スポンサーリンク

レッドソックス、フェンウェイでのシーズン最後のヤンキース戦でようやく1勝!タナー・ハウク、M・チャビス、B・ダルベックらが活躍

2020シーズン、NYY最終戦

 レッドソックスの苦しい、苦しい2020シーズンがまもなく終わりを迎えようとしています。

 現地2020年9月20日、フェンウェイパークで行われたヤンキースとの3連戦のGame3で、レッドソックスは今季ようやくヤンキースから1勝を上げることができました。

タナー・ハウク、6回1ヒッター

 結局、スーパー・ルーキーに頼らざるを得なくなりました。レッドソックスはヤンキースとのシーズン最終戦に先日デビューしたばかりのタナー・ハウク(Tanner Houck)を起用。

前回以上の安定感を出したタナー・ハウク

 タナー・ハウクは立ち上がり、ヤンキースのうるさい1・2番を相手に冷静な投球を披露。

 ヤンキース1番のD.J. ルメイヒューは現地2020年9月20日時点で両リーグ通じてトップの打率の.361。2番のルーク・ボイトは両リーグ通じてHR数トップの21本。

 いきなりの試練というところでしたが、ハウクはルメイヒューをRFライナーに、ルーク・ボイトに対しては、シンカーが抜けて死球を与え、ランナーを背負う場面となりました。しかし、3番のアーロン・ヒックスを91.5mphの4シームでダブルプレーに打ち取り、初回のピンチを無事に切り抜け、乗っていきました。

ダブルプレー3つ

 タナー・ハウクは最終イニングとなった6イニングに、先頭のタイラー・ウェイドにRFへ二塁打を打たれ、これがこの日許した唯一のヒット。

 つづくD.J. ルメイヒューのときに、パスボールとなりタイラー・ウェイドは3塁に進塁。

 D.J. ルメイヒューには結局、四球を与え、ノーアウトランナー1・3塁というこの日最大のピンチを迎えました。

 しかし、つづくルーク・ボイドをSSゴロダブルプレーに仕留め、2アウトに。このとき、3塁ランナーのタイラー・ウェイドが還り、1失点とはなりました。

 タナー・ハウクは1回、3回、6回に攻め込まれそうなところをうまくダブルプレーに仕留めるナイスなピッチング。

 結局、6回、85球、被安打1、失点1、自責点0、与四球3、与死球1、奪三振4で2勝目を上げました。

デイビ・ガルシア、3回6失点

 一方のヤンキースの先発はデイビ・ガルシア。この日はルーキー対決となっておりました。すでにデビューして5試合目の登板となったデイビ・ガルシアでしたが、この日は過去5試合のうち、ワーストの3イニング、被安打8、失点6。

 張り詰めたルーキー同士の投げあいを期待しましたが、残念ながら2021シーズンに持ち越しとなりました。

マイケル・チャビスが2HR

 そのデイビ・ガルシアの出鼻をくじいたのはマイケル・チャビス。2回にジャッキー・ブラッドリー・ジュニアを塁に置いて2ランHR。

 さらに3回表にも3ランHRを放ち、この日マイケル・チャビスは4打数2安打、2HR、5RBIと活躍。HRはいずれもデイビ・ガルシアからで、タナー・ハウクとの投げあいを間接的に支援した形となりました。

ボビー・ダルベックも1HR

 この日4番1Bで出場したボビー・ダルベックは7回裏に先頭打者としてジョナサン・ホルダーからソロHRを放ち、早くも7HR。

 今日はレッドソックスの良いところが出たヤンキースとの最終戦となりました。

 スコアは10-2でレッドソックスの勝利です。

1勝9敗

 現地7月31日からスタートした今季のライバル対決ですが、10試合組まれて、1勝9敗とヤンキースの圧勝。

 フェンウェイの開催は9月18日から20日の3連戦のみ。最後の最後に一矢報いた形となりました。

 またレッドソックスは2019シーズン9月から続いていたヤンキースとの連敗記録を12でストップしました。

 ふがいない戦いがつづいたせいか、この日、フーリガンのようなファンがスタジアムに乱入。何かを主張しました。

 なお、筆者は18日のゲームが印象的でした。レッドソックスが6回を終えて4−0とリード。これで今季初勝利かと思われた後、終盤に4点差を追いつかれ、延長戦に。1点の勝ち越しを許すもその裏に追いつく粘りを見せましたが、ついに延長12回に力つき、5-6で敗れたゲームが印象的でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました