどの魅力がったかは直前のレッズでのアナリスト経験、さらにその他の精力的な活動が起因していると思います(詳細は後述)。

 2021年11月(つい、この間!)に、Googleから強いオファーを受けて入社。グローバル・ストラテジー・チームに加わりました。

 たった、2ヶ月ほどでしたが、グーグルの優れたテクノロジーからいくつかの教訓を得て、それを野球に適用したいと思っていたようです。

 同時に、この時期にシカゴ大学でMBAも取得しています。

ケイティー・クラールのキャリアを整理

 あまりに若いのと、かなり色々やっておられるので、筆者もその足跡と意欲に面食らっているのですが、整理するとこのような感じのようです。

  • 1997年生まれ 24才(2022年2月に25才)

ベースボール関連キャリア

 野球関連のキャリアとビジネスキャリアはほぼ並行しています。 並びは直近の分から記載しています。

  • Google : Market Strategy Program Manager (2021年11月 – 2022年1月) 
    • シカゴにて
  • シンシナティ・レッズ : ベースボール・オペレーション・アナリスト(2020年1月 – 2021年10月)
  • MLBオフィス:コーディネーター、リーグ・エコノミクス・運営担当(2018年6月 – 2020年1月)
    • ニューヨークにて。MLBのダイバーシティ・プログラムで1300名の応募の中から採用される
  • ケイプ・コッド・ベースボール・リーグのアシスタントGM(2016年12月 – 2017年8月)
    • マサチューセッツ州にて、カレッジ・ベースボールのサマー・リーグで選手のレポートをまとめていたようです。
  • ワールドシリーズ・トロフィー・ツアー・コーディネータ(2016年11月 – 2017年3月)
    • シカゴ・カブスのワールドシリーズ制覇後に、地元自治体も巻き込んで、カブス由来の主要地域を巡るツアーを企画、運営。

学歴関連

  • ノースウェスタン大学で歴史、アートを専攻(2015-2018年)。3年で卒業したようです。
  • シカゴ大学(MBA取得)2020年

 このようにケイティー・クラールは大学時代から非常に精力的に活動し、ベースボールにも積極的に参加してきました。

 シカゴ大学でMBAを取得しながら、レッズでアナリストをしていたというのが特に大きなインパクトを残しているようですね。そんなこと並行してやれるの!!??というのも驚きですが、彼女のキャリアを見る限り、Googleも一緒に働きたいと思いますよね。

レッドソックスが声掛け 

 前後しますが、野球に関わりたいと懇願していた彼女ですが、人生の判断として一旦はGoogleに入社したのは上述の通りです。

 ところが、その後にレッドソックスから声がかかります。Googleに入ってすぐの2021年11月中のことです。レッドソックスのベースボール・ディベロップメント・マネージャーであるクリス・スタシオが、「レッドソックスのマイナー傘下のクラブに、データとフィールドでのコーチングを統合する新しいプログラムを実装(=導入)したいので、その重要なロールをお願いできませんか?」との依頼でした。

 当初、コーチ経験もない彼女は戸惑ったと言います。しかし、そこはターゲットを決めて落とすという精力的なタイプの彼女ですから、今回それを引き受けたとのことです。

レッドソックスでの役割

 ケイティー・クラールは、正式にダブルAレベルのポートランド・シードックスの選手育成コーチとして採用されました。彼女の仕事は、高度なスカウティング、試合中の戦略、選手に対してテクノロジーとデータを統合し、パフォーマンスを向上させるとともに、ゲームの分析およびスポーツ科学全般に貢献するというものです。

 これはやる気が出そうですね!!

2人目の女性コーチ

 レッドソックスが女性コーチを採用するのは2人目のこと。一人目は、ビアンカ・スミスさん。2022年1月1日にこの情報が出て、1月6日に正式にアナウンスされました。

 ビアンカ・スミスさんは29才。マイナーのコーチの就任に決定していますが、マイナーのどのレベルのクラブに所属するかはまだ不明です。ただ、現地2022年1月29日時点では、ヤング・プロスペクト達をフロリダ州のフォートメイヤーズに集めて行われるウォームアップ・プログラムにすでに参加しています。ケイティー・クラールさんもこれに参加。

 このビアンカ・スミスさんはいつかGMになることを目標にしているようです。

 なお、ジャイアンツにはすでにアリッサ・ナッケンさんがMLBレベルでのコーチとして活動しています。

 なお、ヤンキースも2022年1月12日に、レイチェル・バルコベックさんをクラスAマイナスのタンパ・ターポンズの監督として採用しています。

意欲的!

It’s not necessarily looking at big datasets and having a eureka moment, I think the information I’m looking at is pretty comparable to what we had in Cincinnati. That’s what the other 29 teams have. It’s more so, how do we translate that then? And then I think , that I’m a woman and maybe can have a different approach to the way I transfer information, by being very aware of how I individualize myself when I talk to different players, because every guy is different and probably responds differently stimuli in his own way. ”

 大量のデータを見て「これはすごい!」と思う必要はないんです。「私が見ているデータは、シンシナティで得たものとほぼ同じだと思います。他の29チームも同じです。それよりも、それをどのように反映させるか。そして、私は女性で情報を伝達する方法に対して今までとは異なるアプローチをとることができると思います。

 ケイティー・クラールさんの今後に期待したいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

【参考リンク】

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました